Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo (ばっふぁろーがはちひき)とは、バッファローの行進を歌った子守唄である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

この歌はニューヨーク州生まれのウィリアム・J・ラパポートが作詞した。作曲者はその友人ということのみが公表されている。彼は都会暮らしに疲れ、大自然で暮らすバッファローを思い浮かべた。そして自分の子供にそうした自然のイメージを伝えたいと考え、この歌を作詞したとされる。初めは彼自身が適当な音階を作って歌っていたのだが、あまり出来は良くなかったため友人が修正した。

ニューヨークでの子守唄といえばこれであり、これを歌うと子供がすやすや眠るとよのお母様には好評であるが、本当は子供に聞かせられるような内容ではない。それをこれから述べる。

[編集] 意味

表向きは親バッファローの元に子供のバッファローがついていき、その後ろに親バッファローが3匹の子供を連れていき、そして最後にバッファローの親子がついていくという牧歌である。これを子供にわかりやすく伝えるため、親バッファローを大文字、子バッファローを小文字で表現した。タイトルが長ったらしいのはそのためである。

だが、これは表向きの意味である。裏にはバッファローたちの社会的階級に見られる露骨な上下関係を示す言葉が込められているのだ。親は親分、子は子分を意味し、一人しか子分のいない親分は前衛と後方警備という端役をやらされ、子分を三人連れた大親分は悠然とまん中を歩いている。まるで大名行列を行う殿様のようである。さらには親分は子分を「虐め、惑わし、欺いて怖がらせる」というやりたい放題をやっているのだ。理由は上の親分に与えられたストレスの憂さ晴らしだろう。そんな悲しい社会の現実をバッファローを八体並べることで表現したのだ。子守唄と言っているが、意味を知ればとても眠れたものでない。

[編集] 派生

この歌は表向き悠然としたバッファローの行進を歌っていることもあり、一時期近鉄バファローズの応援歌に指定されていた時期もあったが、悠然としすぎたリズムから応援には不向きと判断され応援歌の指定を取りやめることとなった。

そもそもこんな怖い意味を持った歌が悠然と歌われていることに疑問を示し、怪談調のアレンジを加えたCDも発売されたが泣かず飛ばずだった。やはり牧歌的なメロディーにこそこの現実を子供に知らず知らずのうちに刷り込めるのだろう。この歌を聴いて育った大人たちは、昔を思い返し、この現実は母から教わったと恐怖を感じているに違いない。

[編集] 関連項目

Undictionary Logo Text.png
この記事「Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo」は何故か「アンディクショナリー」にも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語