Mac mini

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Mac mini」の項目を執筆しています。
4段重箱式の弁当箱(アルミ製)
中はこんな感じ(仕切りは別売)

Mac mini(マック・ミニ)は、宗教団体「アップル」の信者が使う弁当箱である。 一口に弁当箱と言っても、最近はプラスチック製のものが多く、デザインも趣向を凝らしたものや、保温可能なものが登場するなど多種多様なものが発売されているが、これはただの四角いアルミ製の箱である。 アップル製品はデザインが優れていると言われることがあるが、この弁当箱に関しては、工夫のかけらもないただの手抜き製品である。

特徴[編集]

幅16.5 cm×奥行き16.5 cm×高さ5.1 cmで、重さは1.32 kgである。弁当箱としては妥当な大きさだが、箱だけで1kg以上と重すぎる。持って食べるにはキン肉マン並みの超人強度が必要。設計ミスとしか言いようがない。

また、弁当箱であるにもかかわらず、ふたが一般人には容易に開けられない構造になっている。ふたを開けるには、まず弁当箱をひっくり返し、裏ぶたの隙間に薄い金属製のへらなどを押し込み、慎重に開ける必要がある。逆さにしてしまったので弁当の中身はぐちゃぐちゃだ。

さらに「箱」のみの販売であり、「箸」「スプーン」「ご飯とおかずの間の仕切り」などの付属品がないので別途購入する必要がある。詐欺のように見えるが、世界展開する商品なので日本を基準にしているはずもなく、インドなどにある手で食べる文化をモチーフにしたものである。インドは数字の0を発見した国であり、コンピュータに携わる企業がこのような国を尊重するのは至極当然といえよう。

ただの弁当箱のくせに音がうるさいという問題もある。ときどき、「ファーン」「ブーン」など、キン肉マンの牛丼音頭のごとく不協和音が流れるので、授業中の早弁がかなりやりづらいではないか。

Mac史上最低価格を実現したとされているが、それでも6万から10万円の間で売られており、ただの弁当箱にそんなお金をかける必要はない。とはいえ、信者たちは「お布施」と称し信じ切っているので、たいした問題とはなっていない。

発売日にはアップルストアと呼ばれる教会に行列ができた。これは日頃から信心深い信者が「物欲」という煩悩に負けた結果である。

カレー盛りつけ例(スプーン別売)
専用ランチボックスカバー(別売)

歴史[編集]

過去にアップルはCubeと呼ばれるトースター(パン焼き機)を販売していたことがあるが、内部に冷却機構を搭載していなかったため、パンがあまりにもこんがり焼けすぎ、真っ黒焦げになってしまうので販売中止となった。Mac miniはこのトースターのデザインを踏襲していると思われるが、手抜き製品を送り出したことによる過去の失敗に対しては、全くといって反省していない。

関連項目[編集]

Ipodsazae.gif この記事は林檎教信者による林檎の齧りかけです。よりエレガントな齧り痕にするためにもっと齧ってください。あなたの歯が秀逸な記事を生み出します。 (Portal:スタブ)