ジルドレ サーランスロット ギルガメッシュ大英霊総攻撃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Fate/Zeroは、2011年から2012年まで放送されていたTYPE-MOONの映像作品。虚淵玄が全体的に指揮を執ったため、ストーリーの構成は大幅に異なる。なにより予算を異常にかけておりギネスに登録されたがガールズ&パンツァーとある科学の超電磁砲Sに追い抜かれた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Fate/Zero」の項目を執筆しています。

概要[編集]

Fate/stay nightの設定より10年前に勃発した第四次聖杯戦争を題材にしており、謎の万能の願望機「聖杯」の暴走を阻害するため、英霊をサーヴァントにして奮闘する人々を描く。

TYPEMOONによる映像作品の集大成をどこまでも目指して、構想3ヶ月、製作費3億8千万マルク、製作延日数300日、戦闘パートが全体の1/3を占める超大作として製作された

監督のあおきえいは製作に入る前に、小説化の虚淵玄とともに1週間あまり東京へ通い、武内崇率いる製作委員会の中心者に、「第四次聖杯戦争」という荒唐無稽な設定のストーリー化を依頼した。視聴者の認知度が低いとはいえstay nightの設定では商品的に必須であるテーマであることに変わりはなく、視聴者の間では特に2chで意見が分かれるであろうが、その内容によってはBlu-rayDVDの売れ行きにも変動が生じ、Fate/Zeroの売り上げを元に、運が良けりゃTYPEMOONの作品全般のヒットに繋がると予想したのである。武内は今時の風潮とそれに準じて作られた脚本があると前提してそれらを算出したが、本編の「ビルや戦闘機が翻弄される」という描写について「戦闘で派手な演出が出た時点でFate/stay nightが激しく見劣りする」として、パラレルワールド的なフィクションでもあることを理解したうえで「Fateシリーズでこの話題が出る際には必ずこの部分はやむを得ない、との注意書きを入れて欲しい」と設定を付けた。

劇中のサブタイで下面に示される、白抜きの秒読みは、衛宮切嗣が士郎と出会うまでの秒刻みを表す。

特徴[編集]

文字通り、万能の願望機「聖杯」を巡って7人のマスターと7人のサーヴァントが争う。投入した声優陣は全て高額のギャラで雇われており、「続編」に負けず劣らずの構成を見せている。更に、この作品を元にした四コマ漫画の制作もされるなど広範囲に活動している。CGが多用されていたり空中戦も比類無きインパクトを見せているが、これが続編との格差を生み出す原因にもなった。また、サーヴァントであるセイバーとランサーの扱われ方があまりにも悲惨だと多くのファンより物議を醸された。

キャッチコピー[編集]

  • 「日本のアニメーション科学の結集。聖杯が唸る!」
  • 「これはゼロに始まる物語」
  • 「これは被害総額の桁であるゼロが沢山並ぶ物語」

関連項目[編集]


FATE.JPG シロウ、この記事「Fate/Zero」未完成です。このままではいずれ削除されることでしょう。
編集作業への協力をお願いします。 (Portal:スタブ)