Forum:差別記事を禁止の方向で?

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
コミュニティ・ポータル > 管理者用伝言板 > 差別記事を禁止の方向で?

差別記事を禁止の方向で?[編集]

どうも憎しみや怨念のこもった差別をジョークと言い張る痛い子が居付いた様子。いっそのことガイドラインを制定して、公式に禁止してはどうか。特定民族をネタにするなら兎も角、単に貶めているだけの記事とか。以下にとりあえず思いついた要件を並べてみます。

  • 不快な表現。放送禁止用語の羅列など
    例:「ニガーは土人で人食い人種の野蛮人」はNG。
  • 所定民族の、一般常識(大人の判断)で妥当と思える特徴・民族性を除く、不当な中傷。
    例:「白人は肌が白い」は常識の範疇で妥当だが、「日本人は全て水虫である」は不当。
    • 上要件の発展系で、やはり妥当性を欠く中傷。
    例:「白人の肌が白いのは、日照量不足なのでユーモア欠落症である」は発展系ジョークだが、「中国人は4つ足の物は机以外は食べるので、人間の赤ん坊は食肉市場の定番」はただの中傷。常識的価値観のうえで「赤ん坊の死骸ジョーク」に通じる不快感を煽るため。
  • 文化土壌の違いに理解を示さず、特定文化を貶めるためだけに実情を歪めたもの。
    例:「韓国では嘗糞という風習があるが、これは韓国人がスカトロジストで変態であるため」は、嘗糞が民間療法の一種として、本来は忌避されるものである糞を舐めてみることで、相手の健康を慮るという「非常に成し難い行為を、敢えて行う」という観点を完全に無視して貶めているだけなので、ジョークとしては笑えない。

と、こんな感じで用例を列挙(要件は随時裁定と追加)する形で、ジョークにも成らんようなキモイ記事をザックザックと切り捨て御免してしまうのは如何でしょう。--夜飛 2007年2月12日 (火) 19:39 (JST)

侮蔑と感じるか、洒落と感じるかのジャッジは難しいとは思いますが、削除する側とされる側に共通の認識が持てるようなガイドラインは必要だと思います。一方で「既製のガイドライン、及び類する物」すら読んでないのではないか?と思われるような投稿者に対しても、一方的に突き放すだけでは反感を買うだけで、多少のケアは必要なのかもしれません。それと規制された人に対する釈明の場は設ける必要が有るかも知れません。その場でなされた発言を採用するか否かは別として、ある程度自由に不平を言う場(いわゆる匿名掲示板レベルでの中傷も、個人情報保護などの観点で法に触れるレベルでなければ基本的には削除せずに残す)を設けてあげれば、それで満足するケースもあるかと思います。--だいひまじん 2007年2月12日 (火) 20:32 (JST)
あんまり厳しくしてもなんですが、ある程度の指針は必要かと。多少「差別的な」表現になるのはジョークの範囲内で仕方がないのはありますが、「差別的な奴」ばっかり投稿されるのはちょっとね。
ただ、夜飛さんの部分だと、「中国人は4つ足の物は机以外は食べるので」の部分を否定されちゃうとジョークとしてつまらなくなってしまう部分が多々ありますし(後半部はともかく!)、「日本人は全て水虫である」というのも否定しちゃうと「誇張した」記事を書きにくくなると思います。各論で否定して申し訳ありませんが、何がいいたいかというと「決めるのは結構だが、あまり金科玉条にしてくれるな」という事です。それを理由に大暴れする輩が出ないとは限りませんしね…--ムツケ 2007年2月12日 (火) 23:32 (JST)
温い小生としては、それこそ玉虫色のガイドラインが理想(ヲイ)なんですが、如何せん「馬鹿馬鹿しく愉快にやること」が理解できない・ないし洒落で書いてある「無視された方針」を額面通りに認識している(「無視された方針だから無視している」のか?)御方もおられる訳で…そこはMuttleyさんみたいにザックザックと刈り入れするのも一つの手なんですが、小生としては切れ味の良い大鉈を振るい易いよう、予め砥石も用意しとくべきかと思う訳で。もう少し利用者が増えれば現行の削除議論も良く回るようになるかと思うのですが、現状ではちと停滞気味だし。差別@Wikipediaなどを参考に、ただの民族憎悪とか敵意や害意しかないような差別記事や、或いは中傷記事はザクザクザクザク~って刈っちゃってみたいな?とか。上に書いたのは即興のガイドライン試案例ですし、それをもって現状をどうこうするという訳ではありません。ガイドライン策定はWikipediaのガイドラインのように独立記事を設けて、ノートで策定しながら記述していく方向で別途議論の場を設けるとして、現状における小生の提案としては「そういうガイドラインを置きましょうか?」ということに過ぎません。ではでは。--夜飛 2007年2月13日 (火) 00:25 (JST)
削除のガイドラインとして、ザックリと差別記事を切って行ければ、アンサイクロペディアがもっと大きくなった時(なるのか?)の管理としては良さそうです。大きければ外部からの文句が出て来るかも知れないし、記事の数も増えるだろうから。面白くない確率も、普通の記事より差別記事の方が高いですし、私のような気の弱~い優柔不断な管理者にもガイドラインがしっかりしてくれるのは助かるのかもしれません。今でも、「ある有名人(実名)が、公開レイプで~」みたいな記事は即削除ですが、もう少し明文化されたハードルを高くしても良いと思います。
ただ、韓国など、お互いに(反日嫌韓)対立しあっている場合は、双方を並べる事で多少過激なユーモアでも何とかなるかもしれません。一番理想的なのはフォースの韓国面のような記事の存在で、感心させつつ笑い飛ばしてもらう事だと思いますけど。大抵は、一方の記事だけが大きくなりやすくカウンター記事の不足になるが現状だと思います。でも、でも、厳しくし始めるとトコトン厳しくなっていく事も?…悩ましい問題です。--A00-h98-o9999 2007年2月13日 (火) 02:11 (JST)
ジョークや皮肉が差別的な表現を含んでしまうのは仕方がないとは思います。ただ「差別」それ自体は「風刺されるべき対象」には違いないわけで。どこまでが風刺で、どこからが差別になるのかは結構微妙な問題ですよね。例えば「赤ん坊の死骸ジョーク」なんですが、「中国人は4つ足の物は机以外は食べるので、一人っ子政策以降、人間の赤ん坊は食肉市場の定番」っていうのは一人っ子政策を皮肉るような文脈でうまいこと使えれば皮肉として成り立ちそうな気がするんです。どういう場面だと差別になって、どういう場面だと皮肉やジョークに成りうるのかが、バシッと文章化できればすぐにガイドライン化できるのになぁ。議論ページを作るか「ジョークにおける差別表現について」っていう小論文を春休みの宿題にするかして、みんなの意見を見てみたいなぁ。
議論用のページってどの名前空間に作れば良いんだろう。Forumの出番? -話切徒 2007年2月13日 (火) 04:29 (JST)
今のうちに話し合いはしておいたほうがいいと思います。ガイドラインの制定も含め。その上で、話し合いの場で「ユーモアが成立しているか」という基準を優先するというか、そういった姿勢を打ち出すのも大事なんじゃないでしょうか。おそらくこういった手合いの記事は執筆者のユーモアの盛りっぷりと、執筆者のユーモアに対する感覚に多分に左右されるので、玉虫色にできる部分は玉虫色にしておいて、そういう玉虫チックなものはノートで話すべ~というぐらいの按配にしておいた方がいいかな、とも思うのですね。そういった柔軟な姿勢自体をガイドラインで謳っておいて、実際の議論に望んだ方がコンセンサスも築きやすくなっていいのではないかと。--ブースカ。 2007年2月13日 (水) 20:39 (JST)
短い記事であれば、判断は楽だと思うのですが。長めの記事、例えば嫌韓のこのあたりの記事だと内容の問題に踏み込まないと話になりませんし。既出で且つ削除対象になった記事の傾向から一定の線引きできませんかね。nasuda 2007年2月16日 (金) 02:06 (JST)
単に記事全体の目的から判断すれば良いのではないでしょうか。具体的な表現やネタで縛るのは言葉狩りにすぎないし、それこそがアンサイクロペディアのような場所が最も嫌う行為だと思います。単なる差別用語の連発であっても、「愚かな差別主義者を装うことで差別主義者を皮肉る」という手法は存在できますよね。「日本人が猿であるのは周知の事実だが、日本人以外も全て猿であることが判明したのは最近のことである」みたいなネタは、発展次第では面白くなるでしょうし。ガイドラインとしてはそこを意識すればとても簡単でしかも見事な玉虫色に仕上がるかと。--額田倫太郎 2007年2月16日 (金) 08:47 (JST)
それはいいですね、方向性から判断。ちょっとガイドライン試案も兼ねてUncyclopedia:悪意や害意で記事を作らないという記事を作ってみます。まずは土台作りから。--夜飛 2007年2月16日 (土) 22:09 (JST)

具体的事例等はここから

とりあえずSpecial:Contributions/222.225.109.122のほうの監視をお願いします。
それから差別の項目ですが、内容自体がが「差別」とほぼ無関係で「ユーモア」精神そのものに反している気がするんですが、どうしたらよいでしょうか?--額田倫太郎 2007年2月13日 (水) 23:15 (JST)
差別の項は、多分「Uncyclopedia:馬鹿にならずにバカバカしくやる方法」とか「創作の過程」辺りで示された様式や方法論を幾つか取り入れた実験的な内容なんだとは思う。ただ惜しむらべくは、それらがトイレで再会してしまったスイートコーンに似ている(未消化)という点かと。差し替えちまうって手もありげです。--夜飛 2007年2月14日 (水) 01:01 (JST)
遅くなりましたが、対応ありがとうございました >管理者のかたがた
差別的発言についての結論は上で出てるようなので余計なことは言いませんが、僕としては「誰かを傷つけることが目的の」「オナニーにすぎない」記事はガリガリ消して欲しいところです、そういうのはユーモアとは無縁だし。
と、そんなことを言いつつ、ガイドライン策定は他人にお任せ……。--額田倫太郎 2007年2月15日 (金) 20:38 (JST)