C#

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
本来の表記は「C#」だと思うんだけど、この記事に付けられてしまった題名は記事名の制約から不正確なものとなっている可能性が高い可能性が低いです。

C#(しーしゃーぷ)人が生まれて泣く前に覚える言語。Cより半音高い。

生まれと育ち[編集]

微小ソフトメーカーが産み落とした。C言語C++言語をぱくって作ったにもかかわらず得意気なところがすばらしい。C++に比べ

  • ガーベージ コレクションが、手動によるメモリ管理から開発者を解放します。
  • C# では、変数はシステムによって自動的に初期化されます。
  • 変数は全てタイプセーフです。

だとうたっているが、ホントのところはそのうたがとても音痴だと口々に言われている。DAMの採点で誰が歌っても-3点と負の数字をたたき出す唯一の歌だとDAM関係者は言っている。歌の上手い人には聞くに聞けないモノである。また、歌のうまい人はプライドを傷つけられる為、ウケを狙う以外にめったにうたわない。Cより半音高い。

発音[編集]

歯と歯の隙間から「シー」とゆっくり静かにベルリンの壁を倒す程度の勢いで出す。このとき恐竜の骨が歯間に挟まっていたら上手く発音できない。そしてが怒った時の「シャー」を真似する。小便の音の「シャー」と似ているが間違えると通じない。最後はとても面白いことを思い出して「プッ」と噴出すと上手く発音できる。最後が一番難しいのでよっぽど面白いことを思い出さないといい発音ができない。面白いことが思いつかない人は面白いと思えるまでこの項目を読み返すと良い。Cより半音高い。

使用例[編集]

基本的なものを例としてあげておく。

Console.WriteLine[編集]

これは基本中の基本だ。好きな子に書くラブレターはこれで書くとよいだろう。

例:

<source lang="csharp"> while(answer == "no" ){

 Console.WriteLine("I love kimi");

} </source>

例としてあまり良くないが、最後の表示結果は「嫌われる」になるだろう。ぜひ試しに実行しみよう。

sizeof[編集]

これは便利だ。色んなものの長さが計れる。

例:

<source lang="csharp"> Console.WriteLine(sizeof(tinko)); Console.WriteLine(sizeof(hyde)); </source>

結果はそれぞれ変わってくるのでおのおので実行して楽しんでみよう。

{数字}[編集]

ここで休憩してちょっとした機能を紹介する。

例:

<source lang="csharp"> Console.WriteLine( "o{0}ta{1}o{2}to","ma","n","?"); </source> {数字}には順に「ma」「n」「?」が入る。この例題は実はクイズになっている。「?」には何が入るか考えてみよう。答え

ifとgoto[編集]

初心者にはとっても便利だ。でもあんまり使うとなぜかバカにされるから気をつけよう。基本的にソースが見難くなければ好きにしてよい。

例:

<source lang="csharp"> if(sex == "otoko" ){

 goto x;

} if(sex == "onna" ){

 goto y;

} Console.WriteLine("atai"); x: Console.WriteLine("boku"); y: Console.WriteLine("watasi"); <source lang="csharp">

実行結果はまれに「atai」になるが、それでも気にすることは無い。ユーモア溢れる人生を楽しもう。

*=[編集]

相乗効果だ。

例: <source lang="csharp"> busaiku *= kimoi; </source> 結果はどうしようもない。せめてkimoiが変われば幸せになれるだろう。

forとwhile[編集]

繰り返しだ。whileは最初の例題で出てきたがおさらいしておこう。

例:

<source lang="csharp"> for(jinsei=tani; jinsei<=yama ;jinsei++){

 if(jinsei==yama){
   while(jinsei > tani){
     jinsei--;
   }
 }
 if(jinsei==tani){
   Console.WriteLine("korekara");
 }

} </source>

結果は人生は同じことの繰り返しだが諦めるなと言っている。

ToString[編集]

あまり使わない。決して使うことがカッコいいと勘違いしないでほしい。

例:

<source lang="csharp"> int i = 4649; string s = i.ToString(); </source>

結果は「ョ露死苦」になる。なにか有意義に使うことを思いついたらその手の学会で堂々と発表できる。Cより半音高い。

checked[編集]

名前のままだ。これを使わないと異端児を発見できない。また、uncheckedがデフォルトなので書いても何も変わらない。デフォルトでチェックしない理由はさわらぬ馬鹿にたたりなしというを配慮して日本でも扱いやすいようにしてくれたからだ。

例:

<source lang="csharp"> checked {

 busaiku *= kimoi;
 Console.WriteLine(busaiku);

} </source>

結果は限界を超えると例外として処理される。その時「busaiku」は表示されないので環境にやさしい

パワー、表現力、そして柔軟性[編集]

微小ソフトメーカーが自サイトで書いていることの訳を略し楽に書いておこう。

  • パワー
    一行でお前のパソコンをゴミに出来る。ただし、それは管理者権限の甘っちょろいうぃんどうずに限られている。vistaでは出来ないかも知れない。
  • 表現力
    我らwindowsの世界ではそれはもう多大なる表現力を生む。ただし、他のOSを使う箱めがねな奴らにはそれは見えないし、見たいとも思わないだろう。
  • そして柔軟性
    とてもやわらかくマンコプリンの様だ。一つ筋が通っていればあとは何とかなる。そこから幾重にもヒダを広げることができ、核心にある無限のブラックホールを覗くことが出来るであろう。ただし、この柔軟性は童貞には判らない。

最後に微小ソフトメーカーは「これらC#の良いところをもってしても、結局のところはお前の力量に反比例して良いソースは描けない。それは誰も良いソースが描けないと云う事である。」示威行為をしている。

深刻なプログラミング エラーの回避[編集]

これも重要なのでもいちど訳を略し楽に書いておこう。

C++プログラミングエキスパートといえども、たとえば変態初期化を忘れるなど、痴漢のような単純な犯罪を犯すことはあります。これは本能なので治すことができません。C#の革新的なデザインは、以下のような方法でC++プログラマーによくある犯罪を回避します。

  • フィギアコレクションが、本能によるメモリアル管理から煩悩を解放します。
  • C#では、変態はシステムによって自動的に初期化されます。
  • 変態は全てタイプセーフです。

このような特徴によって、C#は複雑なビジネスの問題を解消するためのプログラムの、開発から管理までを容易にします。

結論[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「C#」の項目を執筆しています。

所詮微小ソフトメーカーの金儲けだ。windowsの需要が減っているのでC#の存在は危ぶまれている。あの手この足で市場にC#を押し込んでいる(一つ、深刻なプログラミングエラーの発生を抑えます。一つ、深刻なプログラミングエラーの発生を抑えます。一つ、深刻なプログラミングエラーの発生を抑えます。)が私情を市場に押し込む事は許されない。

どうしてもと言うなら使うがいいさ。

関連項目[編集]