UnNews:テドロス事務局長の日本評価発言を受け混乱広がる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【5月26日23時配信】

日本で新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除されたことを受け、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5月25日、「日本でも成功例を見ることができた」と評価した。この発言を受け、日本国民のあいだでは不安と緊張が高まっている。

新型コロナウイルス感染症対策を巡って、テドロス事務局長は、情報隠ぺいにより世界で感染拡大を招いた中国の対応を繰り返し称賛したり、世界的流行の兆しが明らかになる中で頑なにパンデミックとの言及を避けたりしてきた。さらにこうした批判に対しても、「WHOは当初から繰り返し警告してきた」と白々しい嘘をつき続けている。

こうした中、同事務局長が日本を評価する声明を出すと、「WHOに評価されるほど日本の対応はお粗末だったということか」、「テドロスが評価するということは第二波の到来も近い」といったコメントがSNS上で拡散。マスク消毒液を買いに走る人が続出する騒ぎとなった。

一方、アメリカトランプ大統領は、自身のTwitterに「日本エチオピアにいくら寄付したのか」とツイート。さらに「狡猾な中国の真似ごとをして、信用の無いWHOにゴマすりしたのだとしたら残念と言うほかない」とコメントした。

こうした混乱を受けて、日本政府は国連大使を通じてテドロス事務局長に対し、日本をこれ以上称賛するコメントは出さないように要請した。これに対し事務局長は、日本政府に対し非公式に、エチオピアへの援助または投資を拡大すればこれ以上称賛しないと回答した模様だ。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

関連記事[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ