8月27日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 32

8月27日(はち がつ にじゅうしち にち)とは、表面上は夏休みでありながら、精神的には夏休みが終わりつつある事を痛感させられる日である。そうなると毎夜、憂鬱な気分になり、残りのわずかな期間を愛おしく感じるようになる。

もっとも、冬休みの長さと引き換えに、夏休みを短縮させられた生徒達にとっては、すでに登校というツライ現実に引き戻されている場合がある。

概要[編集]

非常に微妙な時期であり、改めて夏休みの短さを痛感させられる日である。8月31日までは4日あるものの、その4日をどう過ごすか…。今までの経験からは4日は短い等、頭で考察することは非常にネガティヴである。

この日を境に難敵「夏休みの宿題」と格闘するのであれば、ある程度まともな学力を有している者と言えるだろう。
だが、馬鹿だと「俺は天才だから宿題なんて1時間で出来る」などと不可能に近いことを言って、自転車でその辺を突っ走っている。100歩譲って、そこで一緒に遊ぶつもりであった友人が、宿題に忙殺されている現実に直面したとしても、宿題と向き合うのか?それとも逃避を貫くのか?そこでも学力の差が、ハッキリ判るのだ。

なお、仮に宿題との格闘に勝利したとしても、その代償よる心身の疲労。さらに、9月1日より新学期が始まるという絶望感から体調を悪くする生徒が続出。精神的な面からもダメージを受ける、それがこの日なのだ。

対処法[編集]

対処法というのは個々の価値観によって相違する。私から言えるのは・・・

  • 精神安定剤を服用する
  • 友達と連絡を取り宿題の進行具合を確認する
  • 折れない心を4日でつける
  • 大学習会をする

もっとも、危険を承知で試みるのであれば、

  • ひたすら念じて、9月1日の訪れを遅らせる
  • もしくは8月32日を召喚する

等の非常手段も残されている。←挑戦されるなら止めはしません。
ただし、膨大なエネルギーを必要とする上、成功しなかった際のダメージなんて計り知れない。そこはお察し下さい

できごと[編集]

2003年 - 火星地球と衝突寸前まで接近。某猫型ロボットと宇宙人がひらりマントで衝突を防いだ。

誕生日[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「8月27日」の項目を執筆しています。
この項目「8月27日」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)