IPアドレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
IPアドレス採掘の様子(1995年)

IPアドレス(Internet Petroleum address)とはインターネットへの接続に必須のエネルギー資源の一種。インターネットの発展に伴い世界中で消費量が急増したため、石油や天然ガスと同様に枯渇が危惧されている。

概要[編集]

IPアドレスの主成分は数値であり、微量のドットなど記号が含まれていることもある。IPアドレスは1950年代にアメリカ東海岸で発見されていたが、当初は単なる数字の羅列としか認識されず特に研究も使用もされなかった。

半ば忘れかけられていたIPアドレスに再び注目が集まったのは1978年のことである。この年イギリスの科学者が「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が数値だと発表したことを契機に、数値の持つ無限の可能性に注目が集まったためである。1981年にIPアドレスが持つ静止エネルギーを活用したネットワーク接続技術が開発された(RFC791)。この接続技術の誕生により長らく机上の理論に過ぎなかったインターネットが実用化されることになった。

当初は無尽蔵にあると思われていたIPアドレスだが、1990年代初頭には有限であることが既に指摘されていた。もっとも当時インターネットはごく一握りの人間だけが使える贅沢品であったため誰も問題視していなかった。

1990年代後半になって研究者の予想を上回る速度でインターネットが各家庭にまで普及した。同時にIPアドレスの使用量も急増して、枯渇は時間の問題という認識がようやく定着した。同時に世界各地で代替エネルギーの探索が行われ、現在使われているIPアドレスと同様の性質を持つIPv6が発見された。なお日本では動的IPアドレス割当方式と呼ばれる省エネ技術が普及していることからIPv6の本格的な普及には至っていない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「IPアドレス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「IPアドレス枯渇問題」の項目を執筆しています。