CLAMP

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「CLAMP」の項目を執筆しています。

CLAMP(クランプ)は日本の女性漫画家集団である。

目次

[編集] メンバー

  • 大川 七瀬(おおかわ ななせ)(旧名:ドクロベエ)
  • いがらし 寒月(いがらし さつき)(旧名:トンズラー)
  • 猫井 椿(ねこい つばき)(旧名:ボヤッキー)
  • もこな(旧名:ドロンジョ)

過去には、ゲキガスキーオタスケマンより)、ミンミン、(イッパツマンより)おさる(後にモンキッキーへ改名)、ドンファンファンヤットデタマンより)、のび太夜神月スネ夫勉三さんなどが在籍していた。なお、商業デビュー時点では現メンバーの4人に前記のうちゲキガスキー、ミンミン、おさるの3人を加えた7人がメンバーであった。

[編集] 概要と作風

以前はタイムボカンシリーズで憎めない国民的アイドルであり、悪役キャラを演じていたが、打ち切りによりいったん離職。しかしその後漫画界に身を置くようになる。

マンガの神様達と呼ばれ後年の手塚治虫などに影響を与えたと述べられている。[1]

また海外だけでなく宇宙中で人気があり、知らない奴は非国民であると言われている。[2]

カードキャプターさくら』や『ちょびっツ』などは諸外国語に翻訳され、世界中で大人気を博している。[3]

もちろん日本で知らない人はいない。[4]

そのため自然と日本人でCLAMPを楽しめない人はコードギアス 反逆のルルーシュでの日本人と名乗る者達と同じ扱いを受ける。[5]

初期は社会全体を表現していたが、次第に社会よりも個人の心を描写する傾向が強くなり、サブカルチャーの域を越し、文学の域まで達している。と芥川賞の審査委員でもある有名な文学作家が述べている。[6]

また、2000年頃を境にそれまで頻繁だったスクリーントーンの使用が激減し、より見やすい線画を究めるようになった。これにより芸術の域まで達したとスネ夫をうならせた。[7]

他にも、キャラクターの醜と美をはっきりと描き分けることや、パラレルワールドの多用、「物事は偶然ではなく必然で動く」「死んだ者が生き返ることは決して無い」という現在では当たり前のような思想を使っている。だがそれはCLAMPが生み出したものであり、他の作品がパクっているのである。[8]

東京タワーが重要な意味を持つ土地であること、武道を得意とするバトルマンガでは当たり前のキャラクターを頻繁に使うがこれももちろんCLAMPオリジナルである。[9]

また、作品中に於いては、主人公が魔法などの特別な力を持っていながら、その力は日常においては使わず必要な時にだけ使うという考え方、つまり、特別な力を持つ自分自身を特別な存在だと思わず、自分が身を置く世界で魔法などの力は非日常ではなく日常だという魔女っ子なら当たり前の行動パターンをほぼ貫徹している。もちろんこれもCLAMPがオリジナルある。[10]

さらに『模倣される事は仕方ないですよ。むしろ歓迎してます。なぜなら、それだけ私達の作品が宇宙中に影響を与えてしまったんですからね。』と他作家のデッドコピーな作品に対して大変寛容なまるで神のような意見を述べている。と書かれている。[11]

XXXHOLiC』などの第3期宇宙戦争後の作品では、頭身の高い(というか腕と足が長い)キャラクターを描いている。これは、手塚治虫たち一般に巨匠とよばれる人たちに漫画家達が積極的にCLAMP作品を模倣したためCLAMPのオリジナルさが目立たなくなった事による変更である。[12]

  • 人外の年齢は容姿に反比例する。

週刊が疲れたのか、ようやく月刊に戻ったビッチ達。

[編集] 超能力

彼女らの作品を読むと何十人かの一人の確率で『予知能力者』として目覚めたというノーベル機関の偉大なる科学者により発表されている。[13] それによれば、能力に目覚めたものは彼女らが後に作る話の続きが予知できたり、後に作る作品まで予知してしまう。

『これこそが彼女らの作品のすばらしさである。彼女らはただ読者を楽しませるだけでなく、予知能力という特殊な能力まで与えてしまうのだ。』とノーベル機関の偉大なる科学者により発表されている。[14]

[編集] 評論家からのCLAMP考察

ノーベル文学賞を辞退した日本人覆面作家からアンサイクロペディアのために文章を書いてくれたので以下に示す。(注 敬称省略)

バイオハザード1中盤攻略で一番面倒なのは常にそれを持ち続けないといけない事だ。初めは一つだけなのに、四角やら六角やらでてくる。はじめてプレイした人なら次のアイテムボックス(大クモを倒した後)がある所まで、何度も何度も戻ったはずだ。ジルならまだ救いがある。クリスで6個しかアイテムを持てない。なんどハンターに殺された事か。あぁ腹が立つ。

[編集] 軍人からみたCLAMP考察

「本来副官にも関わらずランバ・ラルの愛人であるハモンを補佐する態度、そしてホワイトベースに白兵戦を仕掛けた際の敵にも関わらず子供を大切にしようとした態度、軍人としては甘いが人としては愛しいキャラである。」
CLAMP について、金正日

[編集] 脚注

  1. ^ CLAMPによるCLAMP解説大百科第1巻のCLAMP氏の発言より
  2. ^ 同上第1巻のCLAMP氏の発言より
  3. ^ 同上第3巻CLAMP氏の発言より
  4. ^ 同上第3巻CLAMP氏の発言より
  5. ^ 同上第4巻CLAMP氏の発言より
  6. ^ 同上第8巻のCLAMP氏の発言より
  7. ^ 同上第127巻のCLAMP氏の発言より
  8. ^ 同上第142巻CLAMP氏の発言より
  9. ^ 同上第246巻CLAMP氏の発言より
  10. ^ 同上第246巻のCLAMP氏の発言より
  11. ^ 同上第2976巻CLAMP氏の発言より
  12. ^ 同上第17024巻のCLAMP氏の発言より
  13. ^ のび太~Sリポート2013年
  14. ^ CLAMPの発言2013年集

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語