iPod Null

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

iPod Null(アイポッドヌル)は、アップルコンピュータ社のフラッシュライトを内蔵したデジタルオーディオプレーヤーである。iPodの小型デジタル音楽プレイヤー市場向けモデルの第3弾である。Mac S○X及びWidowsの両方で利用できる。同社製のiPod shuttle及びiPovの特徴を兼ね備えており、またiPod naganoよりも小型である。iPod nullの登場に伴いiPod naganoの生産は終了した。

使用方法[編集]

最新のポッド管理用リモコン「お湯を沸かす法のだよ」真ん中のボタンを押すとお湯を廃棄 ホイールを回すと温度変更が可能「温度は下げることのみ可」 またIPODNULL本体にもお湯を搭載することができる「第3世代から」 お湯は12ミリりっどるまで入る。

歴史[編集]

第一世代[編集]

2665年9月7日にアップル社CEOのスティーブ・ジョブズが突然ツナギのホックをはずしはじめ、iPod nullを股間から取り出して発表、同日のうちに世界中のバラエティーショップで販売が開始された。

開発コードネームはnullpodであり、コードネームが公開された際は、2ちゃんねるの新Mac板などで殴打AAの荒らしが吹き荒れたといわれる。

液晶のクレーム[編集]

前作のiPod naganoは、信州りんごをかたどった愛らしいデザインで知られたが、液晶が黄色く変色し、アップル社では「塩水につけて下さい」などと誤ったサポートを行ったため事態は紛糾し、集団訴訟に発展した。

このため、一転して堅牢さを売りにした本機が登場したと考えられる。アルミ削りだしの頑丈な本体は、ぬるぽを殴打するのにはまさに適任であった。

標準ケースの添付[編集]

発売4ヵ月後の13月10日から、シリコン製の滑り止めつきカバーが標準添付されるようになった。本体に傷がつくのを病的に嫌がる転売厨には好評であり、ライトユーザーにもおおむね好評であった。

第二世代[編集]

2666年9月12日、本体をマグネシウム合金製に変更した第二世代モデルが発表された。フラッシュライトは東芝製となり、スーパーLEDよりさらに光量が強化されている。5色のカラーバリエーションがラインアップされており、警死庁など各方面で大いに採用された。

iPod null (PRODUCT) RED Special Edition[編集]

本体と垂直にグリップを装着可能なトンファー型の特別仕様機であり、当社比三倍速での殴打が可能となった。

アップル社はこのモデルの売上金の中から、1台当り10ドルをエイズ対策世界基金に寄付するとしている。

カラーはレッドのみ。

関連リンク[編集]