UnNews:「共謀罪、一般人への適用はありえない」自民党内から一斉に声が

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


【惨経新聞】現在、日本の政界を騒がしている共謀罪の制定について、野党からは「一般人にも無闇に適用されるのでは」という懸念について、与党自民党からは「そんなことは絶対にありえない」との声が一斉に挙がっている。

治安維持法の再来か[編集]

共謀罪とは組織的な犯罪を防ぐために検討されているもの。現在の法体系では組織犯罪の計画段階で発覚してもそれを防ぐ方法がほぼ存在していないに等しい(実際に動かなければ処罰できない)。また、国際連合で採択された「国際組織犯罪防止条約」が、「重大な犯罪の共謀」を犯罪とするよう締約国に義務づけたため、これに対応する目的もある。

しかし、共謀罪は法律の作り方によっては、昭和初期の治安維持法と同じようなものになる危険性もあり、「様々な自由を侵害する法案だ」「まったく無関係な一般人まで逮捕してしまうのでは」と各方面で批判の声が挙がっている。

自民党は「一般人への適用はない」と断言[編集]

しかし、自民党の国会議員は「共謀罪を一般人に適用することなど、絶対にありえないし、考えられない」との発言が各所で一斉にあがっており、マスコミでも一部採りあげられている。


ただ、オフレコで「一般人とは、日本国を愛し、天皇陛下をはじめとする皇族の方々に最大の尊敬と畏怖の念と忠誠心を持って対し、陛下と日本国のためなら滅私奉公の精神で血みどろになって我が身を粉にして働き、ともすれば弾丸となって単身敵地に飛び込む勇気と愛国心を持っている人のことである。つまり、人権とか平等とか平和とか民主主義とかそんなことばかりほざいてデモ行進しているような輩は一般人ではなく、中国や韓国に密通した非国民であり、既に国家没落を計画している人達であることは間違いなく、共謀罪の適用に当たる。この法案が適用されれば一斉に逮捕すれば良い。何度もいうが、彼らは一般人ではない」と発言しており、今後の波乱が予想される。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ