UnNews:ハロウィンの渋谷で火葬大会開催

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【東京日報 2018年10月31日 配信】

10月31日。今年もバカ者の街・渋谷ハロウィンがやってきた。サッカーワールドカップなど今年も様々なことでバカ騒ぎが起きてきた渋谷の、年内最後の大イベントということもあり4万人が集うなどの大騒ぎ。

そんな盛り上がりを見せる渋谷だったが、午後6時過ぎに109近くのビルで火災が発生。かくして第一回渋谷火葬大会の幕が上がったが、負傷者はおらず、建物の被害も軽微なものだった。管理人A氏は「ナウいヤングたちが『カソウ』で盛り上がっていると聞いたのでビルごと『火葬』することでウケを狙った」とコメントし、火葬と仮装を取り違えたと釈明した。警視庁は「今回は0人だったが、仮装した結果火葬する若者が出てくることは十分に考えられる」とし、DJポリスを各所に配置している。

火災発生後も、時間が更けていくにつれて続々と渋谷に人が増え、安倍晋三首相のようなものと、アメリカドナルド・トランプ大統領のようなものの姿があったほか、「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ☆」と韓国・文在寅大統領のようなものの存在も確認された。

若者たちは平成最後の10月31日を、仮装新たな出会い過去との決別など、思い思いに楽しく過ごしたようだ。この日、渋谷に収穫を祝うものの姿や、子供の姿は確認されなかった。

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ