UnNews:夏のボーナス商戦、2Dテレビに注目

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2010年に行ったエコポイントから7年が経過し、テレビの買い替え需要が増しているこの夏のボーナス商戦、注目されているのが2Dテレビだ。

「2Dテレビというのは3Dとは違い立体に対応しないテレビのことです。3Dより価格が安いというのが売れている要素ですね。売れ行き商品として4KHDRという3Dに関係しない機能が付いているのが挙げられます」(業界関係者)

2010年、アバターの記録的なヒットによって誕生した3Dテレビ。しかし、2013年に衰退することになる。

「2013年から海猿東映スーパーヒーローフェアが2Dに切り替えた以降、急速に売れ行きが上がってます。昨年、3D機能のないニンテンドー2DSが一躍ヒットしたのも要因ですね」(同上)

今後の2Dの発展に期待できそうだ。

Winding tower of Shime.jpg
3Dテレビは、かつて“ボーナス時に購入すべき商品”と呼ばれており、誰もが先を争って購入していたホットな商品でした。
しかし、今はどうでしょう。3Dテレビが最後に発売されたのは、もう6ヶ月も前のことです。みんな、3Dテレビのことも、この3Dテレビで放送された番組のことも、忘れてしまったのです
どうか、せめて54.198.165.74さんだけでも、3Dテレビのことをいつまでも憶えていて下さいますように。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ