FreeBSD

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「FreeBSD」の項目を執筆しています。

FreeBSDとは、UNIXで動くギャルゲをいろんなコンピュータ[1]で動かすためにカリフォルニア大学バークレー校において移植された、BSDを基に作られたOSである。

その安定性から、インターネット関係の仕事に就いている人々はよくそれで遊んでいる。家でも会社でも二十四時間遊んでいる。鯖の管理は禁則事項です

なお、いろいろな理由から現在UNIXと呼んでいいのはFreeBSDのみである。

目次

[編集] 派生の経緯

[編集] 386BSDの登場

BSDにはいくつかのギャルゲが含まれており、しかもそれらは二次創作が自由(BSDライセンス)であったため、誰かが386BSDという名の二次創作を制作し、配布した。

しかしそれにはバグがあり、非公式のパッチを当てなければ使えないようなものだった。そのバグが発覚した頃、もう386BSDの制作者は飽きて別のゲームで遊び始めてしまっていたため、パッチは本家に適用されず、どんどんパッチを当てる量が多くなっていってしまった。

[編集] Linuxの登場

同じようにx86でも動いたUNIX[2]であるMINIXは、子供用のサウンドノベルしか動かなかったためにUNIX使用者はどんなに面倒くさくても386BSDで遊ばなければならなかった。

しかしリーナス氏が新しいパソコンを買ってきて調子に乗って完全にUNIXのような動きをするOSであるLinuxを作成し、それを元にいろいろな人がいろんなエロゲを含ませたLinuxディストリビューションというものを配布しだした。

もちろんエロゲをやる時にパッチを当てる必要がないため、人々はどんどんLinuxに流れて行ってしまった。

[編集] BSDからの派生

これをまずいと思ったパッチ作成の中心的存在だった人たちが、386BSDにパッチをすべて当て、FreeBSDとして配布したのである。

しかし、386BSDの基となったバージョンのBSDには、門外不出であったはずの元祖UNIXに含まれているソースコードが含まれており、元祖UNIXの著作権を持っていた会社に訴えられ、386BSDを基にしたFreeBSDも、配布できなくなってしまった。

[編集] 0からの再出発

配布できなくては人々をどんどんLinuxに取られてしまうと困った開発者たちは、元祖UNIXに含まれているソースコードの存在を全部隠ぺいした新しいBSDを基に、また作り直し始めた。

[編集] 鉄の掟

BSDユーザには鉄の掟があり、下記の掟を護らなければならない。

[編集] 「BSD入門の心得 1.0.10p1」
  • 質問は霞ヶ関でも通用するような完璧な形式に。
  • 過去ログは紀元前までさかのぼって完全に調べる事。
  • 新機能ができても細部にこだわってできるだけリリースしない。
  • 「正しい」か「誤っている」かを結論づけないと気が済まない性格になる事。
  • 質問自体は無視して語句の間違いの指摘に熱中する事。
  • 初心者を見たらできる限り冷酷に排除。
  • 回答は1行以内で簡潔に。 例:man hoge
  • 古いバージョンを使っていることがわかると最新にしろという。
  • 一日三回食後必ずLinuxをあざ笑う事。
  • 自分の状態に「自覚症状」を持たないこと。
  • ウインドウズはエロゲに限ってやむを得ず。
  • MacOSXは邪悪なBSD。
  • 板違いの質問をしたLinuxerを徹底的に叩く事。
  • forkする時はアニメ絡みの名前をつける事。
  • 気に入らない投稿が流れてきたらメールアドレスも含めて全文コピペ
  • 意味もなく全角英数字を使うやつは小一時間問い詰める事。
  • 実際より大きく万能である事を見せるために*BSDと表記する事。
  • FreeBSD, NetBSD, OpenBSDと正しく表記しない奴はこの世から抹殺する事。
  • 探してるソフトがオープンソースでなかった場合、素直に入れるのを諦める。
  • Linux版しかないソフトは公開者に抗議し、決してLinuxエミュなど使わない。
  • *BSDが常に陰の存在であり続けるように努力する。
  • オープンソースとかいう新参のあいまいな概念は利用しない。
  • 公開者とかいう意味不明な概念も無視する。
  • 陰の存在かどうかなどは気にしない。

[編集] バージョンアップ

FreeBSDは、今でも開発を続行しており、フラグや登場人物などをどんどん追加している。そのためマイナーバージョンアップ(小数点以下の数字が大きくなる場合)は問題ないが、メジャーバージョンアップ(整数部分の数字が大きくなる場合)はセーブデータの互換性がなくなり、ゲームが続行できなくなることがあるので注意が必要だ。

[編集] 使用例

  • 2ちゃんねる中の人は、FreeBSDで遊ぶことでやる気を起こしているという伝説がある。
  • ライブドア元社長の堀江貴文被告はいつも会社でFreeBSDで遊んでいたらしい。

[編集] FreeBSDと愉快な仲間たち

  • PC-BSD - 「初心者がFreeBSDの知識を習得をするための(とりあえずの)GUI環境を整備するにはFreeBSDの知識が必要」という自己矛盾を解決するために作られた、グラフィカルなGUI環境構築が可能なディストリ。かといってUbuntuほどは至れり尽くせりではないので、後で地味に苦労するのは変わらないゾ
  • DesktopBSD - PC-BSDと同じようなことをPC-BSDより早く着手してたが現在は活動休止。PC-BSDのように企業がバックについてないと分が悪いよね

[編集] 注釈

  1. ^ もちろん生徒が家でもエロゲができるようにx86でも動くように移植されている。
  2. ^ 正確にはUNIXライクなOS

[編集] 関連項目

CCSakura under moonlight.jpg はにゃーん。この記事 「 FreeBSD 」は書きかけだよぅ。
でも頑張って書けばなんとかなるよ、絶対、大丈夫だよ。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語