NINTENDO64

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「NINTENDO64」の項目を執筆しています。

NINTENDO64(ニンテンドウ64)とは、任天堂株式会社より1996年6月に発売された家庭用ゲーム機。

目次

[編集] 概要

「NINTENDO64」のネーミングの由来は、64ビットRISCのCPUを使っていることから64という名前が付けられたと一般的な認識があるが、実は「NINTENDO1」から「NINTENDO63」までの黒歴史があったという驚異的な真実が発見される。それは、当時主流であった2Dのゲームから、完全3Dのゲームへの移行という前代未聞のプロジェクトを成し遂げようとしたことによる。しかし、この事が開発の困難さを招く要因の一つとなる。性能は当時最高級だったが、その性能を引き出すためにソフトウェア面の開発に負担をかける構造となってしまい、しかも開発用のライブラリの充実に時間を要し、任天堂自身がライブラリ開発に力を注がなかったため、開発環境のハードルがさらに高くなってしまった。度重なる開発・研究を繰り返すこと実に64機目にようやくまともに機能できる運用システムとして世間に公開された。

「はがさないでください」が鈍行キングによってはがしてもおkになった。

この後、「メモリー拡張パック」など数々のオプションが開発された。開発当時は本体上面内部にある連結器に「はがさないでください」という赤い封印札が貼られていた。世間ではこの封印札をはがすと煙が出て検閲により削除になってしまうとか、任天堂により検閲により削除されてしまうなどと恐れられていた。メモリー拡張パックを必ず装着しなければならない「ドンキーコング64」が発売されると、3人の勇気ある子供達がこの封印札に戸惑いながらも、決死の覚悟で封印札を剥がして、無傷で生還したことで実は剥がしてもよいことを証明した。

また、3Dにゲームが移行したことにより、操作を困難にしたというデメリットもあり、任天堂のコントローラでは最大の10ボタンかつ3種類の持ち方が可能なコントローラを付属することとなる。これに対し任天堂は「ゲームの操作を難しいものだと言う印象を与えてしまった」と述べている。次世代のGAMECUBEが開発されると、誰にでも操作できるハードとソフトの開発へシフトしていくこととなり、NINTENDO64は発売された1996年6月からゲームキューブ発売の2001年9月まで、その期間なんと偶然にも64ヶ月という快挙を残して密やかにその使命を終えた。後年、当時の任天堂の社長は「NINTENDO64は失敗作だった。あれが出たとき僕は任天堂はもうだめやなと思った」と述懐している。

[編集] キーワード

3Dスティック(さんでぃ-)
  • グリグリしすぎてスティックがガタガタに。アメリカではグリグリしすぎて手の皮が剥けたと訴訟問題に発展した。
  • 「すりーでぃ」と読んで恥をかく。
  • スティックを一方向に傾けて電源を入れると、それだけで主人公暴走する。
タダシイニギリカタ
Zトリガーボタン
  • コントローラーの裏にひとつだけあるボタン。コントローラーを左手に3Dスティック、右手にA,B,Cボタンがくるように握ったとき、ちょうど左手の人差し指がかかるところにある。
  • アクション系なんかではここに攻撃なんかが割り当てられることが結構ある。場所が場所だけに間違えて押してしまうことが多いのが玉にキズ。ゲームキューブではRボタンのそばに移動した。後にも先にもコントローラーのにボタンがあるのはこれだけである。
はがさないでください
少年A「アッー! はがすなって!」
少年B「やばいぜ!?」
少年C「大丈夫だって!」
  • 拡張パックが出る前にはがしてしまいビクビクする。
  • ハイレゾパックと言う名前にドキドキする(その後、メモリー拡張パックに改名)。

[編集] 主なラインナップ

NINTENDO64におけるラインナップは戦争を意識したものが多い。前述の過酷な裏事情があったことから名前に64が付くものも多かった。この概念は後に現在のゲームキューブWiiに受け継がれることとなる。

言わずと知れたNINTENDO64の名作。相手をひたすら吹っ飛ばすゲーム。状況を瞬時に読み取り、やられるまえにやっつけろ! え? パワースター? 何それ美味しいの?
ちなみにこのゲームはスターを全部集め終わると、「奴が来る緑の悪魔に追われながら赤コインを回収してスターを獲る)」「タミフルマリオ(カセット半挿し)」「死亡集」などに遊び方が変わることで有名。
現代社会が生んだエクストリームスポーツバナナの皮で相手を滑らせるのはもちろん、相手をひき潰す、感電させる、激突してクラッシュさせるのはレースの常識だということを世に知らしめた。
宇宙一不幸なをリーダー任せにした遊撃隊が主役の名作。世界各国の空軍に受け入れられ、納入数世界一を達成。戦争というのは遊びと同じだということを世に知らしめた。
全身緑の青年が、ドラッグの濫用により視界に入った生物すべてを意味も無く剣で殺戮するというド外道ゲーム。
マリオの初代ライバルの孫が主役のRPGディディーコングをはじめ4匹の手下を引きつれ、敵を倒したり金ぴかバナナを集めたりするゲーム。コングによって得意な能力が違うのでそれを生かす必要がある。
クッパとの長い闘いに一段落付いたマリオが、仲間を呼び集えて開催したことが起源。表向きはボードゲームだが、実際は××Danger!!××なミニゲームをひたすらやるというものである。戦場は一人だけでは生きていけない
日本が世界に誇る黄色い悪魔育成ゲーム。言う事を聞かないピカチュウに辟易。
もういろんなキャラクター混ぜちゃえ! ということで製作された。ひたすら相手を殴って弱らせたところで、相手を奈落の底へ落とす、あるいは大気圏外に放り上げることであぼ〜んすることができる。それをひたすら繰り返すと言う暴力的かつ反社会的なエクストリームスポーツである。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 関連項目

この項目「NINTENDO64」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語