UnNews:「東京オリンピックのチケット抽選は憲法違反で無効だ」と弁護士団体が提訴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


【朝口珍聞】2019年6月20日東京オリンピックの第1回ともいうべきチケット抽選結果が発表された。その結果を受け、「この抽選は憲法違反であり無効だ」と某弁護士団体が裁判所へ告訴する準備をしていることがわかった。

悲喜こもごもの抽選結果発表[編集]

今回は第1回が抽選、第2回が先着順、第3回が窓口販売という3回に分けられてチケットが販売されることとなっていた。抽選希望者は4月から受け付けており、専用サイトでIDを登録し、希望する競技・日程を選択して応募するしくみとなっていた。抽選応募者は膨大を極めており、最終日は100万人近くがアクセスして大渋滞となった結果、応募締め切りを半日延長するほどであった。

そして結果発表が今日あり、twitter等のSNSでは当落発表の投稿が多数行われていた、当選した人もおり、大量に応募したにもかかわらずすべて落選した人もいた。

「この結果は忖度が働いている!」弁護士の怒り[編集]

この結果をみて、弁護士団体が「この抽選は憲法違反であり、無効だ」と告訴準備に取りかかっているとの情報が入った。

情報筋関係者友人の友人の情報によると、芸能人の当選報告が異常に多すぎる。これはおかしい。抽選は全員平等であるべきなのだが、これはなにかしらの忖度が働いていることは明らかである。間違いなくオリンピック組織委員会アベ政権の意向を受け、有名人に多く当選させ、世間受けをよくしようとしたに決まっている。本来は勤勉な一般市民や子供たちが優先的に当選すべきであり、これは平等を謳った憲法に違反している。抽選はもう一度やり直すべきだ!」と発言しており、これに多くの弁護士が賛同しているらしい、とのこと。

困惑する組織委員会、今後の行方[編集]

組織委員会にこのことを訪ねたところ、「告訴状が届いていないから何も発言できない」と回答しており、どうしていいのかわからないという様子。また、告訴の準備をしているうちに、当選者の入金、2回目の先着順による販売が近づいており、告訴したところで、有効かどうかまったく不明である。


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京オリンピック (2020年)」の項目を執筆しています。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ