BMW

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「BMW」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「BMW」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「BMW」の項目を執筆してくれています。

BMW(ベーエンベー, Bayerische Motoren Werke AG)とは独逸第参帝国は倍愛倫国(バイエルン)州に本拠地を置くスポーツカー厨の企業である。日本でいえば日産にあたる企業である。一般的には「バイエルン発動機株式会社略してバイハツ」と呼ばれ、「AMG(アーエンゲー)」と対峙する存在のように思われているがあちらはただのメルセデス・ベンツである。

BMW自慢のキドニーグリル

概要[編集]

今中国で流行の最先端となっているBMW製ワゴン。

FR至上主義を掲げており、自社ブランドには基本的にFFはもちろん、スポーツ走行に最適とされるMR、そしてガソリン車における世界初の駆動方式であるRRすら設定するつもりが一切なく、ほぼすべての車両で前後の車重火を50:50=1:1とすることに異常なほどの固執を示しているが、レクサス・LFAの47:53などのテストを繰り返したうえでの理想を求めたと主張しているメーカーの存在によって1:1に固執する必要性がないのではないかといううわさが広まっているが真相のところは物理学者ではないのでわからないからガリレオニュートンレオナルド・ダ・ヴィンチデカルトアインシュタインニコラ・テスラケプラーシャルルラザフォードボイルグラバー湯川秀樹小柴昌俊西沢潤一李政道リチャード・E・テイラーマレー・ゲルマンETCのページを参照して欲しい。

日本に住むクルマ好きの金持の大抵はこの会社の車を操ることを生業としており、朝生他炉兎内閣総理大臣を始め、朝生太郎元内閣総理大臣や朝生田老元内閣総理大臣などが愛用している。

独逸本国では「フィーア ツュリンダー(4本のシリンダー)」、または英語で「フォー シリンダーズ」と呼ばれていることから、すべての車種に搭載されているすべてのエンジンが直列4気筒と誤解されており、実際に直4が得意分野である以上ほとんどがそうだが、上位モデルでは直列6気筒もある。

こちらの向井理ばりのかっこいい顔をご覧いただきたい。

ミニシリーズやロールスロイスシリーズを除く全車両に「キドニーグリル」と呼ばれるデザインが採用されている。これは会社設立当初、車1台1台を製造する過程で人柱とされた人々の腎臓×2を体内から取り出して車両前部にアロンアルファで掲出していたのが起源で、現在は余りのえぐさと人柱の必要性がなくなったことから、銀メッキのきらきらのグリルを韓国産のボルトでしっかりと固定しており、時速150キロでタイヤミサイル搭載型ダンプカーに突入してもフロントから外れることはないとドゥ・シャンヌでは噂されている。

歴史[編集]

  • 1916年
    • 航空機向けエンジンメーカーとして設立される。
  • 1945年
    • 敗戦。航空機の受注が止まり社が傾く。
  • 2013年
    • 現在に至る。

経営状態[編集]

経営状態は南アフリカ製にしてドイツ車とごまかして日本に売りつけているせいか極めてよく、何回か赤字を出したことのある日本のメーカーと違って設立以来赤字を出したことが無いとされているが、戦闘機エンジン産業を担っていた際に大量の負債を抱えて以来、その夫妻の消化に苦しんでいる。

株式の多くはドイツ人の3人くらいのおっさんの手元にあり、そのおっさんたちがBMWの配当金のほぼすべてを受け取っているが彼らはポルシェに乗っている。

主な製品[編集]

四輪現行モデル[編集]

ここに世間で語られている嘘と事実を美しく織り交ぜて記入しておくが、はっきり言ってヨタ社員からしてもすばらしくFun to driveな車ばかりで、ISの開発にも多々東富士のテストコースでこちらの車がテストされた。もちろん中古だが。

また、それぞれのグリルには個性があり、その個性を見抜けないものは人たるに値しないと言われている。

セダン[編集]

3シリーズの全体像

日本でおそらくもっとも浸透している安物。320iは特にト●タ社員から「カローラセダン」と呼ばれるほどの本土ではごく普通の車。本国ではタクシーにする価値もないくらいの車である。また、日本で販売されるモデルの多くが南アフリカ共和国製であり、「念願の独逸者を買いました」と友人に話した場合は偽証罪に問われる可能性がある。インテリアはレクサスに比べて上質とも思えるが実際に近くで見てみるとレクサスの方がいい気もしないこともないこともない。'

5シリーズの全体像

日本では2番目くらいに浸透している普通車。本国ではトヨタ・マークIIのような扱いを受けており、主にタクシーとして使われるのはこれだと言われている。高速にいるこいつはたいてい150km/hで走るので素直に前からどいた方がいい。近年「悪恥部ハイブリッド」なるハイブリッド使用が発売され、世界に先駆けて量産型ハイブリッドカーを発売したレクサスに皿に先駆けてリチウムイオン電池(LGケミ謹製)を搭載。しかし燃費は大して変わらず、燃費だけ求める無知なおっさんたちはGSを購入している。また、モーターはタミヤ製である。

7シリーズの全体像

東京で一番浸透している無用の長物。デカくて燃費が悪いだけであり、レクサス・LSのハイブリッドの方が愛知県豊田市ではよく売れている。近年「悪恥部ハイブリッド」なるハイブリッド使用が発売され、世界に先駆けて量産型ハイブリッドカーを発売したレクサスに皿に先駆けてリチウムイオン電池(LGケミ謹製)を搭載。しかし燃費は大して変わらず、燃費だけ求める無知なおっさんたちはLSを購入している。また、モーターはタミヤ製である。なお、この車をあおるといかついお兄ちゃんや某双葉幼稚園の黄色い背広を着たパンチパーマの園長が出てくるので注意が必要である。


トラック[編集]

ライトタイガー(原産地:中国)

近年生産開始された小型のトラックで、主に中国工場で生産されている為、環境性能は大して高くない。BMW史上最も安い価格で手に入れることのできる一台として中国では現在人気になっている。

ハッチバック[編集]

ミラジーノ(原産地:中国)

ダイハツが生産しているBMWのコンパクトカー世界中で販売されているが、維持費と周年が必要なくらい維持が大変な車である。近年は中国でも生産が行われているが、地域によって大きさ・エンジン・環境性能・場合によってはデザインもかなり異なることで知られている。

5drも3drもあるのだがやっぱり日本人は3drじゃ貧乏に見えると思っているらしく5drしか売れないので日本では5drしか売っていない。なお、最後のFRモデルとなるとうわさもあったが、後に発売された後述のクーペモデル・2シリーズ、および4シリーズの2モデルがFRであるため、FR狂であるBMWのプライドを捨ててはいないようである。赤と銀が多い。これに乗っている人はちょっといいところのお嬢さん/おぼっさんか背伸びしてるだけの偽金持ちである。ちなみに、2011年に5ドア専用モデルとしてモデルチェンジを果たした。

プリメーラではない。ワゴンとコンパクトカーとセダンを掛け合わせた新ジャンルの車だが、高い。記憶によれば4人乗りで室内は広く、セカンドシートの後ろはあの偽善車のようになっていて後方視界が最悪である。最も人気のある色は水色である。

クーペ[編集]

アウディの発売していた地味なコンパクトカーアウディ・A2のイメージもあってか、ただの地味なコンパクトカーと思われがちだが、実際には数年前に発売された1シリーズのクーペモデルである。そして、劣化RX-8である。

頭の固い方ではないことにされている車種。3シリーズクーペの後継モデルとして登場した。

初めて見るとびっくりするぐらい流麗なエクステリアデザインを持つ1台。都会のの方でフェラーリに合うくらいの確率でみられる。その珍しさのあまり、頭の固い方の人々も知識不足な面が多いせいか記事の分量がすごく少ない車種としても有名である。

カブリオレ/ロードスター[編集]

屋根なしバージョン4シリーズ。速すぎて屋根が飛びそうである。

始めてみるとびっくりするぐらい流麗なエクステリアデザインを持つ1台の屋根なしバージョン。もちろん電動幌はついておらず、専用のハードトップは一枚300万円と1シリーズが購入できるぐらいの値段がしている。

割と若者が乗ってるのがこちら。セイバードッグよりもかなりかっこが付き、お金持ってそうに見えるが、2割ぐらいの若造はローン組んで買ってるから別に金があるわけじゃないから女子たちはそんな浮気な男どもに騙されないように。先代までオープンよりデザインが素敵なクーペがあったが、IS250Cの三分割式殿堂ルーフがうらやましくてこちらも三分割式殿堂ルーフを手に入れてみた。結局は劣化ロードスターである。

ツーリングワゴン[編集]

ヨーロッパではよく売れているというイメージがあるが、テレビとかの風景を見る限りコンパクトカーしか売れていない。とくにけいおん!では、プジョー・1007秋山澪ちゃんの後ろを通りかかるのはボーイング777が登場するシーンの回数のおよそ6.0倍である。しかし、トヨタ自動車の調べによれば地味なあのヨーロッパ向けセダンでは5割以上がワゴンらしい。暇な人はトヨタ自動車に直接問い合わせテ見るのもいいかもしれない。

同上。正直、ワゴンにしておくには邪魔なくらいデカい。 どうせ買うならグランツーリズモ買った方がいいと思うくらいデカい。 正直は知っているのを見たことが無い位デカい。 だがやはり日本ではベンツの方が売れる。

SUV/クロスオーバーSUV[編集]

X1の全体像。どう見てもデュアリスである。

CEOがポルシェ乗りのあの会社が出した可変SUVの絶好調ぶりに感化されて発売してみたのがこの車。日本市場でイメージするなら2代目RAV4ぐらいのクルマ。それでも価格はプラド並みだが金持ちは高級だと思って散々食いついている。

X3の全体像

いめーじとしてはまあ、RX-78-02ぐらいですね。でも価格はハリアーハイブリッドぐらいですわ。どこで作ってるのかはよくわかりませんがとりあえず燃費が悪いしBMWと言ったらFRセダンとZ4ですからSUV買うなんて邪道中の邪道ですわ。

X3がRXに対応するのだからX5はランクルプラドGXと対比されるべき存在なのだが、他社のクロスオーバーと全然コンセプトもデザインも違う気がする。まともにSUVにしてみたのはX3までである。

X3がRXに対応するのだからX6はシグナスLXと対比されるべき存在なのだが、他社のクロスオーバーと全然コンセプトもデザインも違う気がする。まともにSUVにしてみたのはX3までである。どちらかといえば6シリーズをそのまま5ドアにして車高を挙げたような車。どこに需要があるのかはわからないがMモデルなどが設定されており、世の中にはこの車でデカン高原を爆走する種族もいるものだと考えられる。だが、この車もかなり庶民の手には届かないクルマであり、田舎なんぞでは一切お目にかかることは無く、大豊田連邦国内では一切その姿を目にすることができず、ランドハリアープリウス並みに大量に走っている。

Mモデル[編集]

レクサスがよく似た物でFスポーツを発売しているがアレとは別格のBMWのなかのポルシェ、ポルシェの中のBMWを目指した魔改造車である。

そろそろM1が(下位互換で)復活するという報道をレスポンスで見かけたかと思っていたら、ノー●モデルがモデルチェンジを迎えたのとともに天の彼方へ消えていった。

ファンカーゴのクーペバージョンのようなもので、一時期はF1参戦の埃からなのかV10エンジンを搭載していたが、小さいのに燃費が悪いしあっちの会社のR32もV6をやめてL4に変えてしまった感じでV8にサイズダウンしたが攻撃力は増している。

上記モデルのセダンモデル。正直セダンの方がニュルで走るのがきつい。それはスカイイランで流してみて明らかであるからおそらくM3も似たようなサイズだからそうであろう。

上記クーペのソフトトップモデル。横転した時はお察し下さい

M5の全体像

早すぎて運転するのが怖い1台。スーパーライセンスを取得するうえでプリメーラのステマソフト出は大変重要なニュルでのM5での運転は危険極まりなく、ブロンズで入賞する云々の前にカレンフェルト突入までの間に確実にコース外に飛び出し、壁に激突しとたんに失格となるのが関の山である。

もはや殿上人の車。私のような貧民は都会に行った時でさえ見たことのない空気のような車で存在しているかどうかも分からないが、伊勢湾岸スピードウェイコルベットと対決させればどちらが勝つかわからない次元と思われる。

同上。

SUVなのにスポーツカーという謎のコンセプトの車である。このように重心の高い車がサーキットでコーナリングをすればコンシュマーリポートが「70km/hで急ハンドルを切ると横転する危険がある」といったことの実体験ができそうであるが、普通のSUVなら70km/hで急ハンドルを切るのは目の前に突然美女が現れ、轢殺しまいそうなときだけである。

過去の四輪モデル[編集]

前方部がドアになっている謎の車。実はあの一人乗り貨物車インスパイアされてBMWが作った。

2002ターボは別に2002年に発売されたわけではないが、あのゲームでは緑色が有名である。フェンダーに入ったMシリーズと同じサン本線が結構かっこいいが、アディダスのパクリである。

120iと135iがあるが主に売れるのは体が小さい割にエンジンのでかい135iである。3.5Lをこのサイズの車に乗せるのは正直自動車業界では邪道であり、ブレイドマスターのような扱いを受けるのも当然のはずなのだが、120iよりも135iの中古車物件数がはるかにおおい。{{softbank|ただ単に車として面白くなかっただけなのかもしれない。それに対して支払う高い燃料費が嫌になったのかも。} カブリオレ/ロードスターバージョンは、クーペボディの屋根をはがしてほろを付けただけ。ちょっとしたかっこつけモデルであるが、3シリーズでさえカローラなのに1シリーズじゃヤリスレベルである。しかし、トヨタは発売するとレスポンスで確約しておきながらヴィッツのオープンカーとクーペを出さなかった。後に2シリーズに統合された。はっきり言って劣化RX-7である。

ご存じ屋根なしバージョンカローラ。高速道路を走っていたところ屋根が吹っ飛んでしまった。後に4シリーズに統合された。

現在はアウディ・R8 (市販車)のOEM。

田舎ではときどき見かけるが、正直に言えば全然日本では売れなかった不振モデルであるが、ヨーロッパ日本で広がるコンパクト思想に乗っかって出してみた1シリーズの選考市販モデルのようなモデルのモデルである。

ご存じBMQのロードスター。近年では販売が終了したにもかかわらず若造に大人気で、ちょっとかっこつけたい客層に売れているが、中古で20万で売ってるから別にえらくない。かっこいいのは認めるけどね!!!

ボンドカーとして大英帝国MI6により使用された車両で、タイヤミサイル自動横転装置リチウムイオン電池とモータープラグインハイブリッドシステムを搭載している。

先代1シリーズクーペをモデルにして発売される予定だったものとそうでないものがあるが、先代1シリーズクーペをベースにしたモデルはレスポンスでそろそろ発売と言われてから2年ほどたっているが、発売には至っていないうえにベースモデルがモデルチェンジして2シリーズになってしまうことが判明した。

四輪モデル名について[編集]

近年のBMW生産モデル名は原則として318、525等の3桁の数字であらわされているはずである。。この3桁のモデル名は1972年発表の5シリーズからのネーミングである。3桁の最初の数字は車種区分を表し、かつては3、5、6、7、8であったが、現行では1、3、5、6、7で、8シリーズがラインナップから絶交された。それが嫌ならLFAを買いなさい。

シリーズを表す最初の数字以下の2桁は、かつては排気量のヘクトリットル表記(2,500ccならば、○25)を表していた。しかし、現在では下2桁の数字は「数値が示す排気量並の出力を表す」ということになっており、表記と実際の排気量が異なっている例がある。

実際の排気量より小さい表記の例としては現行E90型3シリーズの323iがあるが、これは2.3Lエンジンレベルの2.5Lエンジンしか搭載していないことを示しており、単なる廉価版であることを堂々と誇示してしまうのでできれば325iを購入することが望まれる。そうでなければIS250を買いなさい。

逆に実際の排気量よりも大きな数値になっている例もある。こちらは同排気量のモデルの高性能版としての位置付けであり、のちにレクサスがハイブリッドを設定するときにそのシステムをパクッた。パクられ元という事実を認めたくないあなたはIS250を買いなさい。

また末尾のアルファベットは

i :インド仕様
Di :頭文字D仕様
h :ハーモニアスセダン仕様。ハイブリッド政策の失敗なのか全然売れない。
is:IS250を買いなさい。
x :レクサスに準ずる。
ti:トラジディインターナショナル。
C :レクサスに準ずる。
L :レクサスに準ずる。

二輪現行モデル[編集]

偉大なるBMWはバイクを製造する子会社を抱えており、一部に熱狂的なファンが存在するが、日本ではハーレイデイヴィッドスゥンハヤブサスーパー株と人気を4分割しているが、スーパー株には熱狂的な赤いファン熱狂的な青いファン熱狂的な白いファンが存在するため、シェアをなかなか広げることができない。

スーパースポーツ[編集]

BMW初のスーパースポーツでもあり並列4気筒エンジン搭載バイク。非対称フロントマスクがどこかの博士を彷彿とさせる。なんか日本のスーパースポーツに心なしか似ているような。

スポーツ[編集]

ツアラー[編集]

BMWにおけるゴールドウイング/F6Bやハーレーダビッドソン・ツーリングのようなもの。シルキーシックスこと親譲りの直列6気筒エンジンを搭載。

ネイキッド[編集]

エンデューロ[編集]

BMWモトラッドの看板商品。2013年モデルからは空冷エンジンから水冷エンジンに変わった子。

  • F700GS
  • F650GS

マキシスクーター[編集]

  • C650GT

航空機[編集]

ユンカースなどの独逸第参帝国空軍向け航空機のエンジンを大量に製造していたため、(アングロサクソンに楯突いた小癪な企業の)戦争犯罪として裁かれるべきだとされている。

ドイツ国防空軍の超傑作木フォッケウルフFw190やドイツ国豪空軍の超傑作木ユンカースJu52、ドイツ国防空軍の超傑作木メッサーシュミットMe262、ドイツ国防空軍の超傑作木ハインケルHe162などに搭載されたエンジンを開発・製造していたことで有名であるが、戦前からその高スペック厨ぶりは健在でHe162に搭載されたBMW 003型ジェットエンジンは小型で大規模な出力を狙って開発が開始されたためポルシェの2.7Lエンジンみたいに余裕たっぷりな004型よりも後で完成する羽目になり偉大なるヒトラー総統閣下を怒らせることになった。なおこの003型は偉大なる大日本帝国潜水艦せるしお型で輸送され、偉大なる大日本帝国偉大なる技術力によりネ-20として偉大なるイヒ巖谷英一海軍技術中佐が復元に成功し、偉大なる大日本帝国偉大なる天皇陛下之おさめる偉大なる内地の上空を守る偉大なる戦闘機橘花 (航空機)の開発に成功した。

BMWの開発したジェットエンジンはイギリス最初のジェット戦闘機グロースター・ミーティアに搭載されたエンジンは現代においてボーイング787をはじめとするジェット旅客機に搭載される遠心圧縮式[1]を採用していたのに対して、軸流圧縮式[2]を採用しており、エンジン出力の向上のために細く・長くすることが求められたが、その結果としてエンジン内の温度が非常に高くなったため、当時の素材ではエンジンが30時間以上の運用に耐えられなかった。ミーティアのパイロットであったあるおっさんの話によれば、Me262と同型のエンジンを搭載したAr234をイギリスが接収した際に飛行試験を実施しようとしたところ、やはりここでもエンジンの耐久性が影響して右翼丸ごと吹っ飛んだ。

そのためBMWの工場はほとんど空爆で破壊され莫大な負債だけが残ったうえに、東西が分離され東部にわずかに残されたソヴィエトロシアが接収を工場したため、莫大な負債だけが残った。よって航空機事業は向いていないということで事業廃止に至った。

ところが、現在は偉大なるロールス・ロイスを傘下に収めたため、一応旧西側諸国向けの戦闘機の多くにそのエンジンが搭載されているうえ、ボーイング787などにも搭載され大人気であるが、いつ莫大な負債だけが残るか上層部はかなり不安である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 遠心圧縮式では、出力向上のために燃焼室を増加させねばならなかったためピッツァにならざるを得なかった。
  2. ^ 軸流圧縮式では、エンジン出力向上のためにタービンを増やせばよかったため奈が簿速なった。

目項連関[編集]


ペダルが引っ掛かります この「BMW」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)
このBMWは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。