GPS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Global Positioning System(ぐろ~ばる☆ぽじしょにんぐしすてむ!)は、偏愛の代名詞的存在であるストーカーのためにアメリカ合衆国が開発したシステム。

概要[編集]

これがあれば、一定の条件下で、気になるあの子やムカつくアイツなどの家を特定することができほか、現在地をも突き止めることができる。

アメリカ合衆国が気になるあいつ(例えば、サダム・フセイン)を追跡するために開発したが、その仕組みは国家機密となっており、一般人が知ることはできない。唯一情報を公開しているのは、高度約2万キロメートルの衛星軌道上に配備されている、アメリカ国防総省が管理しているいくつかの人工衛星(GPS衛星と呼ばれる)からの電波を利用し、目的の物の緯度経度高度を測定している、という点のみである。

GPSの利用例[編集]

数年前の大阪民国で起こった事件をきっかけに、全国各地に生息する小学生(稀に中学生)が装備しているランドセルにGPS受信機が配備されるようになった。

配備された理由は、(建前では)「誘拐されていないか」「寄り道をしないで家に帰っているか」などを親が調べるため、であるが、これに関し、「過度の管理行為であり、児童虐待にあたる」などといった反発意見が出ている。

確かに考えてみれば、親が小学生の頃は当たり前のように帰り道に駄菓子屋や友達の家に寄ったりしていたのが、それができなくなったのだから、今の小学生は不憫である。同情を禁じえないため、女子限定で、帰り道に私の家に寄ることを許可する。

なお、当然だが、ストーカーも大いに利用しているようである。

関連項目[編集]


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
GPSの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)