PREY

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「Prey」の項目を執筆しています。

PREYとは松崎しげるが主役を演じることで一世を風靡した新感覚エロゲーである。 日本ではXBOX360で発売されている。アメリカではPCとXBOX360で発売されていたが性描写が引っかかって発禁になってしまった。

[編集] 概要

(たぶん)世界初となるエロゲーFPSらぶデスは何も撃ってないし。

プレイヤーはハーレム状態の松崎しげるとなり、恋人であるエニーシ(注:男)にツンデレされたり、幼馴染の女の子にチヤホヤされたり、そこに居た二人に迫られたり逆に襲ったりする。

しかもその後UFOに連れて行かれ、なんと宇宙人までもしげるを手に入れようと迫ってくる。宇宙人も非常に個性的で、上手く行けば出産シーンなんかもイリュージョンやTEATIMEもビックリな3Dで拝む事が出来る。

更にUFO内には幼女ショタも完備。幼女・ショタの癖に弾けたり貫かれたりと、「えっ、これ家庭用でやっていいんですか」と言いたくなるほど過激な内容となっております。オマケに幽霊なんかも居て、幽霊が居るからには生前のソイツが目の前で死んだりして、QMAで幽霊萌えに目覚めた方やネクロフィリアなどマニアックな嗜好をお持ちの方々にもお応えします。

因みにエニーシはしげるの目の前で貫かれ(当然初々しく血が出る)、幼馴染は史上最強のヤンデレとして後半に再登場する。

まぁそんな内容なんで、CEROは「D区分」にしています。でもこれは「Z」もしくは「発禁」だろ!とかなんとかPTAが騒いでいましたがそいつらは皆まとめて我等のスパイク様が禁則事項です

[編集] FPS部分

まぁオマケですよ。

大体は既存のFPSと一緒です。

壁や天井を歩けたり、重力を自在に操れたり、何回死んでもその場で復活できたり、幽体離脱して生身じゃ行けない所に行けたりするけどそんなのは取るに足らない些細な事ですよ。

あんまり細かい事を気にしているとハゲますよ?


※ここアンサイクロペディアですが、読み返してみたら本当のこと書いてたよ!多分。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語