TRANS-AM

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
トランザム状態のスリッパは通常の3倍どころではない高値で取引される。これでも安い方だ。

TRANS-AM(トランザム)とは、木星の作ったGNドライヴというエンジンの特殊システム。このエンジンは地球が作ると「擬似GNドライヴ」とパチモン扱いされ、これを搭載したガンダムは、GNドライヴのガンダム「お前ガンダムじゃねぇからー!」と駆逐されかけるなどの熾烈ないじめを受ける。

稀に生身の人間でも使えるものがいる。赤く光ってすばやく動く人がそれだ。

概要[編集]

本来は、「GN粒子というハッピーターンの粉を大量に放出し、機体の性能を三倍にする」という物。発動すると性欲も無駄に高まり、機体もパイロットも真っ赤に燃える

ちなみにGNドライヴが無くてもシャアを搭載した赤い機体ならトランザムできる。

極めると大変な事になる。(後述)

結構なチート性能を誇る事はもはや常識。敵は涙目で特攻するしかない。

しかし起動操作がボタンを3つ押すだけという片手間で出来るものであることが機動戦士ガンダムOOの中で公開された。

トランザムのもたらすもの[編集]

性能アップ[編集]

上記の通り、通常の三倍のスペックを叩き出すようになる。パイロットのテンションも三倍になる。

量子化[編集]

トランザムの極み第1弾。

性能が化け物になったばかりか、敵の攻撃に当たるとパイロットごと機体がハッピーターンの粉と化し、完全に回避するのである。

もうこれで避けられた敵は「マジかよ!」と叫んで反撃をくらい撃墜されるしかない。

様々なゲームでも量子化は猛威を振るっており、OOのとある機体を外道キャラに至らしめている。しかもOO劇中でもこの量子化は敵の後ろに回りこむ、敵が目を逸らした隙に粉になって不意打ちをしかける、「当たってないけど~?」と敵をおちょくるなど、敵を弄ぶ時にのみ使用されている。外道好み一直線のシステムである。

強制脱衣[編集]

トランザムの極み第2弾。

トランザムの光を浴びたものは、男女問わず生まれたまんまの姿を地上波で晒されることになる。例え日曜日の6時枠でも。

これによりグラハム・エーカー刹那・F・セイエイは裸で色々エロエロと……。

トランザムバースト[編集]

トランザムバーストで親友の心を読んだ少年。

トランザムの極み第3弾。

名前的に必殺技かと思いきや、一気に色んな人間の心を読むというトンデモ超能力だった。

近くにいる人間は全て巻き込み、ついでに強制脱衣効果もついてくる、身も心もプライバシーを侵害される恐ろしく迷惑な技。

地上波には不適切。

トランザムライザー[編集]

ただのドッキリ用ビームサーベル。サーベルなので当然ある程度振り回せる。ただのビームだと思っていると、をもってドッキリのネタバラシを垣間見ることになる。

ドッキリ被害者=死亡者。

せっちゃん、実はドジッ子だからつい加減を忘れて葬っちゃうのだ

トランザム野郎の撃つビームは5回は避ける気構えで戦おう。

擬似GNドライヴのトランザム[編集]

本来擬似GNドライヴはトランザムできない。

でもポニーテールメガネのビリーがどうにかしてくれた。

おかげでガガというトランザム状態で特攻してくる迷惑兵器が誕生してしまう。

トランザムが禁じられている者[編集]

「俺はガンダムにはなれないのか…」「大丈夫よ、ビリーがどうにかしてくれるわ」
  • 青過ぎる

トランザムしたらおそらく毒ガエルみたいな色になってしまうだろう。ただでさえ不気味なのだからやめてくれ。

まずはビリーに肌の色を変えてもらおう。

関連項目[編集]


段ボールロボ.jpg この「TRANS-AM」は、まだ個性無き陸戦型ガンダムです。ガンダムEz8にするべく、戦争を経験させる必要があります。 (Portal:スタブ)