MP3

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Uncyclo letter u2.png
この記事には拡張が必要です。

この記事は無限の可能性を秘めています。
質・量ともに充実させて、完全無欠な嘘八百記事にしてください。
(編集の際にはここと以下のコメントを参考にしてください)

注:貼り付けから30日以内に拡張されない場合、この記事は削除の候補となります。
このテンプレートは 88 (Hachi-Hachi・トーク(Talk)投稿記録(Contribs)/投稿回数(Edits)) 2014年8月12日 (火) 01:08 (JST) によって貼り付けられました。

概要などを設け、内容の充実を求めたい。ICUではないのは着眼点はいいと思うから。
MP3(MPEG-1 Audio Layer-3)とは、PCMデータをいい音のまま押しつぶした音楽ファイル。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「MP3」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 何故できたのか

その昔、インターネットにつなぐコード電話線を使うのが主流だったころ、データ量のでかいLPCMファイルでは「音楽ファイルダウンロードするのに何分かかっとんじゃーッッッ」と叫びだすほど時間がかかっていた。そこで「できるだけいい音で、なおかつ限界までデータを押しつぶして早くお客様のもとへ届けたい」という思いから開発されたファイルである。

[編集] 概要

音声データは大きく分けてズシズシ来る低音域、ボーカルを目立たせる中音域、すかっとする高音域に分けられる。データ量は低→中→高の順にでっかくなる。 そこで『どうせ素人にはわっかんねーよ』と聞こえにくいくせにデータ量の喰う高音域をばっさりと切り捨て御免してしまうのである。 しかしそれは200kps以上の高ビットレートでの話。これより低いものではなんと低音域にまで手を出してしまい、重厚感が薄れてしまうのだ。さらに100kpsをきると謎の無視の声が邪魔してくるためここまで来るともう素人でも!?と思うようになる。

[編集] 良い点

  • PCMよりダウンロードが早い。
  • 音楽プレイヤー界では知らないものがいないほど著名で、よほど馬鹿な音楽プレイヤーでない限り再生できる。
  • 高ビットレートでは弟分のAACより音質がいい。

[編集] 悪い点

  • ビットレートが100を切るとなぞの虫の鳴き声が邪魔になる
  • スッキリとするが容量喰う高音域はバッサリ切り捨て御免するので音が濁るようになる。
  • 低ビットレートでは低音域にも手を出してしまうため曲自体スッカスカになることも…
  • ↑こんなんだからこいつだけ不自然なほどダウンロード容量が高い。

[編集] 関連項目

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
MP3の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス