UnBooks:良いアンサイクロペディアンの特徴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

アンサイクロペディアンになりたての諸君。なかなか良い記事が書けない、などと思っているのではないだろうか。そこで、面白い記事をたくさん生み出している優秀なアンサイクロペディアンの特徴を分析したので、ここに書き記そうと思う。

多く見られる特徴[編集]

ここでは、優秀なアンサイクロペディアンのほとんどに見られる特徴を挙げる。ここを押さえれば、自分の執筆した記事がどうしようもない記事にされるのは少なくなるだろう。

記事を読む[編集]

これは優秀なアンサイクロペディアンに限ったことだけでなく、一般のアンサイクロペディアンもしていることだが、優秀なアンサイクロペディアンはそれ以上に記事を読んでいる。秀逸な記事のほか、よりぬきアンサイクロペディアなども見てみると良いだろう。誤字などがあったら編集してみるとなおさら良い。

利用者ページを持つ[編集]

優秀なアンサイクロペディアンのほとんどは自分の利用者ページを持っていて、分量も普通の記事並みにある。利用者ページを持つには、基本的なwiki文法のほか、テンプレートなどを貼り付ける知識も必要なので、自分の力試しに作ってみるのも良い。サンドボックスを持っていると尚良い。ただし、利用者ページだけに偏らず、本来の目的を忘れないでほしい。

議論や行事に積極的に参加する [編集]

どうしようもない記事を改稿(これをエクストリーム・NRV剥がさせ、或いはNTRと言う)するだけでなく、削除議論などに積極的に参加してアンサイクロペディアの裏側を知るのも大事である。いわば反面教師であるが、このような議論に限らず、不定期に開催される執筆コンテストなどのコンテスト、年末の流行記事大賞などの投票に参加することで、今まで知らなかった記事を見つけられる。今後の良いお手本となるだろう。

まあまあ見られる特徴[編集]

ここでは、優秀なアンサイクロペディアンの半分くらいに見られる特徴を挙げる。これを押さえれば、優秀なアンサイクロペディアンにもう一歩近づけるであろう。

署名を変える[編集]

署名を変えるのは、議論に参加したりして署名を使うことが多くなったということが多い。シンプルイズベストということで変えない人もいるが、だいたいは時間がない、または変える技術がないということが多いだろう。大事なことなので2回言うが、本来の目的を忘れないでほしい。

ウィキペディアでアカウントを持つ[編集]

2018年11月11日現在管理者でみ庵氏えふ氏(敬称込)など。向こうでもそれなりに編集も行なっている。ユーモアが無いところにいると自分の体内からユーモアが湧いてくるということだろうか。たまにはウィキペディアの方に行ってみるのも良いかもしれない。

関連:利用者:かぼ/利用者のWikipediaでの活動

最後に[編集]

優秀なアンサイクロペディアンと普通のアンサイクロペディアンの差は、やはり編集回数の差にある。編集を重ねるうちにアンサイクロペディアのユーモアを理解できるようになるのである。

ということで、あなたもこの本「良いアンサイクロペディアンの特徴」に加筆して編集回数を増やしましょう! (Portal:スタブ)