UnNews:「水に絶大な健康増進効果」-東大・武田教授ら

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【10日21時18分・売読新聞社】

10日、東応大学(東大)医学部の武田信彦名誉特任准教授らのグループは「には絶大な健康増進効果がある事を突き止めた」と発表した。

武田教授によれば「毎日水を2リットル飲んだグループは、そうでないグループと比較して明らかに健康が増進した」との事である。

武田教授らは、20~30歳の引きこもりニートの男女100名を無作為に選出、そのうち半数にあたる50名のグループには今まで通りの生活を送ってもらい、残る50名のグループには毎日水を2リットル摂取させた。

また後者のグループにはあわせて規則正しい生活と、毎日3回の栄養管理師が管理する食事を与え、さらに一日1時間程度、日光下での有酸素運動をさせた。ゲームネットは禁止しないがあわせて1時間までとし、学校会社に所属しながら通っていない被験者にはそれぞれ復帰させ、さらにマンツーマンで心理カウンセラーを付けた。

この結果、1年後には被験者50名全員の人間ドックの結果が、そうでないグループに比べて劇的に向上した。肥満だった被験者は健康体になり、逆に青白くて細かった被験者は適度に筋肉がついていた。

さらに驚くべきことに被験者にできた子供は、最新のDNA検査法で検査したところ、男女ともに平均余命が80歳以上である事もわかった。これについては武田教授も驚きを隠せなかったようで「期待していたものよりはるかに良い結果が得られた」としている。

なおアウシュビッツ収容所や731部隊などでの研究により「食料は2~3週間摂らなくても死なないが、水を摂らなければ長くても4~5日で死亡する」事がわかっている。

別の調査によれば「100歳以上の高齢者の100%が毎日水を摂取している」との事であり、健康増進効果に加えて寿命を延ばす効果がある事も判明した。

非常に身近で、かつ地域によってはタダ同然で入手できる水の効果は絶大であり、今後世界の研究者に衝撃を与えそうだ。

関連項目[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ