UnNews:偽ひよこ陛下のその後

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
チッ、バレたか。

【2020年5月23日 アンサイクロペディア日報】

2010年1月22日、ひよこ陛下を騙った利用者に対してひよこ大王国太政官・マットレー氏が直々の強制捜査に乗り出し、午後8時過ぎに不敬罪の現行犯で検挙した。

ひよこ陛下はひよこ大王国の臣民の前には利用者として姿を現すことはないのだが、臣民たる利用者がひよこ陛下の登場を予測して準備をしていたところに偽物116が現れた。116は2009年11月21日よりひよこ陛下を詐称して陛下になり代わってアンサイクロペディア政権の乗っ取りを画策しており、アンサイクロペディア元老院およびアンサイクロペディア最高裁判所はこの一見を重大な行為として受け止め、出生地や居住地を偽装し悪事をたやすくする用途で使われる禁制品を使用していたことを名目に116被告無期禁固の判決を下した。

その後、何らかの経緯で囚人番号116が消え、116の戸籍も出生記録も消滅したのだが、116の行動履歴と本名の変更記録に伴う記録、判決の執行、判決の主文読み上げ記録、無期禁固のステッカーのみが残された。
今月の一連の変革の中で多くの被疑者に対する刑の執行の無効化・停止が行われ、116も刑の執行開始記録を残して釈放された。

関連項目[編集]

  • ひよこ陛下 - こちらこそが本物のひよこ陛下にあらせられます。
  • 利用者:User116 - ひよこ陛下を騙り、権力をにおわせた張本人は、「囚人番号に変更」によりこうなってしまった。ちなみに、敬虔な臣民が準備していた痕跡も名称変更の煽りを受けて事実上消失してしまった。
  • 利用者:User112 - 過去にこいつもひよこ陛下を騙り、無知であると語り、自らの趣味を押し通し、そして同じ末路を辿ったのだが、116とは違い出生記録は残っているものの刑の執行開始記録が消滅してしまった上に、正式な判決文が残っていない。無知であるがゆえに温情で釈放されたものとみられる。ちなみにこの人物は出生地情報を偽装して自らを別人に似せて脱獄を繰り返した過去があると言われている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ