KAITO

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「KAITO」の項目を執筆しています。
「逃げられると思う?」
KAITO について、MEIKO
「何で私と苗字の音が同じなのよ」
KAITO について、初音ミク
「とりあえずカキ氷買ってきて」
KAITO について、鏡音リン
「ねぇキスしよっか」
KAITO について、鏡音レン
「私のたこルカたちの分のアイス買ってきて」
KAITO について、巡音ルカ
「俺とキスしますか?」
KAITO について、がくっぽいど

KAITO(かいと)は、北海道出身のアイスクリームマニアであるとされているが、その実はMeikoの暴走を止めるために使用されるもうひとつの初号機のことである。

出生[編集]

この二人はカレカノでも夫婦でもないので安心を

詳しくは、Meikoを見るとよくわかるがKAITOはMeikoをとめるために使用された兵器である。そして、Meikoがとまった後KAITOは、VOCALOID初の男声日本語ソフトとして2006年にクリプトン・フューチャー・メディア(以下、クリプトン)の手によって生みだされた。日本語VOCALOIDの第2弾であり、MEIKOの相棒でもあった。クリプトンは当初は「MEIKOほどの人気は出ないだろう」と予測していたが、それをも上回るほどKAITOは不人気であった。しかし、初音ミクが出現すると、KAITOは貴重な男声VOCALOIDとして注目を集めることとなり、最終的にはクリプトンのVOCALOID3の先鋒にまでなった。しかし、彼が注目を浴びるようになった経緯はあれである。詳しくは後述する。

VOCALOIDとして[編集]

KAITOは前述したとおりMeikoを沈めるために投入された防火ロイド初号機NO.2であった(詳しくはMeikoを参照)。その後KAITOは兵器としてではなく歌手として出始めた。当初は大して注目を集めていなかった。クリプトンは当初「男じゃダメなんだ」というトラウマを植えつけられてしまい、その後のVOCALOIDは女声ソフトのみを出していた[1]。しかし、その後インターネット社からがくっぽいどが、AHSからも氷山キヨテルが出ており、またKAITOをアイスクリーム好きにしたり卑怯者を演じさせたりしてファンからの人気を得たことを考えると、クリプトンのトラウマは杞憂であった。そのため、クリプトンはKAITOに英語を勉強させ、日英2か国語に対応し、内部バージョンをVOCALOIDからVOCALOID3に進化させ、そしてDAW(デジタルオーディオワークステーション。楽曲の一連の作業が出来るシステム)を追加するなどの武装を施した挙句、この内容で定価16,800円を付けた上で2013年2月15日に「KAITO V3」として出直した。結果、売り上げ1位を勝ち取ることに成功したのであった

アイスクリームマニアとして[編集]

初音ミクによって注目が集まるまで、KAITOは悠長にアイスを食べて暇を持て余していたという[1]。そのことがきっかけで、KAITOはアイスクリームマニアとして注目を集めることになった。暇を持て余している最中、彼の胃は非常に頑丈なものとなっていたようで、初音ミクなどのキャラクターデザインを担当したKEIが執筆した漫画において、業務用冷蔵庫いっぱいにアイスクリームが詰め込まれた描写があり、KAITOはそれらを全て食べきることが出来る模様。また、同漫画の描写において、十勝アイスクリームが好物であると見られている。

武器[編集]

彼の武器はその右腕に常に持っている棒アイスである。これは、Meikoを沈静する際にひよこ陛下からじきじきに預かった特殊氷を主原料とするものである。鈍器として使うことはもちろん156cmほどに伸ばして剣として使うこともできる。もはや棒アイスと呼べないシロモノではあるが、彼の特技は卑怯なので許してやってほしい。また、仲間からは「きもい」「うざい」「死ね」「泣き叫べ」などのほめ言葉がかけられており、そのウザさおよび人に嫌われるセンスも武器といえる。なおMeikoが彼を拉致るのは彼が一番聞き上手で一番抜けているのだからだそう。

もう一つの武器はあの青いマフラーである。このマフラーを使った特技は裸マフラー、これを見た周囲の人たちが悲鳴を挙げ女性は逃げ出し交通事故も多発、一帯は阿鼻叫喚の地獄絵図と化する。

脚注[編集]

  1. ^ 鏡音レンは少年であるが、中の人は女性であるため、純粋な男声VOCALOIDではない

関連項目[編集]


Hatsune-miku.jpg この「KAITO」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいですこのページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)