NProtect

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

nProtect(ノー・プロテクト)は韓国ナンカ・インターネッツが開発した、セキュリティプログラムに見せかけた治療用破壊工作プログラムである。一般人が目にする主な用途としては、ネットワークゲーム対策の一環として開発されたGameGuardがある。

概要[編集]

このプログラムは主にWebベースのウイルスクラッキングを防御するソフトウェアの一種であるが、nProtect GameGuardに関しては破壊工作プログラムであると言われている。[1]この項目においてはGameGuardの説明をまず行い、そのほかのプログラムに関しては後の項目で説明する(後継であるSaATシリーズもそちらで)。

nProtect GameGuard[編集]

ネットワークゲームにより強烈な幻覚を見てしまい、社会生活において取り返しの付かない状態に陥った患者に対する現実への帰還、ならびにプログラムや単純作業や非合法な取引を介して金品を得ることを防止することを目的に開発された。導入に当たっては名目上、不正行為対策やセキュリティ対策として日本および韓国のネットワークゲームに多数導入されている。

機能[編集]

  • トロイの木馬と同様の手法により、システム深層に潜り込みプロセスを隠蔽する
  • システムへの負荷を増大することにより、重症患者へのふるい落とし効果
  • セキュリティソフトと衝突、停止させる事による環境改善
  • インターネット閲覧プログラムの遮断
  • 無線によるインターネット接続を阻害
  • ゲームパッドの操作を停止
  • ゲーム内会話の入力をIMEへの干渉を行うことで阻害する
  • Bluetooth通信利用環境下におけるゲームコマ送り化
  • Windows 7環境におけるスタートボタン機能を停止
  • 通信内容を暗号化することでユーザーの行動パターンを監視、特定パターンに至った場合にはOSを破壊可能
  • CPUの省電力モードでの利用を停止させ、強制的にフルパワーでの実行を要求させる
  • CPUやGPUのファン制御に使われるプログラムを遮断することで、OSまたはハードウェアまたは使用者を火事により破・・・治療する
  • 導入されたPC環境のリアルタイム監視により、重症患者への即時対応(と言う名目の破壊活動)が可能となっている
  • 一度でも過去に導入された環境下では隠蔽されたプログラムが残る為、アフターケアも十全である

nProtect KeyCrypt[編集]

Internet Explorerのみ文字入力を暗号化するプログラムとされている。他のブラウザでは一切その効果は発揮できないので注意が必要。元々は後述するNetizenの一部機能であったが、GameGuardの追加オプションプログラムとして導入されているが、追加された治療補助機能も備えられている。

機能[編集]

  • ブラウザの設定で「オンライン攻撃を緩和に役立てるためのメモリ保護を無効」にしないと、エラーが出てブラウザを全く実行できなくなる。
  • ゲーム公式ぺージにて文字入力が全く出来なくなり、ゲームへのログインが出来なくなる。
  • ゲーム中のコミュニケーションにおける文字入力への不具合を発生させる。
  • キーボードドライバーを破壊し文字入力を不可能にする。
  • 上記機能によりユーザーのストレスがたまり、キーボードが物理的に破壊される。

問題点[編集]

プログラム自体がシステムからの隠蔽行為を行うことで、トロイの木馬やルートキットやウィルスと判定されてしまうことがある。これには利用者から相当数の苦情が上がっているが、開発会社としては「良薬という物は時に猛毒にもなるのであり、治療の観点から実に遺憾である」とコメントされている。その為、随時このような警告を出さないようアンチウィルスベンダーに圧力をかけているとの噂が絶えない。しかもこれを無効にしようとしても、このプログラムが必要なアプリケーションが動作しなくなるという恐ろしい事態が発生することがある。さらに一部プログラム[2]はこのプログラムが作動していると正常動作できない。

そのほかのプログラム[編集]

プログラマーがMicrosoftの信奉者だったためか、Internet Explorer環境限定での製品ばかりを販売している。GameGuardでは他社製ブラウザを起動すらさせない匠の技はここでも遺憾なくふるわれていると言ってよい。また、何かにつけてセキュリティを低下させないと導入できない。「他社製ブラウザ?オープンソース?なにそれ美味しいの?」とは担当開発者のありがたいお言葉である。

ActiveX終息とともに、韓国のナンカインターネッツから韓国の安ラボに開発が変更され、名称もSaATシリーズへと更新されInternet Explorer環境以外も対応するようになった。「もうGameGuardと同類に見ないで欲しい」と販売側は語っている。

nProtect Netizen[編集]

銀行を主体とした企業ウェブサイト向けのセキュリティソフトだが、実際はDoS攻撃ツールである[3]。さらにはトロイの木馬でもある[4]。導入した企業のサイト閲覧に応じてダウンロードされ、そのサイトを開いている間起動する[5]。動作環境がActiveX前提となっていることからWindowsかつブラウザ限定環境でしか利用できず、そもそもActiveX自体がセキュリティ面において望ましくないとされているため、見かけることは少ない。後述のONEやPersonalとは同時起動すると姉妹げんかを起こすので同時利用は不可能である。2015年現在はSaAT Netizenとして再出発し前述のActiveXを排除している。

nProtect ONE[編集]

導入したウェブサイトを閲覧する際において、導入できるセキュリティ能力低下ソフト。なぜか各社のアンチウィルスソフトと殴り合いの大喧嘩を起こすらしく[6]、導入には機能を停止しないといけない。やったね!これで導入したら不思議とセキュリティが下がっちゃうよ!Netizenの類似品であることから、ActiveX利用を前提としており、WindowsベースかつInternet Explorerでしか起動できない。他の環境なんて知らないよ!

SaAT シリーズへの移行時にSaAT Aigisと名称を変更し、オンラインバンキング特化型へと仕様変更された。

nProtect Personal[編集]

個人ユーザー向けウィルス対策ソフト。常駐型のアンチウィルスソフトであるが、なぜかインストールにActiveXが必須である・・・どこまでActiveX大好きなんだろう、いや溺愛してると言っていいかもしれないね!当然のことながらInternet Explorerが抜かれているようなWindowsでは導入がそもそも不可能であり、導入時において通信環境が必須かつVPN接続は不安定になるので非推奨である。ただし、ブラウザ監視機能は他のブラウザにも何故か対応しているが、ブラウザ標準装備のフィッシング機能を有効にしていると、ブラウザがフィッシング行為をしていると間違えて暴れてしまう。そのためブラウザ側のフィッシング検知機能はオフにしないといけない。唯一の利点は他社製セキュリティソフトとの共存利用があげられているが・・・なお、3種が同時起動するとPersonalのみが勝ち残る仕組みになっており、その生存本能のポテンシャルをうかがわせている。2015年現在、SaAT Personalとしてリスタートしている。

SaAT Secure Starter[編集]

SaATシリーズで新しく増えた、モバイルデバイスでのオンラインバンキング利用時における安全性確保のための製品。ただし、Root権限やJailbreakを検知すると端末初期化を強要したり、テザリングをオフにしないと永久初期化ループに陥ったり・・・と余りnProtect時代と変わらない品質を発揮している[7]。日本国内における銀行での導入実績が多数見受けられるが、反面オンラインバンキングの不正送金被害は相当数に登っており、むしろ無意味なのでは?とささやかれている。もっと実績のないセキュリティ製品に顧客の現金を保護させようとする銀行側も銀行側ではないか?との指摘もある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本国内での販売とサポートは、GameGuardがテクノブラッド、その他の製品についてはネットムーブが行っている点からもよくわかる。
  2. ^ マルチプロセスのソフト、例を挙げるとGoogle Chromeなどである。
  3. ^ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0806/25/news083.html
  4. ^ JVNAF02FB4BおよびJVN_AF02FB4B_nProtectを参照のこと
  5. ^ http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20050408.html
  6. ^ http://web.nprotect.jp/one/kenshin_bank/
  7. ^ saat.netmove.co.jp/s-starter/shokochukin/support.html#faq01


この項目「NProtect」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)