UnBooks:枕に草子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第一段[編集]

この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

春はオープン戦。やうやう埋まりゆく塁上、少し明かりて、光だちたる頭の、細くたなびきたる。

夏はナイター。炎上の頃はさらなり。闇もなほ、球の多く飛び違いたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにグローブの中に入るのもをかし。雨など降るもをかし。

秋は日本シリーズ。夕日のさして優勝へと近うなりたるに、鷹の、秋の風物死をするとて、三点四点、二点三点、炎上することすらへ当たり前なり。まいて、龍などが優勝候補につらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、悲鳴の音、喜びの音など、はた言ふべきにあらず。

冬は契約更新。選手の銭闘員化は言ふべきにもあらず、雪のいと白きも、またさらでもいと寒きに、練習などおこして、ファンが色紙を持てわたるも、いとつきづきし。

UnBooks.png この本「枕に草子」は、著者の情報収集能力や執筆能力が低かったこともあり完成されていません加筆して再出版してくれる人を探しています (Portal:スタブ)