Oh!FACOM

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「Oh!FACOM」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

Oh!FACOM(おーふぁこむ)は、日本ソフトバンクより1956年12月に創刊された、富士通コンピュータFACOMシリーズ(FACOM 100、FACOM 128等)向けのコンピュータ雑誌。

創刊当時は季刊だったが、1983年10月より隔月刊となり、1984年4月号より月刊化された。これはOh!FMの隔月刊・月刊化にあわせたものである。

来歴[編集]

富士通が初の商業コンピュータ・FACOM 128を発売した1956年に創刊された。創刊号の発行部数は5部。最盛期(1980年代末~1990年代始め頃)には5万部以上を発行していた。

オフコン・メインフレーム雑誌であるが、FM-7・FM-8発表当時はOh!FMが創刊されていなかったため、パソコンの話題もOh!FACOMに掲載されていた。

1990年にFACOMの商標名がFujitsuに変更された後も、雑誌名は変更されなかった。「Oh!FUJITSU」となると企業としての富士通について書かれた雑誌と誤解されるのを防ぐためといわれている。

1994年ごろ、休刊。

主な号[編集]

  • 1957年冬号(1956.12発売) - 創刊号
  • 1958年夏号(1958.06発売) - FACOM 128B特集
  • 1958年 - 発行部数10部を突破。
  • 1959年 - 発行部数20部を突破。
  • 1961年春号(1961.03発売) - FACOM 222/241特集
  • 1963年春号(1963.03発売) - FACOM 231特集
  • 1963年 - 発行部数100部を突破。
  • 1965年春号(1965.03発売) - FACOM 230-10特集
  • 1965年 - 発行部数300部を突破。
  • 1967年 - 発行部数500部を突破。
  • 1968年 - 発行部数700部を突破。
  • 1970年夏号(1970.06発売) - FACOM 230-15特集
  • 1971年 - 発行部数1000部を突破。
  • 1974年秋号(1974.09発売) - FACOM V0特集
  • 1975年冬号(1975.12発売) - FACOM M-190特集
  • 1977年春号(1977.03発売) - FACOM V特集
  • 1977年夏号(1977.06発売) - FACOM M-130/M-140/M-160S特集
  • 1981年夏号(1981.06発売) - FUJITSU MICRO 8特集
  • 1982年冬号(1982.12発売) - Oh!FM創刊。パソコンはOh!FMで、オフコンはOh!FACOMで扱うようになる。
  • 1983年夏号(1983.06発売) - FACOM S-3000特集
  • 1984年7月号 - FACOM K-200特集
  • 1987年6月号 - FACOM A特集
  • 1990年11月号 - FUJITSU M-1000特集。
  • 1994年ごろ - 休刊。

関連雑誌[編集]

  • Oh!FM(1982年~1991年)
  • Oh!FM TOWNS(1991年~1996年)
  • FMVファミリー(1996年~2000年)
    • 本誌の休刊を最後に、ソフトバンクとしてはOh!FACOMから44年続いた富士通専門誌を休止した。