Java言語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Java言語 とは、ユーザにコーヒーブレイクを与えるべく開発されたプログラミング言語である。 「ジャ」イアント「馬」場とはまったくもって関係ないし、お風呂用洗剤でもないので注意が必要である。

背景[編集]

日本人は非常に勤勉なため、放っておくと三度の飯まで無視してPCに向かって仕事をし続ける傾向がある。時々それによって生じた労災によって、経営者は高いコストを払わなければならなかった。 そこで、出来る限り労働者の手を休ませられるようなソフトウェアを開発する必要性が生じたのである。 当のJava自身も、サボってゴミ拾いばかりしているので、仕事は遅々として進まない。


設計思想[編集]

Java は、このような背景を踏まえて、どのような処理であっても出来る限り時間をかけるよう設計されている。 例えば GUI を用いた業務用アプリケーションの場合、アプリケーションの起動でまず5分程度を費やすのがおおよその目安とされている。

ユーザは、その待ち時間の間に何らかの暇つぶしをする必要性が生じるわけだが、所詮オフィス内である。読みかけの漫画や面白そうなインターネットサイトを見ていても上司に厳重注意されることは間違いないし、喫煙しようにも、最近はオフィス内全館禁煙のところだってめずらしくない。というわけで、消去法でいくと残されたのはコーヒーブレイクぐらいしかないのである。コーヒーは、中に含まれるカフェインによって集中力が高まるというオマケ付きだから、社員の仕事の能率もアップして一石二鳥という寸法だ。

コンパイラ[編集]

Java のコンパイラは非常に賢いことで知られている。例えば、以下のプログラムは画面に "Hello world!" と表示するものだが、コンパイラはこのプログラムに問題がないことを、たしかめ算によって幾重にも検算し、約1分ほどかけてコンパイルする。セキュアなソフトウェアを作るためにはこのぐらいの慎重さが必要なのである。 <source lang="java"> public class HelloWorldTest{

   public static void main(String[] args){
       System.out.println("Hello world!");
   }

} </source> しかし Java のコンパイラはこのように優秀なだけではなく、優しさも持ち合わせている。 コンパイラが賢すぎてなんでもかんでもやってしまうと、 次第に人間が自分の頭を使わなくなってしまって馬鹿になってしまうため、 コンパイルされたプログラムは通称 NullPointerException(正式名称:「ぬるぽ」)と呼ばれる例外を発生させてプログラマに対処させるのである。ああ、なんと深い愛を持ち合わせているのだろうか!

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Java言語」の項目を執筆しています。