B-52 (爆撃機)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

B-52(びーごじゅうに) ストラトフォートレスとは、ボーイング社で開発された、B-17から続く要塞シリーズの最後の爆撃機であり、それもまた艦載機でもあり、イージス艦から発射される巡航ミサイルでもあり、(左寄りの人が言う)侵略者の武器でもあり、次世代の爆撃機が出来ないから仕方なしに長く使っていたり、親子三代で乗ったりもするファミリーカー的な機体でもある。

目次

[編集] 概要

冷戦時代に、フリーダム君レット君はとても仲が悪く、ガンの付け合いをしていて、いつか喧嘩をするとみんなは思ってました。

お互いは喧嘩も強く、とてもすごい最終兵器をたくさん持っていて、クラス内では二人の派閥が出来てました。

フリーダム君は、レットくんとその仲間達をいじめる為に、最終兵器としてB-52をつくってにらめっこに勝とうと思いました。

もちろん、レット君もフリーダム君曰くくまさんを作りフリーダム君に対抗しました。

そのときに、フリーダム君にちょっかいを出して来たを懲らしめようとして、レット君をいじめる為に作ったB-52をつかうことにしました。

彼にはいくら強い、フリダーム君でも負けてしまいましたけど、B-52はその代り何でも使える事になりました。

その後は、レット君の家が経済的にぼろぼろになり、親が離婚などの理由によりフリーダム君と和解する事になりました。

もちろんB-52は、いろいろなチンピラに対して懲らしめる為に、いろいろ改良されています。

[編集] 派生型

艦載型B-52と空母

いろいろな、派生型が作られたんだけど、これはウィキペディアやらなんやらでぐぐって調べてください...

最大の極秘派生型として、米海軍からの依頼によるA-5よりも搭載量の高い搭載量と航続距離を目指した機体として艦載型が登場した。 もちろん、初期の通常動力型空母での運営は無理であった為に、陸上基地のみのでの運営となったが、世界初の原子力空母の実用化(エンタープライズ級)や排水量を拡大させた「ニミッツ級」により、初めて艦載機としての運用が可能となった。

この事は米軍に取って最大極秘事項だったが、社民党の福島瑞穂の国会質疑によって明らかになった。2001年11月15日、彼女は「 B-52が、実際に艦船から飛び立ち、攻撃をするわけです。」と発言し、あらゆる政治家、軍事関係者、ミリタリーファンを驚かせた。不思議なことに、米軍当局によって口止めされたのか、以後彼女はそのことを決して口にしなくなってしまった。

[編集] その他

後継機種はいろいろ出て来たんだけど、どっかの槍使いの英雄王の名前を持つ奴とか黒いハンペンとかいろいろあるけど、やっぱしB-52が一番使いやすいみたいですね。

その代り、あと20年ぐらいは使いますけど、その後はF-15Eを爆撃機にするみたいですし、無人機かもしれない。

[編集] 外部リンク

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「B-52 (航空機)」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語