ANYキー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「Any key」の項目を執筆しています。

ANYキー(えにーきー)とは、パソコン操作においてマウスが一般化する以前に、特にホビー用途に特化したパソコンでよく見られたキーである。

目次

[編集] 機能

主に画面に表示されたメッセージやダイアログを「ここまで読んだ」とプログラムに伝えるために使われた。

かつてはフルスクリーン画面を占有するゲームソフトでよく使用されたが、最近はマウスの左クリックやジョイパッドのAボタンや○ボタンで代用されるため、ANYキーを押せとは指示されないソフトが多い。

[編集] バリエーション

日本語化されたキーボードでは「何か」「任意の」と書かれている場合もある。

[編集] このキーがない場合の操作方法

通常は、EnterもしくはY、N、Aいずれを押しても、ANYキーを押したのと同じ結果となる。「何か」キーを押せと指示された場合も同様である。メッセージ表示に不満があるからといってNを押しても、結果はYを押した場合と同じである。Y、N、A、Enter以外のキーを押しても同じ結果となることがあるが、これはよく知られたバグである。Y、N、A、Enter以外のキーを押して変な挙動を示しても、当方は責任を負いません。

なお、似ているAltキーを押すと、フルスクリーンの場合以外、たいてい変な挙動を示すのでやめたほうがいい。

特にスリープ、パワー、スタンバイ、リセットキーを誤って押すとデータの消失につながる可能性が高い。特にのいる家庭では、この3つのキーをあらかじめ破壊するか隠匿しておくとよい。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語