TYPE-MOON

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

TYPE-MOONとは、を拠点に活動している同人サークルである。

概要[編集]

複数人の、いわゆる宇宙人によって構成される地球外サークルであり、地球においては正式に活動していない。

一方、クオリティの高い小説漫画ゲームなどを製作していることでも知られており、代表作であるゲーム「月姫」の海賊版が1999年ごろ日本語化されたことによって、日本においてもTYPE-MOONの知名度を上げる要因となった。(なおこの海賊版は中国語版からの翻訳であり、中国語における名称である型月という名前が日本においても一部で使用されている)

ただし現在は、有限会社ノーツの傘下のゲームブランドという体裁を取っており、日本語版においては月でのオリジナル版と同様のサポートが受けられるほか、一部の同人ショップなどでの委託販売が行われている。世界各国においてもおおむね同様である[要出典]

製作するゲームの特徴として「シナリオが重い」ということが挙げられる。しかしこれは地球において計測したものであり、月面上で計測するとシナリオがおよそ6倍軽くなるのではないかという声もある。

歴史[編集]

サークルの発足時期は明らかではないが、発足初期の頃から月のコミックマーケットにサークル参加していた痕跡が残っている。どのコミックマーケットに参加していたのかは明らかではないが、月の海の1つである晴の海の付近におけるものであるという説が有力視されている。

公式から発表されている)最初の作品である「月姫」のオリジナル版がいつ製作・データが地球に流出されたのかについても定かではないが、おそらく晴の海において行われていたコミックマーケットが、地球上からでも観測可能である有り明けの海に移転したころではないかと推測されている。

コピーゲーム流通の事情に対応するため、2004年に月のTYPE-MOONが地球上に複数の製作・翻訳本部を設置。これ以降の流通作品は同人作品(の海賊版)ではなく、商業作品となる。また、同人時代の作品もリメイクしている。しかし、月ではこれら商業団体とは別に、サークルとしての同人活動を継続している[要出典]

2017年現在では、これらの作品がアニメ化映画化実写化派生作品がアニメ化されるなど、多彩な展開がされている。なお、これらの活動は日本語版を中心に行われているという情報もあるが、月の言語版が最初に製作されているであろうことは言うまでもない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「TYPE-MOON」の項目を執筆しています。