UnNews:アメリカ大統領トランプで決定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
髪を再び偉大にしたいジジイ
大統領に決まった時のババア(イメージ図)
不動産王トランプ候補が保有するトランプタワー

【2016年11月10日(木)配信】

今回のアメリカ大統領ババ抜きで決まる事が確実となった。現地メディアが一斉に速報で報じた。

過激な発言で注目を集めた共和党トランプ候補(70)と私用メール問題などで揺れる民主党クリントン候補(69)と、どちらも有権者の支持率が低い「嫌われ者」同士のアメリカ大統領選。民主党クリントン候補はジジ抜きを主張し主要メディアもジジ抜きが優勢と伝えられたが、開票が進むとババ抜きとジジ抜きの人気が互角であることが判明。徐々にトランプ候補の優勢が伝えられ、日本時間昨日17時にババ抜きでアメリカ大統領を決めることが確実となった。

今回のトランプ候補の勝因としては「ババ抜き」はジジ抜きと比べ外れが分かりやすいことが、アメリカの有権者、特に現状のジジ抜き人気に不満を持つ、白人・中高齢者・大卒未満の層に好まれたとトランプ専門家は分析している。

トランプ候補は来年1月20日の就任式を、70歳と220日で迎えるためこれまでで最も高齢の大統領になる。

なお、トランプ候補とクリントン候補のババ抜きはワシントンDCで現地時間土曜日夜18時から全世界生中継される。ババをひいた方が負け。

各界のコメント[編集]

オバマ大統領

「ババ抜きのバはバラク・オバマのバ」

▽とあるアメリカの有権者

「どっちもババ」

▽某都議会議員

「次回の東京都知事はババ抜きで」

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ