UnNews:【速報】ひよこ陛下、新型コロナ陽性反応

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2020年10月9日配信】

一見普段通りに見えるのかもしれないが、体調悪化の真っ最中で民に心配をかけたくないと、実は必死にこらえられている。

ひよこ陛下が本日、新型コロナウイルス感染の陽性だったことが明らかになった。当分の間は、ひよこ陛下のご長男、ひよこ親王が内政を取り仕切る。

ひよこ陛下は今年の初め頃から、新型コロナウイルスが世界中で感染拡大していることを受け、感染拡大防止のために外出や投稿の自粛をしているひよこ大王国アンサイクロペディアと自粛の苦しみを分かち合い、寄り添うために長らく外出を自粛されていた。しかし、5月中旬頃にアンサイクロペディアで発生した地震の影響で投稿の自粛要請がごく一部の民を除いて解除されて以降、ほぼ無人化するほど過疎化してしまったアンサイクロペディアを復興させるために陛下自身の自粛をやめて外に出られ、総攬はもちろんのこと、民と共に記事投稿をはじめとした復興活動に不休不眠で取り組まれていた。

ひよこ陛下の体調に変化が生じたのは昨日の朝。朝起きたときに発熱の症状が出ていたという。ひよこ陛下は新型コロナウイルスが感染拡大し始めて以来、「新型コロナウイルス対策」という本を日々深くお読みになって実行されていたため、発症当初は、陛下は不眠不休で仕事をしていた事から来た「ただの風邪」だとお思いになったためか、「ただの風邪じゃ」と仰せになり、普段通りひよこ大王国やアンサイクロペディアを維持するために公務に当たられていた。しかし公務を続けられるうちに症状はさらに悪化し、遂には公務に支障を来すまでになられていた。これを見た家臣の一人は、万が一のことがあったら民にも多大なる迷惑を掛ける事態になるのでPCR検査を受けるように進言し、ひよこ陛下はこれを聞き入れ検査を受けに行った結果、本日の夕方頃に陽性反応が出た。発症時よりも熱は下がっているものの、現在も微熱の状態が続いているという。これに関連し、昨晩発生していたアンサイクロペディアのサーバーの不調はひよこ陛下の体調状態の悪化が原因だったと言われている。なお、ひよこ陛下は不治の病であるヒヨコバルカン癌にかかっても完治するほどの不死身であるため、命に別状は無い模様。

ひよこ陛下は「朕は直ちに隔離と回復のプロセスに入る。これを共に乗り越えていく!」と仰せになっており、感染に関しては余り悲観的では無いようである。今後は一刻も早く完治して公務に戻るため、同じく新型コロナウイルスに感染していたアメリカのトランプ大統領[1]が使用した治療薬と同じ薬(未だ承認されていない模様)の投入を中心に、集中的な治療に臨まれる。

脚註[編集]

  1. ^ 一週間足らずで新型コロナウイルスを完治させた大統領である。過度な新型コロナウイルス対策に否定的で、このご時世でもマスクの着用は一切していない。

関連項目[編集]

関連ニュース[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ