Simutrans

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Simutrans」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「Simutrans」の項目を執筆してくれています。
Simutransのロゴ
「乱開発をせずしてSimutransは語れない!」
Simutrans について、ニコ厨
「これはマゾヒストの命だ!」
Simutrans について、あるマゾヒスト
「見ろ!ビルがゴミのようだ!」
Simutrans について、ムスカ
「ソビエトロシアでは、町があなたを乱開発する!」
Simutrans について、ロシア的倒置法

Simutrans(スィムトゥルァンス)は、乱開発の重要性を訴えるNGO団体である。しかしその会員の中の裏切り者はこれをフリーの経営シミュレーションだと主張している。会員数は50億人を超すとみられ、地球から宇宙の果てまで乱開発し続けている。会員の多くはとあるマゾヒスト集団にも所属しているといわれている。


概要[編集]

ある会員の乱開発

この団体に入るとまず町の全面決定権を与えられる。この時点では仮入会の扱いになり、町を発展させ儲かると正式に入会できるというシステムになっている。しかし儲かるためには乱開発がほぼ必須条件であり、乱開発をせずしてSimutransは語れない!という有名なニコ厨の発言が世界的にも有名である。乱開発はいたって簡単。団体に入るとすると、公共事業とうたい、無条件で人口をあげてしまえるシステムが付いているのである。そして人口が増えると同時に自分の思う通りに縦横無尽に交通網を敷き、乱開発を進める。気がつくと自分はSimutransの会員であり、乱開発をしないではいられなくなっている。なお、団体に入る方法は後述。


乱開発を推奨するにあたっての目標は団体側はノーコメントとしているが、一部の裏切りmお察し下さいつまり、えーと、世の中のことを考えている素晴らしい人から情報が漏れているらしく、アンサイクロペディアがつかんだところによると、世界総人口を1兆人にすることを目的としている、町がどんどん発展するのを見てにやにやして楽しんでいる等の情報がある。

また、有料会員・無料会員の身分格差はないが、会員の種類はいくつかある。詳しくは後述。

Simutransの主張する"乱開発の重要性" ~アンサイクロペディア特捜班が迫る~[編集]

Simutransに取材を申し込んだところ、匿名での取材に応じた。この取材では会長と名乗る人物とインタビューする事ができた。

なぜ乱開発は素晴らしいのか。(特捜班)
乱開発で人口が増え、素晴らしい世の中になる。(Simutrans会長)
食糧問題などもありますが・・・・
食糧問題?何それ?おいしいの?
税金の無駄遣いという声も聞かれますが。
破産すれば問題ない。
Simutransに対抗している団体もありますが。
乱開発で人口が増えると、労働力が増える。そして・・・
経済が活発になると。
というか、Simutransに勤める人が増え、Simutransの力がupして、俺の財産が増える!これほど素晴らしいことはない。なぜならば・・・

次第に殺気を感じてきた特捜班は、逃げ出しました。続きを知りたい方は特捜班を再結成して取材交渉してください。

なおこの貴重な会話を録音したテープレコーダーは洪水で流された。また、この取材で社長はニコ厨であることが発覚した。

また、NGO団体は、非営利であるはずだが、Simutrans会長は財産を殖やすことを目的としており、一部の人から抗議があったが、Simutransの側は、「非営利で乱開発を行い、それを会長が経営している鉄道路線から運賃を取る。この際、旅客運賃は格安にしてあげているんだから、NGOじゃないか」といい、事実上その意見を黙殺している。

他に、この取材の事をとあるSimutrans会員に話したところ、「食糧問題はない」と言われた。なぜなら、乱開発するときに一緒に穀物畑とかそういうものを作ってしまえばいいからだという事だ。さすがSimutransに入っている人だ。思考が違う。

Simutransの会員になるには[編集]

まず下のどちらかの動画を見よう。 途中で何度かビルに突っ込んでいるが、これはハイジャックされているという説がある。しかし、Simutransの側はこれを否定し、乱開発によって新しい技術が発明されたのだと主張している。

他に、同じ人の動画だが、上よりも乱開発度が増している。また高所恐怖症の人は見ないことをおすすめする。 列車が空を飛んでおり、これは世界が変わる出来事である。Simutransは、乱開発をするとこのようにいいことがある、と語っているが、本当にいいことなのかは分からない。なおこの2つの動画はニコニコ動画上でシリーズ動画がアップされている。

動画を見た上で会員になりたかったら、まず主要ターミナル駅(乱開発されていることが条件)に行く。そして「Simutransやりたい!」というと、仮入会の手続きが自動で行われるだろう。しかし、それを行うと周りの人から危険人物扱いされる危険があるので、できれば人目の着かない時間帯にやるのがよいだろう。その代わり、怖い顔した人が近づいてきてもアンサイクロペディアは責任を負いません。ほかに、後述するSimutransウェブサイトからも会員登録ができる。というかそっちから登録する事をお勧めする。

Simutransのウェブサイト[編集]

Simutransのトップページ

このウェブサイトは、2ちゃんねるのスレでSimutransの加盟者たちが話し合って作られたものであるとされている。このスレは現在もつづいていて、ここである(2010年11月現在)が、初心者の人たちがうっとうしいという理由で、時々アドレスが変わる。しかしプロでも気づかないときがあるので、一応ウェブサイトに最新へのリンクが張ってある。でも初心者は気づかない。

またこのウェブサイトでは前述したようにインターネットから会員登録できる便利なシステムが導入されている。こうしてみると、一見初心者に優しいかのような錯覚を覚えるが、そんな事はない。このウェブサイトにあるどのリンクのページから登録しようとしても必ず英語のページへ飛ばされる。よって、

English-0 このユーザーは全然英語を理解できません。

という人はここから登録するとよい。 その上このウェブサイトは、必要な情報がいろいろなところに書いてあり、訳が分からなくなっている。サイトマップもない。たまにプロでも迷うらしい。 え?アンサイクロペディアも同じ?それを言ったら検閲により削除よ?。でもカテゴリ機能がある分ましだよ。


また、Googleで「Simutrans」と検索すると当然だがこのウェブサイトが一番上に出てくる。その次に「Simutrans - アンサイクロペディア」である。

アドオン[編集]

Simutransの会員になったばかりの時は、自社の工場で製造できる車両は限られている。また、駅・線路・道路なども建設できるものが限られている。これでは思うように乱開発できない!

そこで登場するのがアドオンである。アドオンは、前述したウェブサイトからダウンロードすることができ、様々な種類のものがある。好きなものを使うとよいだろう。このアドオンというのは、車両なら車両、駅なら駅の作り方が入ったデータであると考えればよい。(本当はもっと違うらしいのだが、書いた人はそこまでしか理解できなかった。理解できる人はごく一部らしい。)また、アドオンは公式ウェブサイトだけでなく、各地のブログ・個人のホームページ等でも配布されているので、検索してみるのもよいだろう。しかし、この世にいる一部の人種は、それでも「ほしいアドオンがない!」という。

そんなときのために、アドオンは自作することができる。というか、現在ウェブサイトにあるアドオンは、会員が作成したもので、それをSimutrans本部に寄付してくれたものである。なお、作り方については、ウェブサイトに書いてある。とはいっても、非常にわかりにくいが。

Simutransの種類[編集]

Simutransの会員は数種類あり、おもにpak64,pak128などがある。しかし別に大差はない。よく見ると開発した町の表示される大きさが違うが、そんなことは誰も気にしない。なぜ何種類もの会員を用意しているかをSimutrans副会長に聞くと、「悪いか!」と言われた。しかしアンサイクロペディア特捜班が前述のインタビューの事前調査を行ったときに、これはSimutrans元会長のPCのスペックが高すぎて、開発した町をPCで見るときに小さすぎると文句を言ったため、高スペックPC用の特別バージョンとして表示が拡大されたものを作り、それを一般会員にも公開したからだという噂があることが分かった。真相は調べてきて下さい。

会員の実態[編集]

それでは、会員はどのようにSimutransを楽しんでいるか。たとえば、ただただプレイするだけの人がいる。でも、それだけではおもしろくない。
ブログこの利用者はブログなんぞにウツツを抜かしてやがりますです。
な人(→)や、
Nicovideo logo.gifこのユーザーはニコニコ動画を使用しているそうです。
(→)
Pic youtubelogo 123x63.gifこのユーザーはYouTubeを使用しているそうです。
(→)等をしている人がいる。アドオン作りばかりをしている人もいる。2ちゃんねるでのんびりしている人もいる。人それぞれの楽しみ方があるのがSimutransのいいところだ。さぁ、これを見た君もSimutransを始めよう!

またSimutransは実際の町を乱開発するのであるが、乱開発する前に町の様子を見るなどすることが必要である。このためにヘリをチャーターしてもいいのだが、多くの人はそんな金はない。お金のあるものはそのように乱開発しているものもいるが、そうもいかない。 そこで、Simutrans幹部は「Simutrans-Viewer」というソフトを開発した。多くの会員はこのソフトで町の様子を見ている。しかしこのソフトには欠点があり、乱開発を長く続け、列車やバスが多く走るようになってくると、よく応答なしになるということだ。まるでアンサイクロぺディアのサーバーのようだが、これは仕方のないことだという。今以上を求めるのは不可能である。

また乱開発する「場所」も人それぞれである。普通、町を乱開発するのだが、何もないところから自分で町を作る人もいるし、この記事のカテゴリ欄を乱開発するやつもいるし、Wikipediaの「Simutrans」を乱開発しようとして残念なことになってしまったやつもいる。

対戦[編集]

だが、Simutransの会員は他人の開発を見ることがあまりできないので、欲求不満に陥っていた。動画を見たり、ウェブサイトに上がっているセーブデータを開くなどしても、なかなかその欲求不満は解消できない。ていうか他の人と一緒に開発したい。そこで、データをアップローダにアップして回すことによる対戦を行ってきた。でもやっぱり、リアルタイムでやりたいなぁ…。無理なのは分かってるけど…。

しかし、2010年11月末、驚くべきことに、一部会員向けのアップデートにより、ネット回線を利用したリアルタイム対戦機能が追加されたのだ。実際に12月からネットゲームが開始された。その後2011年2月に全会員向けアップデートが行われたが、これにもネットゲーム機能が付いていたのだ。よし、ネットゲームやってこよう!

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中でNetSimutransをしに行ってしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

エクストリーム・Simutrans[編集]

Simutransはこれだけ一生懸命に乱開発しているのに、現実世界ではあまり乱開発が進んでいない。東急田園都市線のようなところもあるが、それはごく一部である上、Simutransの開発によるものではない。そこで、Simutransの会員の一部が、「これは現実ではない、仮想なんだ!」と言い出した。そこから始まったのが、エクストリームスポーツである「エクストリーム・Simutrans」である。この競技はSimutransと同じように現実世界を乱開発する競技であり、参加は自由となっているが、現実的に参加できるのは企業の幹部などごく一部である。だって一般人にはそれだけのお金がないもの。

ルール

  • とにかく乱開発
  • ただただ乱開発
  • さらに乱開発
  • どんどん乱開発
  • とことん乱開発
  • やたらめったら乱開発
  • その結果、東京地下鉄東西線のように交通機関が混雑して利用客から苦情が来た数によって勝敗が決まる。

なお、これはエクストリーム・謝罪のための手段としても使われた。

現在、この競技に参加しているのは、東急電鉄と、ここ等であるが、まだあまり多くない。しかし今後もっと参加者は増えると予想されているし、増やすべきだ。

表記の揺れ[編集]

Simutransは、「Simutrans」、「スィムトゥルァンス」が正しい表記だとされている。しかし、中にはこの団体に入ろうとして以下のように検索をかけてしまう人がいる。

  • 「simutrans」…これについては、検索エンジンの頭の良さにより何とかなることが多い。違いが分からない人もいるかもしれない。そんな人はよく見てみよう。
  • 「Simutrans」…執筆者はこのような表記をとてもいやがるが、普通の人は全然気づかない。これも検索エンジンの頭の良さにより何とかなることが多い。
  • 「シムトランス」…これについては、どうしようもない。Google先生の場合に限り、「もしかして:Simutrans」と出てくる。Google先生、すごーい!
  • 「Simtrans」…これも、どうしようもない。やっぱりGoogle先生は大丈夫。また、ウェブサイトのQ&Aページでは、「Simtrans」に対しては、解説があるが、その中に「Simtrans」と書かれた場所はない。「Simutrans」と書かれているだけだ。つまり検索しても出てこないという事。なぜ「Simtrans」と書かないかというと、
  • 「しmtらんs」「しむtらんs」…これについては、どうしようもない。Google先生の場合に限り、「もしかして:Simutrans」と出てくる。Google先生、すごーい!
  • 他にも呼び方があるそうだが、それは頭の固い人しか分からないらしい。聞いてみてもいいけど、こうなっても知らないよ。[要出典]

関連項目[編集]

え、えーと…この項目って本当にSimutransであってたっけ?Simtransとかシムトランスとかじゃないよね?
ちょ、ちょっとぉ! シカトしてないで教えてよ! (Portal:スタブ)