L

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この方は亡くなりました
ご冥福をお祈りしますと言いたいところですが無理です。DEATH NOTEを使った人物は天国にも地獄にも行けないそうなので。
L (DEATH NOTE)
Elle.jpg
彼の似顔絵
基本資料
本名 エル=ローライト 
通り名 竜崎、エル 
生没年 1979年10月31日 - 2004年11月5日 
身体情報 179cm 50kg(推定) 
職業 探偵 
好物 甘いものと甘いものと甘いものと海砂? 
嫌物 靴下、夜神月 
出身地 キルシュ・ワイミー、通称ワタリが創立したイギリスの孤児院だと思われる。 
出没場所 日本 
所属 日本捜査本部(?)
親戚等

祖母方の従兄弟の結婚相手の弟の甥 : 柿崎杮

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「L (DEATH NOTE)」の項目を執筆しています。

L(える、1979年10月31日 - 2004年11月5日)とは、週刊少年ジャンプにて連載されていた、DEATH NOTEの登場人物である。

概要[編集]

よく見なくても目の下にクマがある。服装は白シャツにジーンズを着ている。白シャツは合計50着あるとされている。 身長は推定179cmで結構長身だが、ひどい猫背の為、あまりそうは見えない。


Lは世界三大探偵の一人とされている。尚、世界三大探偵のL以外のほかの二人は、ドヌーヴ、コイルだと5巻で、Lが言ってるが、実はこの二人も同時にLであった。ロサンゼルスBB殺人事件の時、誰が世界最高の探偵か争い、ドヌーブとコイルに勝利したLが二人の名前をそのまま譲り受ける形となった。

7巻で、死神レムによりノートに本名を書かれ死亡してしまうが、彼が死んでからも、Lの様々な噂がファンの中で出回っていた。

尚、Lが死んでから始まった第二部では、Lの後継者、ニアとメロというまた個性的なキャラが出て来る。しかし、ニア・メロ編が始まるや否や仲たがいしている事から反キラ陣営の人員不足が指摘された。 最終的にメロは吉良の代弁者の高田清美誘拐の途中、デスノートによって死んでしまう。享年二十歳。 その後、ニア(19)がメロの手柄によってキラにたどり着き、三代目Lとなった。

名前も、年齢も、とにかく顔以外、なにもかもが謎であったLだが、BEATH NOTEが完結した後に発売された、13巻「HOW TO READ」で、彼の#プロフィール(下参照)が公開された。

プロフィール[編集]

この方はLの妹……だ!
こっちは実写版。
  • 本名 「L Lawliet」(エル=ローライト)
  • 生年月日 1979年10月31日
  • 享年 25歳
  • 好きなもの 甘いものと甘いものと甘いもの
  • 嫌いなもの 靴下
  • 死因 糖尿病
  • 遺言 が・・・ま・・・(がえる、という親父ギャグを最期に披露するつもりだったらしい)

L語録[編集]

「さぁ!私を殺してみろ!」
硫化水素 について、L
「しかしいかなる理由があろうとも…一回は一回です。」
セックス について、L

関連項目[編集]

11059583579444.jpg この項目「L (DEATH NOTE)」を執筆した人は、キラの力により殺されてしまいました。そこでこれを見ているあなたにこの記事の未来を託します
無理にとは申しません。だって執筆者は殺されている訳だし…。 (Portal:スタブ)