BARホンダ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

BARホンダ(バー・ホンダ)とは、1999年から2005年までトウキョー超大日本帝国の首都)に存在した高級バー

概要[編集]

BARホンダは、1999年当時に活躍していた、いわゆる『2代目ミサイル』のひとつであるジャック・ヴィルヌーヴジル・ヴィルヌーヴの後継モデル、現在はすでに生産中止)のバイヤーを務めていたクレイグ・ポロックが、カウボーイかぶれなタバコ会社とうだつの上がらないレースカー開発会社から巧みな話術で騙して得た資金を元手に、当時資金難により廃業間際だった喫茶店『たいれる』(店長:ケン・ティレル)を居抜きで買い上げて開店したバーのことである。

BARホンダでは会員制を採用しており、会員はF1の関係者に限定されていた。ミサイルの中ではジャック・ヴィルヌーヴ、ミカ・サロ、リカルド・ゾンタ、オリビエ・パニス、佐藤琢磨ジェンソン・バトン、アンソニー・デビッドソンらが会員であったとされる。

会員の面々の中には、F1のトップチームの嫌なところをよく知っているニヒリストが多かったとされる。実際にバーへ潜入したジャーナリストの川井ちゃんは、「フェラーリマクラーレンウィリアムズを面白おかしく皮肉ったジョークが飛び交っていた」「さらに、そのジョークをマスターであるクライグ・ポロックはもてはやし、聞くたびに大笑いし、さらにそのジョークよりもはるかに辛らつで悪質なジョークを飛ばしていた。一般の関係者やファンがこのやり取りを耳にしたら、とても正気ではいられないであろう」「特にミサイルの会員がよく来店していた。笑いが起きるたびにミサイルの噴射音が店中に響き渡り、ただひたすらうるさかったのを良く覚えている」と後に告白している。

1999年の設立時には単に「BAR」(バー)と呼ばれていたが、2000年から日本のホンダと提携し、バー・ホンダと改名した。販売が頭打ちになってきたホンダのリストラ策の一環として、2005年限りで惜しまれつつ閉店した。

来歴[編集]

  • 1999年 BARホンダの前身であるBAR(バー)が開店。開店当時に近所で配られたチラシには「華麗なる伝統」というコピーが躍っていた。しかし、近所の住民には「いや、居抜きの店舗物件を買っただけっしょ~」と全くその意図が伝わっていなかった。それでもポロックは「ウチの店はレーシング業界でナンバー1の実績を誇る会社がバックについとるんや! ウチの店は世界一、いや、宇宙一やで!」と豪語していたという。ポロックの奇行は営業開始後も悪化の一途をたどり、突然BAT(ブリティッシュ・アニメーション・タバコ)と契約し、「らき☆すた」のデカールがデカデカと店に貼付けられたという。このころから埼玉のとある神社にあれがあつまるようになる。
  • 2000年 ポロックの大言壮語が災いし、開店後1年で早くも経営状態が悪化したため、ホンダからの酒類提供及び資金協力を仰ぐことを決意。店名もらき☆すたBARホンダと変更しリニューアルオープンした。このことで「痛車」ブームやらきすたのブームが来て、なんとか経営は持ち直す。
  • 2002年 この年、資金提供元であったうだつの上がらないレースカー開発会社、レイナードが倒産。これにより一気に資金繰りが悪化したのを受け、ポロックの友人であったデビッド・リチャーズが店舗を買収し、店長に就任。ポロックは解雇された。リチャーズはそれまでの経営方針を180度転換し、「美味しいお酒と素敵なお店で」を合言葉に経営不振の打開を図る。泉こなた柊かがみを起用した結果、付近住民やあれの態度が軟化したこともあり店舗は順調な売り上げを記録するようになる。
    GRAB 066.JPG
バーレーンでのテストを行うらき☆すたBARホンダ
  • 2004年 11月、突如店舗内で内紛が発生し、店舗の全権利をホンダが買収、リチャーズが解雇される事態が起きる。裏で副店長のニック・フライが暗躍していた事が後に判明する。当時店員だったニック・フライが新店長に就任。
  • 2005年 店長の突然の交代により店内は混乱し、経営状態は再び悪化した。(店長は涼宮ハルヒ主義である)。さらに会員によるF1に対する罵詈雑言や誹謗中傷が何者かにテープレコーダーに録音され、そのテープがFIAに郵送されるという事件が発生してしまう。FIAはこの事態を何故か重くとらえ、同店舗に対し名誉毀損、及び営業停止の仮処分を求める訴えを起こしてしまう。トウキョー簡易裁判所担当裁判官が大のF1贔屓だったことも災いしたのか、訴訟開始後3日というスピード採決により、BARホンダは約一ヶ月の営業停止処分を科せられてしまった。この事件、及び超大日本帝国議会にて可決された『タバコを吸ったら肺がんになっちゃいますよ法』への抵触を重く見たカウボーイかぶれのタバコ会社、BATが資金提供を中止したことが決定打となり、BARホンダは同年10月4日をもって閉店した。

なお、2000~2006年のマシンにはってあるステッカーには「AIMAI 3 cm」とかいてある。

多分カーナンバー3に引っ掛けたダジャレだろう。

関連項目[編集]


ビブ君.png この項目「 BARホンダ 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)