MP3

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「MP3」の項目を執筆しています。

MP3(えむぴーすりー)とは、あまりにも哀れな圧縮技術である。

[編集] 概要

MP3は音楽データを圧縮する為に開発された技術であり、MPEGのサイズをどうにか小さくしようとして開発された。MP3として圧縮された音楽たちはその軽さからデータ転送黎明期、WinnyによるP2P技術最盛期にインターネットの海を飛び交い、様々な音楽がジャスラックの魔の手を超えて拡散した。MP3はまるで魔法のような形式であり、当時圧縮されておらず重いWMPに対して「マジで死ねばいいのに」と考えていたユーザーたちは当然のようにMP3の容量を圧迫しない圧縮加減に飛びついた。しかし魔法というものには大体旨味だけではなく毒も付随するのが世の常であり、それをユーザーは思い知る事となる。

[編集] 圧縮するということ

何故MP3はサイズが軽いのか。そりゃあ決まってる、無くなった分のバイト数分ダイエットしているのである。そのダイエットの仕方というのが文字通りMP3は圧縮技術であり、身長190cmの人が遊園地のアトラクションの身長制限に引っ掛ったからプレス機で156cmまで潰したというくらいに単純なものである。それを行う事によって高身長というメリット、つまり音楽にして音質に値するものをぶっ潰してサイズを小さくしている、結果的にMP3は自称耳の肥えた人たちに「音質が良くない」だの「音が軽い」だのと罵られる事となった、そんなに音質だのなんだのを気にするなら蓄音機にレコードセットして聞いていれば良い話なのだが。

結果的にMP3は一時的に隆盛したMIDIのようにその玉座を追われ、iPodの流通などに伴いMP4が台頭する事となる。勘違いしてはならない点があり、MP3もMIDIもまったく罪はない。エメラルドの玉座を追われ、筵の上で寝る事となったMP3及びMIDIがそもそも何なのかを理解せずに持ち上げた民衆が勝手に騙されたと勘違いして、胴上げのまま地面に落としたようなものであり、むしろMP3とMIDIは被害者である。MP4がまた何者かによって玉座を追われ、歴史を繰り返す可能性は十二分にある。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス