騒音おばさん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
実はツンデレでもある
「引っ越し、引っ越し、さっさと引っ越し、しばくぞ!!」
近隣住民 について、騒音おばさん
「これはねえ、やっぱり狂ってますよ。この人は。
顔見てご覧なさい。目はつり上がってるしね。顔がぽ~っと浮いているでしょ。
これ気違いの顔ですわ」
miyoco について、塩爺

miyocoは、奈良県平群町在住の日本ヒップホップ及びR&B歌手であり、489代内閣総理大臣である。

哲学者でもあり、2008年にはギリシアにて「(騒音はそれを鳴らす人の)わがままの音じゃないねん。社会平和の為の、裁判を前提とした抗議の音なんや。」という、音楽表現の自由を公共の福祉と結びつけた斬新な哲学、"Miyonism"(ミヨニスム、ミヨコイズム)を提唱した。 騒音おばさん(そうおんおばさん)または引越しおばさん(ひっこしおばさん)という愛称でも親しまれている。

ちなみに表記はmiyokoではなく、miyocoである。

創価学会の完全な被害者であり本当は加害者ではなく被害者であり塩爺からの被害者でもありマスコミからの被害者でもある。

最近では、カンフー映画スターとなったり、リゾートホテルの総支配人となったり、鉄道会社を運営したりと、多岐にわたり巨万の富を得て、長者番付の常連となっている。

目次

[編集] 警告

モリッシーにはこの存在を伝えない方がいい。もし、モリッシーの耳に入ったら、miyocoの首を吊り上げられ、貴重な存在を残虐な形で消されてしまうからだ。神出鬼没である。

[編集] 概要

奈良県に住む、普通の主婦である。

若き日の美代子

miyocoは若い頃、相手が障害を持つ人とだということを隠され見合い結婚させられ、その後三人の子供が産まれたが三人とも障害を持ち、そのうち二人は亡くなり夫は入院中。 そして障害を持つ息子さんと一緒に暮らしていた。

若かりし頃に日本の音楽シーンに疑問を抱き渡米、ヒップホップ発祥の地「イースト・コースト・サウンド」に渡り独自の演奏スタイルを構築する。帰国後は暫くアマチュアとして雄伏の時を過ごすが、2005年4月にメジャーデビューを果たし、全国的に知られるヒップホッパーとしての地位を確立する。

活動は主に自宅を中心としたライブで、布団叩きとラジカセを併用した斬新なフロウを多用した演奏を「抗議」と称して行い、時に車で会場付近を移動しながらクラクションでリズムを刻むなど、固定観念に縛られない独創的な演奏法を貪欲に追及した事で知られている。またライブだけでなく、観客の設置したカメラを使って尻をカメラに映し「キレイに録ってYO!!!!!!!」と叫ぶPVと「ピース!ピース!ピース!ピース!」というPVを撮影する、突然プロレス参戦を宣言し長州力と一触即発の問答を繰り広げるなど、その活動は多岐に渡る。

自宅から車にのって出かけるときは「プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪プー♪」とクラクション(楽器)を鳴らしながら出かける。 帰ってきたら愛車のアスパイヤをカークリーナー(ぞうきん)でふきながらご近所さんと抗議をする。

しかしながら、その創作活動において創価学会をディスった事により自宅近隣の犬作ファンクラブ会員の「S夫妻」と確執を生じた。

さらに悪いことに警察マスゴミに多く浸透している犬作会員が徒党を組み、彼女はいわれのない執拗な責めを受け、2005年4月11日、傷害容疑で逮捕され、黄色い救急車で搬送された。その際のテレビ報道で自らの行為を「気違い」呼ばわりした塩川正十郎とは敵対関係にあり、目下抗争中。

2007年7月に出所を果たしたものの、消息不明。一説に塩爺を追ってバンキシャ!収録現場付近に潜伏しているとの噂もあるが、お察し下さい。そして世間マスゴミからは冷たく扱われたが、ネット上では支持率は高く、特にアンチ創価学会という所が多大に評価され、ネットウヨ達からの支持率は絶大である。

一部では都市伝説とも言える行為を行ったとして、田代まさし半ズボン氏麻原彰晃福永法源堀江貴文鈴木宗男レベル男ドナルド・マクドナルドと並び、としてあがめられている。ちなみに日本の小中高校にも彼女に似た生物が目撃されている。

又、訴えるモンスターペアレントの完璧なお手本となっている。

[編集] 人物

  • ムネオハウスを生み出した鈴木宗男を深くリスペクトしており、演奏スタイルや音楽に対する哲学の面において、事実上の後継者であると評する音楽関係者も少なくない。
  • 大沼孝次はmiyocoと細木数子を同一人物だと思い込んでいる。
  • 高見沢俊彦のソロアルバムKaleidoscope収録『騒音おばさんVS高音おじさん』にてコラボレーション。過激なソロバトルで両者一歩も譲らぬ戦いを繰り広げるが、最後は高見沢の自慢のレスポールでしばかれてTKO。
  • その過激な活動や言動から暴力的な人物だと思われがちだが、雑誌やマスコミのインタビューに対しては敬語を織り交ぜての紳士的対応を見せている事から分かるように、基本的には温厚な性格である。
  • ジャイアンの母ちゃんを深く尊敬していて、自分の原点だと公言している。風貌も真似ている。
  • 彼女は映画『よなよなペンギン』が嫌いであり、見ようとする人に「夜な夜な(夜なペン)見てんのか!!」と叫ぶ。
  • 愛車は三菱・アスパイア。決してギャランでは無い。つまりmiyocoは「違いのわかる者」である。
  • 生業は家事。趣味は家事と音楽。家事の中では特に布団干しとお茶汲みが得意。
  • 尼崎で同名の人物がいろいろとやらかしたが、関連は不明

又、かなりの巨乳でありブラジャーのモデルに選ばれたことがある。かなりのグラマーブラ担当のモデル。 大きいピップはブラジャーのモデル時は補修下着で整えている。

[編集] 社会的影響

miyocoの特筆すべき偉大性は、怒りを込めたヒップホップを通じ、歪んだ理屈を付けて重病患者や介護難民等の弱者を無視し続ける、池田犬作会員はじめとする現代社会に対して抗議した事である。これは後に多くの貧困を生み出す格差社会が到来すると、miyocoが予見していた事を示している。

miyocoの活躍がテレビで報道された以降、miyocoの音楽センスやmiyocoの思想(Miyonism)を支持するファンが急増したが、弱者・老人切り捨てを推し進める政府はmiyocoを危険視して彼女に対して弾圧するようになり、ついにはmiyocoを不当逮捕してしまった。「被害者と思われてた側が、実は加害者だったのではないか?」という話がある。 miyocoこそが真の被害者であったのだ。

miyoco本人は逮捕されて以後、軟禁状態に置かれていたが、Miyonismを継承して社会に抗議しようとする人々は今も増え続けている。miyocoが住む関西から遠い関東栃木県にも、人様の家に硫酸をばら撒く資生堂に戦いを挑み、ほぼ全面勝訴を収めた英雄的なおばさんが現れている。

エクストリーム・いじめの仕返しとエクストリーム・抗議における稀代のプレイヤーであり、過去最高とも言える評価を叩き出した事で世界中から注目を浴びた。

2007年6月には、miyocoに感化される形で、「呪い殺してやる」という独り言で社会に新たな抗議を行うレゲエ系シンガーHarueが千葉県に出現した。また、同年8月には犬の糞を相手の家の前にばら撒く抗議を行う、Atsushiという漢(おとこ)も登場した。同月には夜中に爆竹を鳴らして抗議するmasayukiも登場した。更に、同年9月にはpunk同様に家の壁を叩くなどのパーカッション的な役割を持つほか、「なめとんのか、殺すぞ」などと凶悪な言い方でのレゲエ系シンガーソンガーであるmachicoが大阪府に登場した。

そのほか、2005年には愛知県一宮市にはフライパンやゴルフクラブで壁を叩くパーカッション的な役割を持ち、Miyocoの音楽弟子にもなるFly punkや、京都府には全裸おじさんと呼ばれてしまうほどの肉体美をもつボディービルダーsyo.G、2006年には茨城県には汚水おばさんと呼ばれてしまうほどの科学者shinagawaも、miyocoに感化される形で出現した。

更に、イギリスにも、miyocoに感化される形というよりも、ほぼ同時期に出現し、恐怖の小村と呼ばれる所に住み、ギターを弾くなど、猛烈にイギリスの社会に抗議するギタリストWhile.dingも存在する。アメリカでも、「下呂温泉キター」というギャグで有名な、主に駐車場で活動している路上漫談師(実名不明)が存在する。

なお、miyocoの使用したドラムスティック、pall'oh'davidのJesus7-miyocoモデルは全世界にて累積745923584050本のセールスを記録した。

架空請求界のビッグスターとして、その名を轟かせていた山田太郎(仮)に対して抗議の電話をし対決した事がある。山田は近所の奥さんを盗撮し、夜な夜な見ては近所迷惑をしていると、山田を批判して抗議をしていた。山田は電話が終わるまで、どっかの基地外ババァだと思っていて誰だか分からなかったが、後に歌手miyocoであると知る。また、山田は架空請求として活動する傍ら、「飲み込めない山田」などの曲で音楽界にも進出して活躍するが、miyocoはそんな山田が気に入らなかった。ラップで批判し合ったり、フリースタイルラップで山田と対決した事もあったお向かいの山田消えろ!。

[編集] 映画化

2005年、「miyocoの一生~悪に立ち向かったゲリラライブの女」というmiyocoの人生を題材とした映画作品が公開された。

本作はmiyocoの出生~結婚~ゲリラライブ開催~逮捕までの流れを当時のライブ映像を交えて制作された映画で、制作当初は「売名映画」とも言われたが、内容はmiyocoが日本人として思う宗教観念、マスコミの捏造問題、そしてmiyoco自身の音楽に対する真摯な姿勢が映し出されており、その内容に観客は涙を流した。興行収入250億円。またベネチア国際映画祭の授賞式の際はスタンディングオベーションの嵐が起きた。 監督は大島渚が務め、主演はmiyoco自身が本名で演じ、主題歌も担当した。音楽は浪花のモーツァルトことキダ・タロー。また幼少時代のmiyocoを志田未来、さらに20代から結婚するまでは井上真央が演じて話題になった。

2006年度のベネチア国際映画祭で金獅子賞を授与する快挙を成し遂げた。また東京国際映画祭でもグランプリを受賞。また、ベルリン国際映画祭でも低予算ながら、その過激で見るもの全て世界観に巻き込む技巧的なストーリー展開が会場を翻弄し、受賞まではいかなかったものの、会場に居た観客全員から高い評価を得ている。また、アメリカ合衆国でも公開され、ヒップホップ要素が鑑賞者たちに大ウケ、3億ドルもの興行収入をたたき出した。共同監督のスティーヴン・スピルバルコは喜びの涙を流した。

撮影に臨み過去のmiyocoを演じるにあたって志田未来と井上真央の両名は台本を読んだところ「心が切なくなりました・・・」と涙を零しながら語った。また監督の大島渚も「こんな老いぼれの心を動かすなんて凄い人だと・・・」と語る。

主題歌にはmiyocoの名曲「Hip Hop Shit」と、新たに当時の心境を交え書き下ろした新曲「Guerrilla live of hell.(邦題:地獄のゲリラライブ)」をエンディングロールで流した。また後日、本作のキダ・タローとmiyocoの手により制作された2枚組みサウンドトラックアルバム「Sounds of protest to which trial is required(邦題:裁判を前提とした抗議の音達)」が発売されこちらは新曲と共にミリオンヒットした。

またこの映画の公式スポンサーであるpall`o`starは映画を記念し、記念ドラムスティックJesus7-hate miyoco sp ver.を発売し、言うまでになくわずか2日で完売した。

映画あらすじ

奈良県の閑静な住宅街。ここにひっそりと暮らしているある一家。その家族の一人であるmiyocoは今日もせっせと障害を持つ家族の為に働いていました。しかしある日向かいの家のS家が自らの家に執拗な嫌がらせを開始しました。イチャモン付けたり、マスコミを利用して卑怯な手を使うなど執拗な虐めを耐えられなくなったmiyocoは愛する家族を守る為、S家と戦う決意をしました。

私のワガママの音じゃ無いねん!裁判を前提とした抗議の音、絶対負けないで戦うよ!!

[編集] 関連項目

[編集] 代々木ゼミナール

[編集] 外部リンク

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「Miyoco」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「奈良騒音傷害事件」の項目を執筆しています。
さぁ、この項目から引越し、さっさと引越し!しばくよ!?
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス