DHC-8-Q400

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デ・ハビランド・カナダ DHC-8」の項目を執筆しています。

DHC-8-Q400は、DHCとカナダの重工業メーカ・ボンバルディア社が共同開発したサプリメント。コエンザイムQ10を超えるアンチエイジング効果と、優れた痩身効果を持つ反面、副作用が問題となっている。

概要[編集]

もともと「大学翻訳センター」(DHCはこの略)を名乗るサプリメントメーカのDHCは、コエンザイムQ10(以下Q10と略す)を超えるサプリメントの研究に苦心していた。しかし単独でQ10を超えるサプリメントを開発することは容易ではなく、開発のために技術提携をする提携先を模索していた。模索は容易ではなく、大変な困難を要したが、たまたまDHCのサプリメントを愛用していたボンバルディア社の幹部がDHC社を訪れ、重工業の開発技術がDHCの目指す新サプリメントの開発に寄与する可能性が見出され、共同開発が決定された。

その後DHCの第8研究所で開発研究が続けられ、2000年ついにDHCの目指すサプリメントが開発されたのである。なお、"DHC-8-Q400"の名称は「DHC第8研究所が開発したQ10の40倍の効果を持つサプリメント」の意味で命名されたものである。

効用[編集]

DHC-8-Q400は、ライバルのボーイング社やエアバス社が開発したサプリメントに比べ、圧倒的にスマートになれることで知られており、日本では2003年から発売が開始された。アンチ・エイジング効果のほか、時速650km/hで移動できることや、ライバル社と比べて停止に短い距離ですむ事が知られ、ライバル社がこのクラスのサプリメントを開発していないこともあって、日本ではこのクラスのサプリメントとしてはほぼ独占状態である。

特に全日空の社員が会社をあげて服用している事が知られており、これをきっかけとして一般にも広く知られることとなった。

副作用[編集]

高知県での様子

2003年の発売当初から、効用が高い反面、副作用によるトラブルも多く、前足が前に出せなくなって歩けなくなることや、走っているときに足が折れたりするトラブルに度々見舞われ、2007年3月13日には、高知龍馬空港で停止しようとした人の前足が出せなくなり、その模様は全国に伝えられた。このサプリメントは、足が出なくなったとき、満腹状態で停止すると危険なので、被害に見舞われた人は、空腹にするため2時間あまり走り回った後、前足が出せないまま停止した。同じように服用していた60名は全員無事だった。

対策[編集]

国土交通省ではなく、厚生労働省は、DHCおよびボンバルディア社に対して2006年6月に異例の改善要求を行っている。

関連項目[編集]