Non-no

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Non-no」の項目を執筆しています。

Non-no(のんの)とは、週刊プレイボーイの読者が求めるような「男受けする女性」になるためのハウツー月刊誌である。2021年に創刊50周年を迎えた。

概要[編集]

元となる週刊プレイボーイ[1]は『平凡パンチ[2]』と同じく「性欲を持て余した、モテない男」をターゲットとした青年誌である。後年の『ホットドッグプレス』『BOM!』などが続く「モテない男にはエロとバカ話を与えれば良い」という路線を確立した雑誌だが、創刊から数年が経つと「モテるきっかけにはならない」「読んでいると女性に引かれる」という意見が出始めた。一方で完全な男性向けでは売り上げ自体も不安であり、そこから女性読者の獲得と彼女らの男性意識改革を求めて誌面の刷新が企画されたのである。

そんな中『an・an』が女性の性的嗜好をファッション化してヒットしたのを契機として、プレイボーイの一コーナーとしてではなく新しい本としてその企画は発展。「嫌よ嫌よ(non・no)も好きのうち」をテーマとして、当時斬新だった「若くてバカな男にモテ、取っ替え引っ替えして悦に入る為のファッション」を中心とする形でnon-noは産声を上げた。

内容[編集]

Non・no50.jpg

二十歳くらいの世に疎い女子をモテ優先の先進的な女性教育するのが初期のメインであり、プレイボーイ読者が求める軽い遊び相手育成を目指していた。その為現在でもメイク道具やインナーなどは高価なものよりお手軽プライスを推奨し、男慣れしていない読者でも取っつきやすい「基礎を押さえた分かりやすいテクニック」を紹介する事が多い。ただ余りギラギラすると若い女性は引いてしまう為、旬のタレントなどを表紙モデルに起用し爽やかイメージをアピールするのも特徴である。

その後男漁りを目的とした旅行特集を多く扱うようになり、1960年代まで根強くあった「女性の一人旅」へのマイナスイメージ[3]を払拭すると共にリゾラバ[4]ブームを巻き起こした。また観光地もそれまでは季節の団体旅行客が収益の中心だったが、このブーム以降は個人客へのサービスが重視されるようになっていく。観光業界そのものが女性客を意識する契機となったのは、non-noだと言っても過言ではない[要出典]

姉妹誌として、男性向けの『men'snon-no』やギャル向けの『ピンキー』なども展開。近年ではインターネットの普及から紙媒体による価値観の創出が難しくなったこともあり、シェアは落としつつあるもののnon-noモデルから出てきた女優やアイドルは今でも数多く、雑誌としての存在感は健在である。

脚注[編集]

  1. ^ アメリカの成人向け雑誌『PLAYBOY』と読みは同じだが無関係。また表記がカタカナである為商標権の侵害には当たらない。
  2. ^ 平凡社。
  3. ^ 傷心旅行や自殺をイメージさせる為、当時のテレビドラマでは「若い女の一人旅なんておかしい、何か犯罪絡みではないか」と警戒するシーンがよく見られた。
  4. ^ 旅先で作る、行きずりの関係を指す。一回限りで終わるワンナイトラブが多く、逆に「都会で再会したらイマイチだった」とされることも。

関連項目[編集]


この項目「Non-no」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)