I LOVE しまんと

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「I LOVE しまんと」の項目はまだないか、書きかけです。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「予土線」の項目を執筆しています。

I LOVE しまんと(あいらぶ しまんと)は、高知県高岡郡愛媛県宇和島市を繋ぐ四国旅客鉄道(JR四国)の予土線を走った列車生物である。

目次

[編集] I love しまんと

しまんとは今日もげんき

私はしまんとを愛している。しまんとの画像を右側に掲載した。なんとも愛くるしい容姿である。しまんとの正式名称は「I LOVE しまんと」であるが、「ぱにぽに」、「みなみけ」のようにひらがな四文字のほうがかわいいので、いつ頃からか「しまんと」と呼ばれるようになった。四万十川で知られる四万十市とは関係は無い。

しまんとは列車生物である。列車生物とは円盤生物のはとこで、命を持った鉄道車両である。同じ生物には機関車トーマスがいる。しまんとは、JR四国が発注した車両の輸送中に、空から降ってきたとても綺麗なかわうその精が落ちて誕生した。

このしまんとの愛くるしさに目を付けたJR四国は、しまんとをマスコットキャラクターとして1997年から1999年まで特急列車として運用した。しまんとの表定速度(平均速度)約50キロは、特急車両としては日本一遅い部類に入る。もともと半分はかわうそなのだから、それも仕方の無いことである。それでもしまんとは、文句も言わずがんばって毎日業務に従事した。

じっと見つめるしまんと

[編集] You love しまんと

ここまで読んだあなたも、しまんとを愛している。運行されたしまんとは、そのゆっくり走るかわいい姿が大人気となり、乗員は連日満員であった。このしまんとの人気には、同じ予土線の名物スリルコースタートロッコ列車」も敵わなかった。予土線では、トロッコ列車にゆっくり抜かされるしまんとの姿が日常風景として親しまれた。しまんとは、やっぱり文句を言わず業務に従事した。

しまんと

[編集] He loves しまんと

しまんとはアイコンにしてみてもかわいい。彼もまた、しまんとを愛している。しまんとは1999年にお役御免となり、現在は鷹の巣山で仲間のかわうそ達とゆったりとした余生を過ごしている。しかしときどき、皆に会いに予土線の各駅にやってくることもある。ところで彼って誰だろう? たぶんあなたは知っている。

[編集] We love しまんと

つまり、みんながしまんとを愛している。We love しまんと, forever.

朝日を浴びて、ちょっぴりと頬を染めるしまんと


[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス