Air iPad

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「Air iPad」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
私の目の前にはAir iPadが見える。
今回ご協力いただいたゲイツ氏

Air iPad(エア・アイパッド)とは、宗教団体「アップルの信者が使うなにかである。 これまでアップルでは、様々な製品を世に送り出し信者たちを虜にしてきたが、この新製品はAir MacBook同様、目に見えないため、それがどのようなものであるか、まったくわからない。 本来ならば、MacBook Airは包丁に、iPadまな板として利用する信者が多い[要出典]が、子供のおままごと用にとAir MacBookをエア包丁に、Air iPadをエアまな板がわりに購入する客が後を絶たないらしい。

Air iPadを感じ取ることができるか。これは、ただの信者を超越できるかどうか、というアップルによる「禅問答」であるといえる。

以下の記載は、筆者がこの記事を書く際にご協力いただいた、ビル・ゲイツ氏によるものである。

デザインと外観[編集]

幅、奥行き、高さとも0mm〜∞mmで、可変である。見づらいときには大きく、また狭い場所では小さく、といった使い方ができ、重さは0kgという製品としては驚異的な軽量を誇っている。この技術は、仏教でいう「色即是空空即是色」の理想を体現したものであり、かの有名な科学者サイババから技術提供を受けている。

ただこの点に関しては問題があり、同社の従来製品である「iPad Air」が軽量・スリムを全面的に押し出した製品であるため、自社製品同士のつぶし合いが起きてしまっている。現在、iPad Airをエアー化した製品「Air iPad Air」の開発が待たれている。

またデザインに関しても、自分の好みに合わせて形や色も変えることができる。近未来的なデザインから、萌え系の痛いデザインまで、購入者のあらゆるニーズに応える。

内部的な特徴[編集]

先進的なワイヤレス環境[編集]

従来では使う際に手を使ったり、足においては貧乏揺すりをするなど、非経済的なものであったが、Air iPadは、念じるだけで自分の意図する作業ができる。使ってみると、非常に手になじみ(手を使ってないが)、自由自在に動くところは感動的ですらある。こちらの技術は、アップルが長年に渡り研究してきた、VR(ヴァーチャルリアリティ)技術が身を結んだ結果で、作業する際の使用者の脳波を自動的に関知する超高感度高精度センサー(SHHS)によるものだ。

従来のVR技術では、日本のオ○ム真理教のヘッドギアのようなものをかぶる必要があったが、この'SHHSのおかげで、使用時に周りから変に怪しまれる心配もない。このSHHSエアMIMO Wi-FiエアLTEエアBluetooth 4.0で接続することで、シームレスなワイヤレス環境を提供できる。

驚くほどのコストパフォーマンス[編集]

最も特筆すべき点は、価格が0円である点である。アップルは自分の利益よりも、普及を優先させるために無償提供という大決断をした。Air iPadを感じ取ることさえできれば、恵まれない子供からゆとり世代、アップルを知らないご高齢まで、「自分の意志で、自由に、平等に、誰でも」使うことが可能となっている。アップルは、まさにアメリカという国が理想とする信念を貫いており、一般的な慈善団体や宗教団体とは一線を画す。

作業時間を気にしない! 途方もない駆動時間[編集]

エアバッテリーには、現代物理学の粋を集めた究極の技術永久機関を搭載している。これにより、作業時間を気にしてコマンドキー+Sキーを連打したり、電源の確保のために充電中のの携帯を抜いてしまい、舌打ちされるような煩わしさから解放される。これは非常に歓迎されるべきだ! この技術に関し、過去には無限ループプロジェクト(コードネームfor)が計画されていた。しかし、ついにアップルは完全な自社開発をあきらめ、他社の技術を導入することになったという経緯がある。

Air iPadが他に与える影響[編集]

アップルは、これまでも革新的な技術やデザインで業界をリードしてきた。しかし、今回の前代未聞ともいえるこの革命は、それだけではとどまらない。家電・食品などの製造業はもとより、政治・経済にも影響は及び、いついかなる時もエアー化したものであふれかえるだろう。 私が個人的に注目したいのは、アパレル業界、特に女性向けファッションのエアー化だ。…… (訳者により検閲削除)

また、性能が同程度のAir MacBookが競合製品になるのではないとかと言われている。

ラインナップ[編集]

  • Air iPadWIFIモデル
  • Air iPadWIFI+モバイルデータ

計2種類から選択できる。また、容量はエア128GB、エア64GB、エア32GB、エア16GBから選べる。 カラーは2色あると噂されるが、実際は透明のみ。


以上がビル・ゲイツ氏による記事を日本語化したものだが、結局Air iPadは具体的に何なのか、いまいち判明していない。

関連項目[編集]



Ipodsazae.gif この記事は林檎教信者による林檎の齧りかけです。よりエレガントな齧り痕にするためにもっと齧ってください。あなたの歯が秀逸な記事を生み出します。 (Portal:スタブ)