Happy Tree Friends

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

Happy Tree Friends(ハッピー・ツリー・フレンズ)とは、1999年からアメリカ合衆国、Mondo Mediaで制作されているグロアニメシリーズの総称である。作品開始から1分間におけるキャラクターの入れ物のかわいらしさは世界一として有名である。その後の30秒に関しても言うことがない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「Happy Tree Friends」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

このアニメの特徴を一言で表すならば、である。作中には白や桃色も登場するが、ことにの表現においては、この作品の右に出るものはない。そのため、世界中に熱狂的なファンが存在しており、動画投稿サイトYouTubeにおける閲覧数はシリーズ全作品を通して1億を軽く突破している。

また、各作品の最後に子供達と大きな子供達に対するメッセージが書かれており、これは8時だヨ!全員集合!における加藤茶の役割、いわゆるPTA対策に相当するものである。しかし、本当に内容の点において対策を講じる必要性があるのか、はなはだ疑問である。

あわせて、時代の変遷とともに次々と新しい入れ物が登場させるなど、新規のファンを開拓する&従来のファンを満足させることに努力する制作者の姿勢は大変に頭が下がるものである。

[編集] 登場キャラクター

ブラッド (Blood)
全ての作品に登場する。大写しにされる回数は他のどのキャラクターも遠く及ばない。全ての入れ物のどんな場所からも登場するため、ファンは一瞬たりとも画面から目が離せない。彼は他の映像作品にも多く登場しているため、彼がいないと生きていけないほどの熱狂的ファンも存在する。
ブレイン (Brain)
入れ物の上部から登場する重要なキャラクター。色をしているため、ブラッドとの絡みは画面上の色合いを大変カラフルにしてくれる。以前は各映像作品においてトラウマキャラクターの代表格だった彼だが、この作品においては大変かわいらしくデフォルメされている。
アイズ (Eyes) & オプティック・ナーヴ (Optic Nerve)
この作品において、もっとも耐久力のあるキャラクター。色である。ブレインと同じく、入れ物の上部から登場する。群を抜く頑丈さで、入れ物を吊り上げることもしばしばである。アイズ、オプティック・ナーヴ、ブレインがワンセットで登場することも多い。
ボーン (Bone)
入れ物を支えるキャラクターで、色である。名前から、よく硬いものだと誤解されるが、この作品における彼の材質は豆腐であり、どんなに軽い衝撃でもブラッドを登場させることを忘れない。
スモール・インテスティーンス (Small Intestines)
入れ物の中ほどから登場するキャラクターで、名前とは裏腹に、登場キャラクターの中で一番長い。主に桃色をしているが、直線曲線などの幾何学的文様を表すための重要なキャラクターでもある。
チュレータ (Chuleta)
ブラッドの陰に隠れるため、なかなか表に出ないキャラクターだが、ブラッドを伴う固形物質のほとんどは彼であるため、その登場回数はトップクラスである。しかし、その色合いがであるため、どうしてもブラッドの陰に隠れてしまう。また、彼の登場シーンのほとんどに入れ物の一部がくっつくため、入れ物の色とブラッドの色によってどうしても隠れてしまう。声を大にして言わなくてはならない。彼はブラッドではない。
ハート (Heart)
入れ物の中ほどからしばしば登場するキャラクターだが、スモール・インテスティーンスに比べるとあまり重要な役割を持たない。他の映像作品ではライフの役割を果たしているが、この作品における彼の扱いは本当にひどい。主な色合いは桃色
ライフ (Life)
全ての作品に登場しているが、彼は画面上に表すことができない色、無色透明な存在である。しかし、これだけは言える。この作品の鍵を握っているのは彼だ。
ファック·ファック(Fack-you men)
入れ物たちの名演技!これは観なくちゃいけないぞ。当然透明。
トゥース(Tooth-Tooth)
入れ物たちの口を殴ると出てくるのよ。白。

[編集] ゲーム化

2007年、セガから「Happy Tree Friends False Alarm」という名前でゲーム化されている。その内容に、多くのスペランカーたちは戦慄した。しかし、日本語版の発売はなかったため、日本人は胸をなで下ろした。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語