Microsoft Office

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「Microsoft Office」の項目を執筆しています。

Microsoft Office(マイクロソフト・オフィス、以下Office)とは、Microsoftが販売する、画期的なコンセプトに基づいて設計された業務用ソフトウェアのこと。

目次

[編集] 背景

古来、事務仕事は似たような作業を延々と繰り返す退屈なものであった。こうした事情は文明の開闢以来変わることはなく、公務員の愚痴はメソポタミア文明の石盤にすら残っている。

しかしながら、この世にコンピューターが登場することで、ここにもう一つの問題が発生した。

コンピューターは、事務仕事の負担を大きく軽減することを期待された。これは一面的には正しいが、現実には、事務員の仕事はさらに過酷なものと変化した。これは、それまでは多くの事務員が単調な検索や筆算(あるいは電卓叩き)という、全く頭を使わない作業によってを休める時間を得ていたのに対し、そうした「誰にでもできる」仕事をコンピューターが肩代わりするようになり、人間に残されたのは単調とは言えない、けして気を抜けない仕事だけであった。

確かに仕事の総量は減ったが、そのぶんだけ人員も削減されるため、それぞれの事務員が職場で作業をしている時間は全く変わらない。その結果、数多くの事務員が、それまでよりも難しい仕事を大量に抱えるようになり、コンピューターのスペックが向上するにつれてその傾向は強くなったのである。

言うまでもなく、一人の人間が処理できる情報量には限界がある。加速度的に増加する仕事量のためにになる事務員が増え、それは社会にとって大きな損失であった。

[編集] コンセプト

こうした問題を解決するため、Microsoftは画期的なアイデアを用いて、業務用ソフトを設計した。このソフトは以下のような特徴がある。

  • 事務仕事に必要な機能を一部だけ満足し、かつ、それ以外は事務仕事を妨害する機能。これにより、一つの仕事を完成するまでにかかる時間が飛躍的に増大する。
  • 画面(特にメニュー類)は、考え得る限り最も非直感的に設計されている。このため、このソフトについて知識を持たない上司は、画面を見ても何をしているのか全く理解できない。
  • 画面に表示されるプレビューと実際に印刷される結果が食い違うようになっている。ある仕事が完了したように見えても、テスト印刷をしてみると終わっていないことがわかる。印刷結果を確認、再度設定をやりなおして印刷、その結果に基づいて設定をやりなおすという繰り返しにより、作業時間をさらに引き延ばすことに成功している。
  • ハングアップ機能。これにより作業時間を容易に数倍に引き延ばすことができる。

こうした機能により、Officeを用いた作業は通常の数倍から十数倍の時間を必要とする。また、Officeは、多くのソフトに見られるような省力化機能を省いており、コンピューターがいちど排除した「単純作業」をオフィスに取り戻すことにも成功している。

[編集] 評価

上記のような機能は事務員の健康を保つために大変に役立っている。そのため、現在ではほとんどの事務機器にOffice(あるいはOfficeに含まれるソフトの一部)がインストールされており、大変に好評である。

コンピューターに詳しくない上司に対しOfficeの購入を納得させることが難しい、という声に応え、MicrosoftはWindowsにOfficeをプリインストールした。これは、まるで「一本のソフトで何本も買える」かのように見えるため、節約家の経理を納得させるためにも役立ち、こうしてofficeは一躍、世界標準へと踊り出したのである。

また、そもそも、Windowsには「ワードパッド」と言う便利なワープロソフトが入っているにも関わらず、それがあることに気付かせず新しくワープロソフトを買わせるために、他のソフトと一緒にして分からないようにするという目的もある。

Officeに対する批判は多いが、これは、コンセプトに同意できない高度な頭脳の持ち主か、コンセプトを理解できない人たちがほとんどである。Officeは多くの事務員を精神病から救った、20世紀の救世主的な存在であるのは間違いのない事実であり、今後も高い評価を受け続けることは間違いないと考えられている。

PowerPointは、どこかの専門家に、このソフトウェアで作成されたプレゼンテーションは頭に入りにくいといわれている。

[編集] 2003から2007以降について

2003の非直感的なツールバーシステムを見直すべく、開発されたはずのリボンシステム。そのおかげでかなりの機能が削減されてしまい、2003ユーザーは困ってしまう。実際に存在している機能も、オプション→ユーザー設定という面倒くさい手段を踏ませることで今まであった機能を隠すことにも成功している。MSが用意した、旧メニュー対応表(2003の項目をクリックすると2007の対応する場所を教えてくれる)も、存在しない機能を、「office2007のオンラインヘルプで検索して下さい」と丸投げし、余計イライラ感を増すだけである。

[編集] 関連項目

vde
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語