pixiv

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「Pixiv」の記事を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Pixiv」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「Pixiv」の項目を執筆してくれています。
「自分より弱いヤツと比べて得た誇りなど所詮偽りよ。」
Pixiv について、ブッタ

pixiv(ピクシブ)とは、イラスト・マンガの投稿コミュニティである。

絵を投稿するだけであり、お絵描き掲示板のように絵を描くことはできない。

だが実態はニコニコ動画静画の支部であり、同人ゴロの巣窟でもある。って言うか便所の落書きそのまんまである。

概要[編集]

基本的にすでに完成済みのイラストを投稿して多くの人に見てもらう。イラストに、コメントを書いたり10点満点で投票したりと、評論家(笑)的なこともしたりする。ちなみにユーザーの間では、お気に入り・マイピクの数で評価点数が左右するという噂があり、かなり信憑性がある。線画は殴り書きで、バケツで塗り潰したような単色塗りと、中学生が描いたような手抜きシンプルな絵でも異様に評価されている作品がある。このことから、要するに評価点数の高さでその人のリア充度が分かる便利なツールである。画力が高くて、しかも人気シリーズの絵を描いているにもかかわらず、評価点数やブクマが思ったほど高くない人は要するに「僕は友達が少ない」ということである。リア充爆発しろ!

絵描き環境で絵の出来が左右するのは語らずとも明らか。なので、金に物を言わせて、Adobe Photoshop[1]Painter、廉価製品であるSAICLIP STUDIO PAINTなどの高機能ペイントソフトとペンタブを導入し、アニメーター泣かせの美麗な作品を投稿して数万点の評価をさらう者もいる。ちなみに頑張ればしぃペインターPixiaでも数100点さらえるようだ。

評価されている作品の検索用タグには、「ハイセンス」・「ふつくしい」・「なにこれすごい」・「10点じゃ足りない」・「あなたが神か」・「メイキング希望」などの賛美の言葉がいっぱい付けられるので、容易に判別可能。

数100点さらう近道として漫画もある。だが、漫画の場合、よっぽど面白いネタでなければ時間を損して終わりである。

ただ、そうした人気作品にはもれなく「1点様」と呼ばれる荒らし神様が御光臨なさるので注意が必要だ。

最近では、ボトルやシャーレの中に絵をつっこませる箱庭シャーレなどの、厨房が好きそうなオサレなイラストが流行っている。もちろん、それらの作品には、「なにこれすごい」・「10点じゃ足りない」・「ハイセンス」などの賞賛タグが付いてくる。

プロフィール欄の性別を「女性」にし、職業を「中学生」あるいは「高校生」としておけば、特定の人の目に付いて点数を稼ぎやすくなる。「大学生」でもイケない事は無いが、その場合前者よりも、レベルの高くてオサレな絵を投稿する必要がある。ただし、これらの方法を行って、同人イベントやオフ会とかリアルで誰かと会うことになった場合、いかなることが起ころうともアンサイクロペディアは一切保障しません。

また、自分の作品の制作過程や描写テクニックを解説したイラストを投稿することで、「メイキング」・「講座」を行うこともでき、先生気取りすることも可能。

なお、誰も気にしないことであるが、正しい表記は「Pixiv」ではなくてオール小文字の「pixiv」である。

ユーザー[編集]

ユーザーは下手の横好き、萌え豚に媚びる底辺絵師(笑)、馴れ合い好きの腐女子、ニコ厨、中二病患者、同人ゴロなどがおり、さらには神いわゆるゴッド(本業の漫画家イラストレーターアニメーターも投稿している。

上記の人達の絵を見たいがためにユーザー登録をするも、全く絵を描けない投稿しないROM専DOM専が大勢紛れている。pixivユーザーの9割くらいはこいつらばっかりなので、実際のメインユーザーはROM専&DOM専である。ROM専の中には、ノートに適当に書いた文字通りの「落書き」や、その辺の風景を撮影した画像、ゲームのプレイ画面のキャプチャに手芸作品など、もはや絵ですらないものを投稿して、アーティスト気取りをする者もいるが、傍から見るとただ痛々しいだけである。

大して人気もないユーザーは、毎回pixivを開くたびにこのくらいソワソワしている。

pixivのユーザーページは上部にメールマークとウサギちゃんマークがあり、メッセージがあるとメールマークの下に、それ以外の情報[2]が来るとウサギちゃんの片耳が上がり数字が表示される。

pixiv絵師のカースト階層の最下層であり、3人に1人はいるとされる奈落底辺[3]にとって、こういったことが起こるのはめったにない。彼らは番号が1つでもあれば狂喜乱舞し、5や6もあれば失神しかねない。彼らはウサギちゃん同様に極度のさみしがり屋なのである。

奈落底辺の中には、底辺同士でpixivでグループを作ったり2chとかで馴れ合い、お互いに点数を入れ合うことで高評価を稼ごうと、涙ぐましい努力を行う連中もいる。しかし、そういう努力は惜しまないのに、画力自体を上げようとは全く考えない辺りが、アレなのかもしれない。

概要にもあるが、評価点数やブクマを稼ぐには、被お気に入り数やマイピク数を増やすことが必須である。つまり、絵を見てもらう人がいなければ評価されようがないのである。そのため、一部のユーザーには、下手の横好きからROM専に至るまで無差別にフォローしまくり、相手にフォロー返ししてもらうことで、それらを稼ごうとする者がいる。こういう、彼らの行為のことを「営業」と呼ぶ。この「営業」は、ニコ静やTwitter等、他のSNSでも連動して行うことで、より効果的に稼ぐことができる…はず。

ユーザーの多くは宗教的理由により、「ヘタクソ死ね」・「二度と描くな」などと罵ることはまずない。むろん、一流絵師に対しても果敢に批評を行ったり、自分が一流絵師と同じ立ち位置にいるかのように振る舞うなど、アレなユーザーもいる。また、作品に対する感想をコメント欄でなく、目立つ場所にあるタグ欄に付けるKYもいる。ちなみに投稿者自らが賞賛タグを付けて周りから評価されているかのように振る舞うことがあるが、投稿者が付けたタグには頭に「*」が付くので、自演しているのが周りにバレバレである。

性別ではだいたい女性が6割を占めているらしく、その中でも特に腐っている人の割合が高いと思われる。そのためか、検索欄に作品名を入れて検索すると真っ先に男同士のアッー!なイラストが出てくる確率が高い。プリキュアなど女性がメインとなる作品では『キマシ塔』が散見される。

特に小学生以下の小さなお子様は可愛いポケモンの絵が見たいからといって『ポケモン』って検索したり、他にも『イナズマイレブン』、『忍たま乱太郎』って検索すると大変なことになる。その最中にお母さんがやってきたらもっと大変なことになるから、pixivを見るときはお母さんが買い物に出かけている時にしよう。てか、よい子の成長に悪影響を与える可能性が高いから入らない方がいいと思うけど。

かまってちゃんが多いのも特徴。明らかに本気で描いた超絶美麗絵に、「落書き」と自己タグを付けて投稿し、周りに「そんなことないですよ!」とのコメントを貰ってほくそ笑むパターンや、消す気も無いのに「あとで消します」との自己タグで投稿し、「消さないで~><」とのコメントを貰ってご満悦になり、「やっぱりみんなが悲しむので消すのやめます^^」と、キャプションに追記してニヤニヤしたりする事例などがある。死ねばいいのに

自らの技量を磨いて高みを望みたいとか、商業デビュー志望(通称:ワナビ)などの、「いい恰好」をとるだけの意識高い系な人達もいる。言うなれば、前述のかまってちゃんの上位版である。彼らは根性なしため集中力が切れやすく、色塗りや線画を書くのを途中で投げ出し、その残骸を「落書きまとめ」[4]や「塗って下さい」(線画だけ)としてやたら投稿しているのも特徴である。本人は落書きと言いながらも自信満々で投稿しているが、実際はガチで落書きレベルである。また、やたら講座やメイキングを載せたがるが、それらは既に他の人(格上絵師)がやっている内容の劣化版である。なお、プロフィール欄に「仲良くして下さい!」とか「色んな人と知り合いたいです!」と友好的な文章を書く者がいるが、彼らが仲良くしたいのは自分より格上の絵描きであり、自分と同レベル以下の下手糞とは馴れ合う気がないことを留意されたし[5]

同人ゴロも多く潜伏しており、同人イベントで出版予定の原稿や、過去のコピー本などの黒歴史が見れたりする。また、pixivを宣伝の場として考えているユーザーも多く、薄い本や商業漫画のサンプルを上げたりしている。同人イベントが近づくと、「冬コミ表紙」とか「新刊サンプル」を上げるため、新刊の情報が迅速。何年も自分のサイトやブログは放置するくせに、pixivではちゃんと更新するユーザーも案外多いので、お目当ての作家さんの活動を知りたければ、彼らのアカウントをこまめにチェックするとよい。

ハローワークとして[編集]

pixivにはハローワークとしての機能もあったりする。

pixivユーザーの中には、楽してお絵描きのお仕事をしたいニート人も多く、自身の作品を投稿することで企業側へPRの場として利用していることもある。仕事を募集したい場合、プロフィール欄に「お仕事募集中です☆」などと書いて、意思表示をしなければならない。

pixivには安い給料で働いてくれるプロ並の画力を持つ絵師を探している企業の社員がROM専として紛れている。もし、企業側が条件に合う絵師を探し当て、お互いの利害が一致したら雇用成立となる。

実際にpixivで投稿していたことがきっかけで商業デビューする人が結構おり、底辺絵師から羨望の眼差しで見られている。ただし、pixivで人気があると言って、商業でも人気が出るとは限らない[6]。その一方で、合同誌のゲスト依頼程度で「仕事を貰った」と言い張る輩もいる。

むろん、両者の数は、ユーザー>企業なので、仕事を貰える可能性は、ベリーハードである。正直、本当に働きたければ、現実のハロワへ行くことを大いにオススメする。

ぶっちゃけ、仕事を募集しているユーザー[7]の殆どはあまり絵が上手ではな粛清されました

イベント・企画[編集]

主なイベント、企画としては明らかに塗るのが面倒臭くなったなどの理由で色塗りを放棄し、線画のみを投稿して「塗ってもいいのよ」タグを付けて、他ユーザーに塗らす不届き極まりないイベントが流行。イラストにパンツがあると、白パン縞パンドロワーズなど色々分かれる。

また、版権キャラに告白されたら…とか、とある服を着せたりとか、版権の二次創作企画を立ち上げたりする。かつては東方でウンザリするくらい、よく行われていた。

これは完全にユーザーの趣味が分かるマジック。

公式では、チーム対抗お絵かきバトルがある。テーマ別に絵を描いて投稿し、交流を主としたりする。勝敗があるのかは不明。たぶん自己満だろう。

近年では、絵とは関わりがなかった一般企業が、自社製品をイメージしたイラストを描いてもらうよう、コンテストを開催することが増えてきた。開催期間中は、仕事が欲しいニート絵師が自分を売り込もうと殺気立って絵を描くようになる。

ピクシブ百科事典[編集]

Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ピクシブ百科事典」の記事を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ピクシブ百科事典」の項目を執筆してくれています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ピクシブ百科事典」の項目を執筆しています。

最初は「pixpedia」と言う名称だった。当然、これのパクリ臭いので、すぐに今の名称に変えた。

簡単に言えば劣化ニコニコ大百科である。だが、ニコニコ大百科と違ってこちらはプレミアム会員でなくても自由に新規記事作成や編集ができるので、編集者の多くは(「大百科」の編集資格がない)ニコニコ動画の一般会員と思われる。

しかし、そのせいか存在する記事や内容は、ニコニコ大百科よりも数段くだらないものが多い。特にキャラ同士のカップリング関連(男×男女×女も含めて)の記事や中の人外の人繋がりの記事はこれでもかというほど充実している。また、定義に対して「そっちかい!」と思わず突っ込みを入れたくなる記事[8]や、一枚もタグとして付けられたことがない不人気・空気なタグ、あるいはニコニコ大百科や頭の固い百科事典、中には我々のアンサイクロペディアからもそのままコピペしたような記事(ひどい場合はそれ以下の最早説明にすらなっていない、アンサイどころかウィキペディアでも即時削除されそうな一行記事[9])も多数存在。

さらには連載中・本放送中の作品の記事には一定の速報厨が張り付いており、放映終了直後に記事の内容が光の速さで更新される[10]のはもちろんの事、とある漫画やアニメのキャラがとある話で何かネタになるようなことやらかすと「○○ショック[11]」などの記事を即行作る。

また標準装備されている検索機能使えなさ精度の悪さはもはやネタと言っても過言ではないレベル。どうしてもpixiv側にある個々のイラストに付けられる「タグ」が優先されるためか、いつまで経っても検索した記事が直接表示されない、百科事典内に記事が存在するにも関わらず、検索した記事だけが引っかからないとかいうのはお約束の範疇。一般的な熟語や単語はまず出てこないと言っても過言ではない。さらには記事名は正式名称ではなく通称や略称が優先される傾向が強く[12]、Wikipediaはじめ数々のMediaWikiサイトを渡り歩いてきたユーザーは検索で戸惑ってしまうこともしばしば。

本家同様、定期的に湧く自治厨の働きもさることながら、絵もろくに描けないROM専とDOM専が自己顕示欲丸出しに、ここぞとばかりにイラスト不在の記事[13]を作りまくり、今日も新たな記事が無駄に増え続け、挙句2chのピクペディアスレなんかで喧々囂々の罵り合いが続いているなど、もはや無法地帯と化している。また、自治厨は自治厨で公開グループ等で管理人面した連中が連合し、更には気に入らないユーザーをレッテル貼りをして「批判を受けたユーザー一覧」に掲載して吊るしあげる等の悪行も行っている。自身がそれに載せられた時は速攻で編集している。一日中貼りついている故にできる事である。

R-18[編集]

危険 危険: この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。見つかった場合の責任は一切負いません。

pixivのトップページを注意深く見てみると、右上端のピクシブ通信の下に小さくR-18のアイコンがある。この存在に気づいた数少ない勇者のみが味わえるR-18指定イラストこそがpixivの肝であり、無修正でなければ削除されないという規制の甘さをいいことに、数多くのpixiv職人による成人向け漫画誌並の過激さのイラストが掲載されている。ところがどっこい、無修正なのに削除されないという頭を抱えそうな禁じ手も横行しており、頭の悪い作家が頭の悪い信者を獲得しつづけるという深淵も垣間見れる。

そして、検索欄に「R-18G」と入力するとグロテスクな絵が表示されるようになり、作者の狂気を垣間見ることができる。ただ、「R-18」の場合でもクオリティがひど過ぎたり、あまりに前衛的なものだと、かえって気分を害する場合がある。また、とあるキャラの美しいエロ絵を観ようとR-18検索したら、あまりにもぴーな作品ばかりが投稿されていて、トラウマになる事例もある[14]

ちなみに、R-18指定イラストか否かの基準は、週刊少年ジャンプ本誌に掲載する事のできるイラストであるか否かである。

また、工房の分際で、平気でR-18絵を投稿して周りに自慢するマセガキもいる。そういう、ユーザーに対して、スケベな絵が観たいために注意するユーザーは圧倒的に少なく、むしろ賞賛の声を送られることが多い。ちなみに未成年だとしても、年齢設定を18歳以上に弄ればR-18絵を投稿できるため、自分の身分を暴露して周りに通報されない限りは、運営側からのペナルティがないため、やりたい放題である。

著名なユーザー[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

評価をもらいやすいジャンル[編集]

評価点やブクマが欲しくて絵心の魂を売っても構わない人は、黙って以下のジャンルの絵と漫画でも描いとけっ!

脚注[編集]

  1. ^ あくまでもフラッグシップの「CS」シリーズ。「Elements」や「CC」では力不足とされる。
  2. ^ 作品にブクマ、コメントされる、一定以上の点数を獲得する、タグを付けられる、フォローされる、イメレス依頼を受けるなど。
  3. ^ 要するに評価点で100点も取れないようなアレな腕前を持つ人達のことである。
  4. ^ 近年はTwitterなどに上げていた落書きをまとめた「ツイピクまとめ」が多く投稿されている。
  5. ^ 当然、ROM専やDOM専などは論外である。
  6. ^ 例:マサオ
  7. ^ 特に職業欄で「クリエーター系」あるいは「アーティスト」を自称する人達。
  8. ^ 冒頭に曖昧さ回避の節があればまだ親切なのだが、世間的には一般名詞として知られている”A”が、「”A”はアニメorゲーム作品のキャラクター名である」などと断言された上で、ほぼネタバレに近い内容が書かれているケース。数が多くて追いきれないので具体例は割愛。
  9. ^ こちらで言うところのリダイレクト機能の代わりとして存在する転送記事は除く。
  10. ^ 日曜は特に顕著。未放映、またはフィルムネットの地域へのネタバレ配慮は一切存在しないらしい。
  11. ^ 当たり前だがショックを受けているのは、そのキャラの一部のファン(って言うか記事作成者)だけである。
  12. ^ 鉄道車両は形式のみ、自動車はメーカー名なし、大相撲力士の四股名は一般で言う「姓」の部分のみ、動植物はカタカナではなく漢字表記に本文が書かれているといった具合。
  13. ^ 最もたちが悪いのが百科事典辞典を混同して一行記事を乱造しまくるバカユーザー。頼むから運営に「pixionary」でも作ってもらえとあれほど以下略
  14. ^ いいか、絶対に「ベル○ンディ R-18」で検索するなよ!
  15. ^ ROM専ができる唯一の貢献?として、もし百科事典の記事に「コラボネタ」などの節がある場合、「○○と××のコラボは未確認」(もちろん事前確認は必要)などと入れておくと、運がよければ絵師さんの目に留まることがある・・・かもよ?

外部リンク[編集]


この項目「Pixiv」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)