エアバスA380

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
A380から転送)
移動: 案内, 検索
ブサイクな表情

エアバスA380("えあばすえーさんはちまる")とは、エアバス社が開発した世界最大にして世界初の空飛ぶメタボアザラシである。

目次

[編集] 概要

ボーイングの747を見て羨ましがったエアバス社の幹部が「うちもあんな飛行機が欲しい。作ってくれなきゃやだやだ」と駄々をこねた事により、開発が始まった。が、エアバスが間違った設計をしたためできたのは巨大なアザラシであった。取り合えずエンジンを持たせてみたところ、何とか飛ぶことができたので、そのまま癒し系飛行機として売り出すことになった。 しかし、生物なので成長するのに時間がかかり、納期遅れまくりで航空会社に迷惑かけまくっているが、可愛さに免じて許してちょと言うのがエアバス社の弁である。

しかし、燃費は悪くエサ代もとんでもなくかかるため、嫌われている。

[編集] メタボリックシンドローム

期待が膨らみすぎメタボアザラシになってしまったため、かっこうは悪い。

[編集] 安全性

安全性は悪く通算122機が海に飛び落ちている。これはアザラシの本能ともいえるが、ゴーレバーや細°スティックが原因ともいえる。 このためFAAが飛行禁止を出している。
これに乗るぐらいなら、まだツポレフTu-154イリューシンIl-96みたいなロシア機のほうが安全です。

[編集] 運用

愛らしい表情で世界中の航空会社を誘惑してはいるが非常に大喰らいである上に、最近はエンブラエルスホーイスーパージェット三菱MRJみたいなちっちゃい子が人気のため、余り売れていないようである。 でっかい図体をしていることもあり、その気になれば800人以上も飲み込むことができるが、ロンチカスタマーであるシンガポール航空はせっかく広いんだからと中にベッドを持ちこみ、世界初の空飛ぶラブホテルとして運航することになった。機内サービスに定評があるシンガポール航空ならではの運用方法である。

なお、サウジアラビアのある王族がWiiで遊ぶための空飛ぶゲーム部屋が欲しいと言い出し、ポケットマネーで発注したが、前述のように納期が遅れまくっているので、既に持っているB747の中でWiiリモコンを振り回しながら納入を待っているそうである。なお、このA380は外装が金ピカ仕様となる予定である。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「エアバスA380」の項目を執筆しています。


この項目「エアバスA380」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語