UnNews:就職難の韓国人、大挙して日本での就職を望む

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【ウリジナル新聞社説】 1943年(昭和18年)11月8日(再掲)

大東亜戦争の戦局激化に伴い、日本本土では昭和13年に国家総動員法が施行され、内地の人々が企業などに勤労動員されている。

また、国民徴用令に基づき、内地では昭和14年より、多くの国民が我が帝国の勝利のため、勤労に励んでいる。

我々半島人は内地から遅れて民間企業による募集が行われ、昨年1月、漸く官による斡旋が始まったことは周知のことであらふ。

このような差別を撤廃させ、我々半島人も天皇陛下の臣民としてそん色ない勤勉さを有している事を内地人に理解してもらう為、積極的に勤労に参加し、帝国の為に働かうではないか。

現在、残念ながら半島内には魅力的な働き口が不足しており、多くの若者が条件の良い内地に大挙して渡っていると言ふ。

その状態自体は誉められるべきではないものの、有望な若者たちが帝国の為精勤し、御国之御恩に報いようとする事は同じ半島人として誇らしひ。

戦局の激化で半島に徴用令が近く施行されるとの話もあるが、忠実なる臣民として、国に命じられる前に自主的に勤労に励む、そんな若者がもっと増えてくれることを半島人として願って止まない。

※ 昨今の韓日情勢に資する過去の記事を再掲いたします。
※ 旧仮名遣いで書かれた記事をGoogle翻訳しておりますが、一部精度の低い箇所が見られます。ご容赦ください。

釜山で日本企業の就職博覧会。韓国各地から人材が殺到

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ