TikTok

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「TikTok」の項目を執筆しています。

TikTok(ティックトック、中: 抖音短视频、抖音)とは、中国のByteDance社が開発運営している、多くの若いタレントお笑いダンスの日々の練習の成果を発表したり、新しいネタを披露したりする、新しい形のネタを集めているモバイル向けショートお笑いバラエティービデオのプラットホームである。

概要[編集]

TikTokには多数の若いタレントがおり、その人々による日々のネタ動画やダンス動画、またたまたまとらえられた衝撃映像の投稿によって成り立っている。再生数がすさまじいことになっている動画が多く、100億再生の動画もざらである。その性質を利用して日本ではしばしば政治家によるネタ動画風宣伝に使われることもあり、新型コロナウイルスが流行した際には、その拡大を防ぐべく積極的に活用する地方自治体も出た。

2020年5月19日には、CEOにネズミーランドの動画配信事業のトップが就任することが発表され、今後は多くの若いタレントが集まっているという利点を生かして、キャスト募集の場としての機能を追加して、ブラックな待遇によりキャストが集まりにくくなっている状況を打破するものとみられている。

特徴[編集]

動画の長さが短い
このアプリはニコニコ動画Youtube等とは異なって、一つ一つの動画が非常に短い時間の物となっている。というのも、このアプリでは撮影時間が最大60秒であり、これはタレントであるからには、たとえ短い尺でも多くの人を魅了させることができるようにならなければいけないというメッセージが込められており、TikTokを利用し始めた見習いタレントに短い尺で観客に笑いを与えたり、魅了させる技術を習得することを促すようにするためである。見習いタレントはしばらくの間は15秒しか撮影できず、短い尺で観客を笑わせたり魅了させることに苦労することとなり多くの見習いタレントはここで挫折し姿を消すこととなり、そこでの活動は自分の中の黒歴史として封印することとなるが[要出典]、慣れたころになると15秒の尺でも人々を魅了させることができるようになり、上記の試練を乗り越えた見習いタレントには当然「もっと長い時間あの子のネタをを見たい!」というファンも出てくるので、もっとネタを披露させるべく最大撮影時間が少し長めのCMと同じぐらいの長さである60秒になる。ここまで来れたらもう立派なタレントである。
若い世代が多い
TikTokはスマホアプリであるので、必然的にスマホの扱い方がプロであることが多い若い人でなければ使い切れない。年配の人が使おうとしても、大抵は使いこなせないのである。使いこなせるとしたら、せいぜいTikTokをプロパガンダに使う政治家ぐらいである。若い世代が多い理由として他に、学校お友達みんながやっていてそれに乗り遅れたく無かったり、誘われてタレントの道に足を踏み入れたJCJKが多いことがあげられる。またJKは流行りものに弱い[要出典]ので、周りの流行りに乗ってタレントデビューしたということが多いのもまた一つの理由である。

問題点[編集]

若い世代の人々が、見る人の笑いを作り出すことのできるように日々ネタや演技を披露しているアプリではあるが残念なことに問題点がある。そこでは既存のネタよりもより面白く、より斬新さが求められるのは明らかであるので、彼らは斬新さについて寝る間を惜しんで考え、一生に一度の学校生活さえも捧げて必死に活動しているが、彼らは人生経験が少ない若しくは中身のない人生を送ってきたのでどういう風にすれば観客はウケるのかの発想力がどうしても乏しいのである。しかしそれでも自分と同世代のライバルに人気が集まっていく様子を見て焦ってしまい、「起死回生のネタを」といって必死に考え抜いた結果、自分が気に入った著作権「ガン無視」で使うことにより何も知らない観客に「TikTokの曲」と洗脳させて、また観客に周囲やあるミュージシャンのファンの目の前で「TikTokの曲だ!」と言わせて色々な人を怒らせる夜のおかずを探し求めている紳士への過度なファンサービス、(法律的にアウトなので)今まで誰もする気がなかった方法・場所での奇想天外なネタを披露する、そしてアポなしで、見知らぬ周りの人を巻き込んでのネタ披露といったふうになり、それは最早日常茶飯事となっている。確かにそれらは色々な意味で大ヒットし、たちまち人気になる。しかしそれはほんの一時的なもの、つまり一発屋の芸人と同じであり、再度同じことをしても大抵は飽きられているのである。また上記の身を張ったネタでも内容によっては全くウケることなく、場合によってはいろいろやらかしている芸人までとはいかないが、前科がつくことになったりする。

関連項目[編集]


この項目「TikTok」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)