3S政策

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

3S政策(すりーえすせいさく)とは、太平洋戦争後、GHQによって行われた日本人にとっては最悪な政策のことである。

3S政策の始まり[編集]

太平洋戦争後、実はアメリカ日本に対して危機感を抱いていた。なぜなら、265年間チャンバラごっこばかりしていた日本人が、77年間も天皇中心の神の国になった結果、日本国民は天皇教に汚染され、戦艦大和零式艦上戦闘機などといったものを造れるようになっていたからである。このままでは民主主義が亡ぶと思ったアメリカは、日本人の物事に対する熱中しやすさに着目して、日本人を軍事や勉強ではなく、娯楽に熱中するバカ共にしてしまおうと画策した。なお、3S政策の3Sとは、スポーツ(sports)、スクリーン(screen)、セックス(sex)のことである。

キーワードの説明[編集]

ここでは3S政策の3Sの意味について説明します。

  • スポーツ ここでいうスポーツは決してスポーツをやることではない。スポーツを見て応援することを指す。ほとんど運動しないためどんどん筋肉は衰え、どんどんデブが増殖していくという仕組みである。
    まんまと3S政策にはまった人たち
  • スクリーン スクリーンとは画面のこと。テレビがなかった時代に生まれた人は、テレビに感動して空いた時間に休憩も運動も勉強もせず、テレビばっか見ているというテレビ依存症患者になってしまった。また、最近では映画依存症患者も増えている。
  • セックス このHな行為も生殖行為としてある程度は必要かもしれないが、あまりにこればかりやっている人は脳ミソが腐ってしまった廃人である。

3S政策の浸透[編集]

公害が日常茶飯事な時代になると、この3S政策は急速に浸透した。それはテレビが売られるようになったためである。これにより前述したとおり、多数のテレビ依存症患者が発生した。またそれとほぼ同じくして、スポーツのテレビ中継が始まりスクリーンのワナにかかる者が続出した。また、風俗店の登場により、セックスばかりしてとうとう梅毒にかかってしまったいる脳ミソの腐った廃人が今も増え続け、日本人の学力、体力は落ち続け、アメリカの3S政策は見事、大成功に終わってしまった。

とりあえず関連してるらしい項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「3S政策」の項目を執筆しています。