UnNews:プレミアムフライデーから一日、影響じわり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017/2/25配信】

昨日2017年2月24日は、政府主導の労働改革案「プレミアムフライデー」の初動日となった。プレミアムフライデーとは、給料支給日を超えやすい月末の金曜日に終業時刻を繰り上げ消費を喚起するという自民党政策「働き方改革」の一手である。

花の金曜日という事もあってまだ日のあるうちから街に出る会社役員も多く、その消費動向には政府も期待感を示した。またごく少数だが完全週休二日制の企業では「2.5連休」という言葉も使われ、日ごろ社員管理に追われる管理職にとっては貴重な休みとなった。

なお、経団連は週明け月曜日の終業時刻を一律二時間遅くする提言を出し生産効率の低下を防ぐ考え。これに対して現場では「残業が出来なければ月収が10万を切る。就労時間を確保してくれる方がいい」と肯定的な見方を示している。

また生産系中小企業からは「フル人数で回しても、定時では出荷の八割程度しか生産出来ない。終業時刻調整くらいならまだしも残業禁止になったりしたら、会社を潰すしかない」と今後の労働改革案への不安も飛び出している。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ